稲川淳二の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|不良だった

 

怪談で知られるタレントの稲川淳二さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は稲川さんは意外にも学生時代は不良でした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

稲川淳二(いながわ じゅんじ)

 

 

1947年8月21日生

身長167㎝

血液型はAB型

 

東京都渋谷区出身のタレント

本名は稲川良彦(いながわ よしひこ)

 

以下では稲川淳二さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

稲川淳二の学歴~出身高校・大学の詳細・不良だった

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 多摩工業高校 偏差値40(現在・容易)

 

 

 

稲川淳二さんの出身高校は、都立の共学校の多摩工業高校です。

 

この高校は1962年開校の都立の工業高校です。

 

稲川さんはこの高校に開校の翌年の1963年に2期生として入学しています。

 

高校ではデザインなどを学んでいます。

 

いじられキャラのイメージもある稲川さんですが、意外にも高校時代は不良でした。

 

週刊現代によれば、稲川さんの高校時代は次のように報じられています。

 

「稲川さんは工業高校時代はバリバリの不良だったそうです。相手が大人のチンピラだろうが、喧嘩をしていた。幼なじみの安岡力也をして、『アイツはキレたらヤバい』と言わしめたほどです」

 

ちなみに幼馴染の安岡さんは2012年に亡くなっていますが元キックボクサーで芸能界の暴れん坊として知られ、学生時代から不良で数々の伝説を残した人物です。

 

そんな安岡さんから一目置かれていた稲川さんは当時はかなりの不良だったようです。

 

ちなみに安岡さんとは1993年にVシネマの「俺たちは天使(カタギ)じゃない」で共演しています。

 

 

ただし稲川さんの高校時代のエピソードや情報などは、他にはほとんど見当たりませんでした。

 

そして稲川淳二さんは高校卒業後は、専門学校の桑沢デザイン研究所インダストリアル科(偏差値なし)に進学しています。

 

 

 

この専門学校は1954年開校の老舗の専門学校で、数々のグラフィックデザイナーやインテリアデザイナーなどを輩出していることで知られています。

 

稲川さんは人柄の良さは芸能界一と言われるほどですが、専門学校時代からサービス精神と場を盛り上げるユーモアを持ち合わせていたので「コンパ屋」の異名をとっています。

 

稲川さんはこの専門学校を卒業後はデザイン会社に就職して、工業デザイナーとして活動していました。

 

当時はまったく芸能界に興味はありませんでしたが、デザイナー時代は多数の舞台美術を担当していました。

 

すると「話が面白い」という理由で、舞台の合間の小話を担当するとそれが好評になります。

 

そして28歳だった1976年4月から、ラジオ番組「オールナイトニッポン」のパーソナリティに起用されます。

 

 

その頃にはデザイナーをやめて舞台俳優としても活動を開始しています。

 

また1981年から「オレたちひょうきん族」に出演すると、タレントとして注目されています。

 

 

以降は「夕やけニャンニャン」や「世界まるごとHOWマッチ」、「風雲!たけし城」などのテレビ番組に出演して軽妙なトークで人気タレントになっています。

 

 

さらに1986年に深夜番組の「オールナイトフジ」で怪談を披露したところ大きな反響となり、以降は怪談のカセットテープがベストセラーになるなど怪談の語り手としても注目を集めています。

 

 

その後もタレントや俳優に怪談ライブなどで、マルチな活動を展開しています。

 

スポンサードリンク

 

稲川淳二の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 渋谷区立鉢山中学校 偏差値なし

 

 

 

稲川淳二さんが入学したのは、地元である東京都渋谷区内の公立校の鉢山中学校です。

 

後述するように安岡力也さんとは幼馴染でしたが中学校が別々になったことで、以降は疎遠になっています。

 

また中学3年生の時に国立市に引っ越したので、国立市内の中学校を卒業しています。

 

【鉢山中学校の主な卒業生】

仲本工事(ドリフターズ)

 

稲川淳二の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:東京都 渋谷区立長谷戸小学校

 

 

 

稲川淳二さんの出身小学校は、渋谷区内の公立校の長谷戸(ながやと)小学校です。

 

家族構成は両親と姉、兄、弟の6人家族です(4人きょうだいの次男)。

 

父親は日本通運に勤務していました。

 

また子供の頃に母親がよく怪談話をしてくれており、それがきっかけで怪談に興味を持っています。

 

そのため小学校時代からクラスメイトの前で怪談話を披露しています。

 

稲川さんは子供の頃からガキ大将で10人ほどの弟分を抱えていたこともありましたが、小学校時代に安岡力也さんにボコボコにされたことから安岡さんの弟分になっています。

 

インタビューでは当時の関係を「ドラえもんのジャイアンとのび太のような関係だった」と振り返っています。

 

加えて絵を描くのが得意で、数々のコンクールで入賞しています。

 

そのため当時の稲川さんの夢は画家になることでした。

 

その反面、スポーツと勉強は苦手でした。

 

以上が稲川淳二さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

タレントとしてはかなりの人気を誇っており、数々のテレビ番組に出演しています。

 

 

また代名詞である怪談のライブも好評で、現在に至るまで30年近く開催されています。

 

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ