山本太郎の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

 山本太郎(やまもと たろう)

 

 

19741124日生

身長175

 

兵庫県出身の政治家、元俳優

自由党所属

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で姉と妹がいる。

 

16歳だった1990年に、「天才!たけしの元気が出るテレビ」

内の企画「ダンス甲子園」の出場を機に芸能界入り。

 

1991年の映画「代打教師秋葉、真剣です!」で俳優デビュー。

 

1992年の「しあわせの決断」でテレビドラマ初出演。

 

2000年に主役級として出演した映画「バトルロワイアル」で

注目される。

 

 

以降も「夜を賭けて」や「完全なる飼育」などの映画で主演。

 

 

2007年の「探偵学園Q」でドラマ初主演。

 

2011年から反原発活動を開始して、所属事務所を退社。

 

2012年の衆議院議員選挙に無所属で出馬して落選。

 

2013年の参議院議員選挙に無所属で出馬して初当選。

 

 

201412月に生活の党に入党し、党名も

「生活の党と山本太郎となかまたち」に改名。

 

2016年にはさらに党名を自由党に変更した。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身校:大阪府 箕面自由学園高校(中退) 偏差値48(やや容易)

 

山本太郎さんの出身校は、私立の共学校の箕面自由学園高校です。

 

同校は部活動が盛んで、チアリーディング部は全国的な強豪として

知られています。

 

山本さんは宝塚市立中山桜台小学校から中学受験で

箕面自由学園中学校(偏差値47)に進学して、

内部進学で同校に進んでいます。

 

中学時代はテニス部、高校時代は剣道部に所属するなど、

スポーツは得意なようです。

 

しかし高校1年生の時の「ダンス甲子園」の出演をきっかけに

芸能界入りしたので、高校は中退してしまっています。

 

 

その後は俳優として多くの作品に出演して、26歳の時に出演した

映画「バトルロワイアル」で注目を集めます。

 

その後は映画やドラマの主演作が製作されるほどでしたが、

37歳の時に反原発活動などの政治活動をおこなうために俳優を引退し、

2度目の国政選挙への出馬で念願の国会議員になっています。

 

国会議員としては園遊会での書簡の手渡しや喪服や焼香の

パフォーマンスなど、何かと物議を醸しています。

 

話題になりやすい人物なので、今後の動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ