市來玲奈アナの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

市來玲奈(いちき れな)

 

 

1996122日生

身長154

血液型はA型

 

千葉県出身の女優、ダンサー、アナウンサー

乃木坂46の元メンバー

 

下では市來玲奈さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 
20118月に乃木坂46の第1期生のオーディションに合格して、メンバー入り。 

20147月に学業優先を理由として乃木坂46を卒業。 

2015年の映画「サンタクロースズ」で女優デビュー。 

2017年の「さざ波ラプソディー」で映画初主演。 

競技ダンスを得意としており、バラエティー番組「金スマ」内の金スマ社交ダンス部にも出演。 

2018年4月に、日本テレビにアナウンサーとして入社した

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:早稲田大学 文学部 偏差値68(難関)

 

 

市來玲奈さんは高校卒業後は、系列の早稲田大学に進学しています。

 

後述するように市來さんは早稲田大学の系列の高校に通学していたので、一般受験ではなく内部進学での大学進学です。

 

文学部に進学したのはお母さんもこの大学の文学部(当時は第一文学部)に在籍していたからでした。

 

大学時代は映画を専攻しており、卒論のテーマも「ディズニーアニメーションについて」でした。

 

大学入学後もアイドルと学業の両立を掲げていましたが、大学1年生の7月をもってグループを卒業しています。

 

その際には大学の勉強は思ったほど甘くなかったと語っています。

 

しかし大学1年生の時に乃木坂46が早稲田祭に出演した際にはサプライズ出演して、得意のダンスを披露しています。

 

 

また大学時代は主に女優として活動しており、大学2年生の10月に「サンタクロースズ」で映画に初出演しています。

 

 

大学4年生の1月には「さざ波ラプソディー」で映画にはじめて主演しています。

 

 

さらに大学2年生から「金スマ」の競技ダンス部にダンサーとして出演し、山本匠晃アナウンサーとペアを組んで競技会などにも出場しています。

 

 

その後は将来の目標をアナウンサーに変更し、見事に日本テレビにアナウンサーとして入社しました。

 

市來さんは内定を受けた際にはインタビューで、次のように述べています。

 

「小学生からの夢だったので、家族が喜んでくれました。大学をまずきちんと卒業するということが、自分の学生生活におけるケジメでもあると思うので、卒論を提出して、しっかりはかまを着て、卒業式に出たいなと思っています」

 

ちなみに小学校の文集に「将来の夢はアナウンサー」と書いており、子供の頃から憧れていました。

 

(大学の卒業式)

 

アナウンサーとして日本テレビに入社後は、1年目からいきなり人気番組「行列のできる法律相談所」に徳島えりかさんの後任として起用されました。

 

 

このあたりには局側の高い期待が窺えますし、今後も出演番組が増えていきそうで楽しみですね。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:早稲田大学本庄高等学院 偏差値75(超難関)

 

 

市來玲奈さんの出身校は、私立の共学校の早大本庄高等学院です。

 

同校は早稲田大学の直属の附属校で、埼玉県内でも屈指の進学校として知られています。

 

また中高一貫校ではなく、入学は一般受験のみなので、市來さんも相当の学力を有していたことがわかります。

 

高校入学後も競技ダンスを続け、国際大会の「スーパージャパンカップ」などにも出場しています。

 

高校1年生の8月に乃木坂46のオーディションに合格して、アイドルとしても活動。

 

 

ちなみに乃木坂46の元メンバーの生駒里奈さんとはオーディションの時から仲が良く、お互いにグループを卒業した後も親交があるとのこと。

 

オーディションは母親の勧めで受けており、当時の市來さんはアイドル志望ではなく、ダンサー志望でした。

 

またオーディションを受けた頃は歌がかなり下手だったので、秋元康さんに歌うのを途中で止められたことから「落ちた」と思いましたが、それでも合格したエピソードをインタビューで話しています。

 

「実はオーディションの時に秋元(康)さんに止められました。歌が下手すぎて。オーディション中にサビ行く前に『大丈夫です』ってなって終わったので、本当に落ちたと思いました」

 

合格したのはダンスが相当上手かったからでしょう。

 

ちなみに市來さんがアナウンサーになった後ですが、テレビドラマ「3年A組」のコラボ企画として笹崎里奈アナや滝菜月アナらとダンスを披露している映像がありましたのでご紹介します。

 

 

やはりダンス経験者らしくいい動きをしていますね。

 

また同じくオーディションの際に市來さんが進学校に通っていることを知った秋元さんは、「学業との両立は本当に大変だが、やっていけるか?」と聞いたところ、「はい」と即答しています。

 

以降は乃木坂46のメンバーとして活動を開始していますが、このような進学校に在籍しながらも高校時代は学業と仕事を両立させています。

 

またグループは市來さんが高校1年生の2月に「ぐるぐるカーテン」でメジャーデビューを飾っていますが、いきなり選抜メンバーに起用されています。

 

 

かなり多忙な高校時代でしたが、新幹線での移動時間や楽屋での空き時間なども勉強に充てて、優秀な成績で同校を卒業しています。

 

 

加えて市來さんは高校3年生の時に早稲田大学に合格した際には、「クイズ番組で活躍したいし、お天気キャスターにも挑戦したい。(将来は)アナウンサーか女優になるのが目標です」とインタビューで話しています。

 

【主な卒業生】

仲俣汐里(元AKB48

アンゴラ村長(にゃんこスター)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:船橋市立海神中学校 偏差値なし

 

 

市來玲奈さんの出身中学校は、地元船橋市の公立校の海神(かいじん)中学校です。

 

後述するように小学校時代に競技ダンスをはじめた市來さんですが、中学時代にはダンサーとして大きな成長を遂げています。

 

中学1年生の6月には「東部日本ダンス選手権大会」のジュニアのラテンアメリカ部門で1位になっています。

 

また翌年の3月には「全日本選抜ダンス選手権」のジュニア・ラテン部門で2位になっており、中学2年生の時には日本ダンススポーツ連盟の強化選手のリスト入りも果たしています。

 

そして中学2年生の終わりには国際大会の「スーパージャパンカップ」にも出場しています。

 

中学校時代も成績優秀だった市來さんですが、中学校3年生の頃のインタビューでは次のように語っています。

 

「東大や早稲田、慶應とダンスの強い大学は学力も必要。大学進学を見越して高校受験を頑張ります」

 

既にこのころから将来的には難関大学に進学する意思があったようです。

 

(中学時代)

 

【主な卒業生】

ワッキー(ペナルティ)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:不明

 

市來玲奈さんの出身小学校は不明です。

 

ただし、出身中学校の校区からすれば、次の3校のいずれかの可能性が高いはずです。

 

船橋市立海神小学校

船橋市立西海小学校

船橋市立海神南小学校

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)

 

ただし市來さんは実家や親のことを語ることがあまりないので、父親の職業などは不明です。

 

子供の頃は非常に内気な性格で、人前に出ることは苦手にしていました。

 

小学生時代はクラシックバレエやヒップホップ、塾などの習い事をしています。

 

小学校5年生の時に通っていた学習塾と同じビルにダンス教室が入っており、体験入学の際に適正を見いだされて、小学校6年生の頃から競技ダンスをはじめています。

 

以上が市來玲奈さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

ここまでダンサーからアイドルから女優、そしてアナウンサーと華麗なる転身をしてきました。

 

 

前記のように常に学業との両立を果たしており、かなりの努力家であることがわかります。

 

20184月から日テレのアナウンサーとなりますが、その新境地にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ