宇野昌磨の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

宇野昌磨(うの しょうま)

 

 

19971217日生

身長159㎝ 体重54kg

 

愛知県出身のフィギュアスケート選手

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の兄で4歳年下の弟がいる。

 

5歳の時に浅田真央に声を掛けられたことがきっかけで

フィギュアスケートをはじめる。

 

 

2009年に全日本ジュニア選手権に初出場し3位を記録。

 

2014年に世界ジュニア選手権で5位となり、シニアクラスの

ガルデナスプリング杯で初優勝。

 

2015年に世界ジュニア選手権で初優勝。

 

 

201516年のシーズンにシニア入りし、グランプリファイナルで

銅メダルを獲得。

 

グランプリファイナルでは史上初の4回転フリップの成功者として、

国際スケート連盟に認定された。

 

2017年の世界選手権で初の表彰台となる銀メダルを獲得。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:愛知県 中京大学附属中京高校 偏差値62(やや難関)

 

宇野昌磨さんの出身校は、私立の共学校の中京大中京高校です。

 

同校のスケート部は名門として知られ、浅田真央さんや安藤美姫さん、

村上佳菜子さんや小塚崇彦さんらを輩出しています。

 

宇野さんは名古屋市立富士中学校から同校に進学していますが、

スポーツ推薦での入学です。

 

高校ではスケート部に所属して1年生の頃から世界を転戦しており、

スケート漬けの3年間でした。

 

何日もスケートから遠ざかることができないため、修学旅行や文化祭には

参加できませんでしたが、硬式野球部が甲子園に出場した際には

応援に参加しています。

 

とは言え高校2年生の時に世界ジュニア選手権で優勝し、

高校3年生で出場したGPファイナルで3位になるなど、

大きく飛躍した高校時代でした。

 

 

学歴~出身大学

 

出身大学:中京大学 スポーツ科学部 偏差値50(普通)

 

宇野昌磨さんは高校卒業後は、系列の中京大学に内部進学します。

 

大学進学後もパーソナルベストを更新するなど、

選手としても順調に進化し続けています。

 

現在では絶対王者の羽生結弦選手の二番手の位置づけですが、

かなりの勢いで羽生選手に迫っています。

 

オリンピックでも有力なメダル候補となるでしょうし、

将来の日本男子フィギュアスケート界を背負う存在になるはず。

 

今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ