大森南朋の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

大森南朋(おおもり なお)

 

 

1972219日生

身長178

 

東京都出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

父親は舞踏家、俳優の麿赤児、兄は映画監督の大森立嗣。

 

1993年の映画「トウキョウゲーム」で俳優デビュー。

 

1996年の「世にも奇妙な物語」でドラマ初出演。

 

1998年の「春のめざめ」で舞台初出演。

 

2001年の「殺し屋1」で映画初主演。

 

 

2007年の初の連続ドラマ主演作「ハゲタカ」で注目される。

 

 

以降は「龍馬伝」や「S-最後の警官-」、「コウノドリシリーズ」などの

話題作の連続ドラマに出演。

 

 

「笑う警官」や「スイートリトルライズ」、「R100」などの映画にも主演。

 

私生活では2012年に17歳年下の女優の小野ゆり子と結婚した。

 

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:不明

 

大森南朋さんの出身校は不明です。

 

既に40歳を超えており知名度も高い人物ですが、未だに謎が多くて

出身高校も不明です。

 

高校1年生の時にギターを買うと、その後はバンドに熱中しており、

将来はミュージシャンを志していました。

 

その反面、読書好きとしても知られており、学生時代はかなり多くの本を

読んだとのこと。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:明治大学 文学部 偏差値6063(学科不明のため)

 

大森南朋さんは高校卒業後は、明治大学に進学しています。

 

大学在学中もバンド活動は継続しておこなっています。

 

また父親の麿赤児さんのマネージャーから俳優になることを誘われて、

バンド活動の傍らでオーディションにも行っていました。

 

そして21歳の時に俳優デビューを飾りますが、当初は役名すらない

端役が多く、下積み生活も長く続きます。

 

29歳の時に俳優としての仕事が増えて来たことからバンドを解散して、

役者に専念しています。

 

その後も下積み生活は続きますが、30代半ばでブレイクを果たすと、

以降は多くの人気の連続ドラマや映画に起用されるようになります。

 

高い演技力を武器に主役、脇役ともにこなすことができ、

多くの作品を盛り上げています。

 

芸能一家に育っていますが典型的な晩成型で、かなりの苦労を重ねている

だけに、今後もいっそうの活躍を期待します。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ