小平奈緒の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

小平奈緒(こだいら なお)

 

 

1986526日生

身長165㎝ 体重61

 

長野県出身のスケート選手

相澤病院所属

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人姉妹の末っ子。

 

3歳でスケートをはじめて、2001年の全日本ジュニアで史上初の中学生王者に輝く。

 

2006年に全日本スピードスケート距離別選手権で初優勝(1000m)

 

2008年の同大会では1500mで優勝を飾る。

 

2010年のバンクーバーオリンピックでは、1000mと1500mで5位に入賞。

 

女子団体パシュートでは、日本女子スピードスケート史上初となる銀メダルを獲得。

 

ƒ 

2014年のソチオリンピックでは、500mで5位入賞。

 

 

同年11月にワールドカップ初優勝(500m)

 

2014/15年のワールドカップ500mで総合優勝の快挙を遂げる。

 

201712月までワールドカップ500mで15連勝。

 

 

同月に1000mで世界新記録を樹立。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:長野県 伊那西高校 偏差値36(かなり容易)

 

小平奈緒さんの出身校は、私立の女子校の伊那西高校です。

 

同校は部活動が盛んで、新体操部やスケート部が強豪として知られています。

 

茅野市立北部中学校から同校に進学しています。

 

小平さんは中学生の時に頭角を現し、中学2年生の時に高校生を破って全日本ジュニアを制覇。

 

高校でも進化を遂げて、インターハイでは500mと1000mで優勝し、全日本ジュニアでも優勝するなど、当時はほとんど無敵の状態でした。

 

そのため「日本女子スピードスケートの星」とも呼ばれていました。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:信州大学 教育学部生涯スポーツ課程 偏差値51(普通)

 

小平奈緒さんは高校卒業後は、国立の信州大学に進学しています。

 

スピードスケートの有力選手はほとんどが実業団に進む中、長野オリンピック金メダリストの清水宏保選手を育てた結城匡啓監督の指導を受けるために同大に進学しています。

 

同大への入学は一般受験ではなく、スポーツ推薦のようです。

 

大学時代も国内大会などで活躍して、卒業後の23歳で出場したバンクーバーオリンピックでは、女子団体パシュートで銀メダルを獲得する快挙を成し遂げています。

 

現在では年齢も30歳を超えていますが、このところの小平選手の進化には目覚ましいものがあります。

 

特に500mではワールドカップでも敵なしですので、平昌オリンピックでも金メダルの期待がかかります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ