ブラザートムの学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃の画像

 

「バブルガム・ブラザーズ」のメンバーで俳優やタレントとしても活動しているブラザー・トムさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実はブラザー・トムさんは高校時代は生徒会長を務めたほどでした。学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします

 

ブラザー・トム

 

 

1956年2月23日生

身長188㎝

血液型はA型

 

ハワイ出身のミュージシャン、タレント

「バブルガム・ブラザーズ」のメンバー

本名は小柳富(こやなぎ とむ)

 

以下ではブラザー・トムさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

ブラザー・トムの学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:埼玉県 熊谷工業高校 建築科 偏差値44(容易)

 

 

 

ブラザー・トムさんの出身高校は、県立の共学校の熊谷工業高校です。

 

この高校は1966年開校で、スポーツが盛んで特にラグビー部は強豪として知られています。

 

ブラザー・トムさんは建築科に在籍しています。

 

また高校ではブラスバンド部に在籍して、トランペットを担当していました。

 

高校時代はフォークバンド「モラン」を結成しており、文化祭のステージなどでも演奏を披露しています。

 

バンドを結成した経緯については、インタビューで次のように話しています。

 

「吉田拓郎さんに憧れて、友人と二人で「モラン」というフォークバンドを結成。モランは『ムーミン』に出てくる冬の妖精で、話し掛けると全てが凍る孤独な冷たい魔物。でも、たき火など人が集まるところに近づきたがる。そのキャラクターに共感するものがあって付けた名前ですが、音楽よりも笑いが多いバンドでした」

 

ちなみに当時の熊谷市には同世代でデビュー前の「スターダストレビュー」がおり音楽的な評価は高かったのですが、「モラン」のほうが笑いをとっていたそうです。

 

加えてブラザー・トムさんは当時から校内で人気者だったことから、高校時代は生徒会長も務めています。

 

また高校時代は新聞配達のアルバイトにも励んでいました。

 

【主な卒業生】

堀越正巳(元ラグビー部日本代表)

寺田正美(スターダストレビュー)

 

そしてブラザー・トムさんは高校卒業後は大学などに進学せずに、大成建設に就職しています。

 

当時は音楽をやるのは高校までと考えていたことから、音楽活動はいったんやめています。

 

ところが根っからの音楽好きだったことから自問自答がはじまってしまい、会社は半年で退職して楽器屋に再就職しています。

 

その際にはピアノの調律師の資格も取得して、バンド活動も再開しています。

 

ちなみにピアノ調律師としては、レイ・チャールズさんのピアノを調律したことがありました。

 

そして24歳だった1980年にバンドの宣伝のために「お笑いスター誕生」に出場したところ、「お巡りさんコント」で10週勝ち抜いて5人目のグランプリとなっています。

 

 

ちなみに当初はこの番組にはバンド仲間と出演する予定でしたが、相方が拒否して単独で出場しています。

 

またこの番組のグランプリ獲得者は「B&B」や「おぼんこぼん」で、「とんねるず」は翌年にグランプリを獲得しています。

 

 

ブラザー・トムさんは以降はコメディアンとして活動を開始しますが、1983年にコミック歌手だった近藤伸明さん(ブラザー・コーン)さんと音楽デュオの「バブルガム・ブラザーズ」を結成しています。

 

すると1991年には「WON‘T BE LONG」が大ヒットして、NHK紅白歌合戦にも出場しています。

 

 

なおブラザー・トムさんは49歳だった2005年に駒澤短期大学仏教科二部(夜間部)に入学して、卒業もしています(この短大は2009年に廃止)。

 

スポンサードリンク

 

ブラザー・トムの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:埼玉県 熊谷市立玉井中学校 偏差値なし

 

 

 

ブラザー・トムさんの出身中学校は、熊谷市内の公立校の玉井中学校です。

 

中学時代もブラスバンド部に在籍しており、トランペットを吹いていました。

 

中学・高校時代には学生運動に憧れていますが、実際には参加していません。

 

ただし中学時代のエピソードや情報はほとんど見当たりませんでした。

 

ブラザー・トムの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:埼玉県 熊谷市立玉井小学校

 

 

 

ブラザー・トムさんの出身小学校は、熊谷市内の公立校の玉井小学校です。

 

父親はハワイ系アメリカ人で、母親は日本人のハーフです。

 

ただし幼少期に両親は離婚しており、以降は母子家庭に育っています。

 

なおブラザー・トムさんの公式プロフィールはハワイ州マウイ島出身とありますが、バラエティ番組に出演した際には札幌の真駒内の米軍基地(現在は自衛隊真駒内駐屯地)で生まれたと述べています。

 

そのため学生時代は経済的にあまり裕福ではありませんでした。

 

母親がレイ・チャールズのファンだったことから、子供の頃から音楽に親しんでいます。

 

また母親がコーヒー好きだったことから、当時は一般家庭に普及していなかったコーヒーを小学校時代から飲んでいました。

 

そのため「あの時代に埼玉県でコーヒーを飲んでいた貧乏家族は、きっとうちだけだったと思います」とインタビューで話しています。

 

以上がブラザー・トムさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

在籍する「バブルガム・ブラザーズ」は1996年頃に活動を休止していますが、2018年に活動を再開しています。

 

 

またその他にもタレントや俳優、ラジオのパーソナリティや絵本作家など、多彩な活躍を展開しています。

 

加えて長男の小柳心さん、次男の小柳友さんはともに俳優として活動しています。

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ