スガシカオの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃の画像

 

人気アーティストでSMAPの「夜空ノムコウ」の作詞も手掛けたスガシカオさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実はスガさんは中学校時代からアルバイト三昧の学生生活を送っていました。学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします

 

スガシカオ

 

 

1966年7月28日生

身長171㎝

血液型はO型

 

東京都渋谷区出身のシンガーソングライター

本名は菅止戈男(すが しかお)

 

以下ではスガシカオさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

スガシカオの学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京経済大学 経済学部 偏差値53(普通)

 

 

スガシカオさんは高校卒業後は、東京経済大学に進学しています。

 

ただし現役合格ではなく、2年間の浪人生活を経ての進学です。

 

(浪人時代)

 

大学時代はスキー同好会に入会しています。

 

大学1年生の時は年間で128単位必要だったにも関わらず学校にはあまり行かず、1年生の時だけで12単位しか取れませんでした。

 

2年生では16単位だったものの他人のレポートを写させてもらうなどしやはり授業には出席せず。

 

 

そんな状況でしたが留年することになった先輩達を見ていると大学を辞めてしまうなど悲惨だったといい、そんな先輩達が反面教師となりスガシカオさんはやる気を奮い立たせます。

 

そして大学3年生から4年生にかけては真面目に勉学に励み、毎日学校に通いました。

 

しかし当時はバイト、音楽、スキーの同好会などでとにかく忙しく、冬のスキーのために夏の間はバイト三昧だったといいます。

 

ちなみにその時のアルバイトは、イタリア料理屋さんの皿洗いやデザート係でパフェとか作ったりしていたとか。

 

他にもバイト代がいいからという理由で、夜11時から朝9時まで週4日のペースで牛丼屋にも勤めていました。

 

 

この牛丼屋ではとにかく色んな経験をしたそうで、当時ついてインタビューで次のように振り返っています。

 

「怖いオニーさんにお茶だすと、“バカヤロー!俺からじゃねぇだろ、兄貴からだろ!”とスゴまれ。んなこと言ったって、どれが兄貴だかわからねー。かと思うと、オヤジがなぜか鞄の中からトンカチを出してきて突然暴れだして、破壊行動を始めてしまったり。牛丼屋は結局2年以上やったけど、バイトやめる最後の日、全然見たこともない客に「いつもの!」って言われた。そいつ、絶対常連じゃないし。」

 

こうしてとにかくバイトをしまくっていた割には、自分の車の維持費や音楽などで消えてしまい手元に残らなかったそうです。

 

そんな大学生活は独り暮らしだったそうで、6畳一間で、幽霊は出るし、虫はわくしで大変だったといいます。

 

ちなみに音楽活動にも熱心に励んでいたスガシカオさんは、本格的に作曲し始めたのは大学時代からだったそうです。

 

とは言え大学卒業後は就職してサラリーマンを4年ほど経験しています。

 

 

そして29歳だった1995年にようやくインディーズデビューしています。

 

さらに1997年にファーストシングル「ヒットチャートをかけぬけろ」でメジャーデビューを飾ると、音楽専門誌など業界の注目を集めています。

 

 

すると翌年にはSMAPに提供した「夜空ノムコウ」が大ヒットして、スガさんの知名度も大幅に上昇します。

 

以降は「アシンメトリー」や「19才」などのヒット曲をリリースして、人気アーティストの仲間入りしています。

 

 

またアーティストとしてのほか、音楽プロデューサーとしても活躍しています。

 

スポンサードリンク

 

スガシカオの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 佼成学園高校 偏差値62(やや難関)

 

 

スガシカオさんの出身高校は、私立の男子校の佼成学園高校です。

 

この高校は立正佼成会を母体とする学校法人が運営している私立高校で、アメリカンフットボール部が強豪です。

 

また現在は特進コースにあたる難関国公立コース(偏差値65)も設置していますが、スガさんが在籍した当時は普通科のみの設置でした。

 

高校時代は女子にモテたくて軽音楽部に入部していますが、インタビューなどでは男子校に進学したことを後悔しています。

 

当時はバンドも組んでいましたが、ボーカルではなくギターを担当しています。

 

それでも高校時代は、中学時代よりも気が合う友達が沢山できてとても楽しい毎日だったと振り返っています。

 

進学校でありながらも自身のクラスは特に遊んでばかりの人が多かったそうで、当時のスガさんも遊ぶことに多忙を極め、16才でバイクの免許取り、バイクのためにも遊ぶためにも、平日や夏休みのバイトに明け暮れていたといいます。

 

ちなみに、この時のアルバイトは国鉄(現JR)の車内清掃を一年半程と、他にもチラシ配り、お弁当屋さんの仕出し弁当作りなどをしていたそう。

 

これらの理由から勉強時間を確保できず学力が低下した結果、学年で393人中、392位の成績だったとか。

 

しかしこの時一人欠席であったことから実質最下位だったそうです。

 

また高校3年生になってからは、それまでつるんでいた仲間とクラスが離れ離れになり、3年生の夏休み以降は何もしなかったといいます。

 

このようなことから学校の成績はひどかったのですが、数学だけは天才的にできたそうです。

 

「でもね、数学は天才的だった。全国で何回も一位とってるし、アチーブメントテストとか模擬テストとかフツーに満点とっちゃうもんだから、「あいつは結構勉強出来るんじゃないか」って、思われてたフシがある。」

 

そのため当初は理系の大学を目指していますが物理と英語ができなかったことから2浪してしまい、最終的には文系の大学に進学しています。

 

【主な卒業生】

額賀福志郎(政治家)

市川知宏(俳優)

佐久間大介(Snow Man)

ドン小西(ファッションデザイナー)

 

スポンサードリンク

 

スガシカオの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 荒川区立南千住第二中学校 偏差値なし

 

 

スガシカオさんの出身中学校は、荒川区立南千住第二中学校です。

 

渋谷区の出身ですが中学校に入学する前の春休みに実家が荒川区に転居して、この中学校に進学しています。

 

中学時代は仲良くなった友達がみんなテニス部に入部したことから、スガさんもテニス部に所属し、3年間テニスに励んでいます。

 

スガさん曰く小さい球を扱うスポーツは苦手で下手くそだったそうですが、それでもダブルスで区大会3位という成績を残しています。

 

また当時はサイクリングにも熱中し、房総半島を合計で3周くらいしていました。

 

そのためいい自転車が欲しく親に相談すると自分で稼いで買いなさいと言われたことから、冬休みに10日くらい親戚のおばさんの紹介でコンニャク屋さんで住み込みのバイトをさせてもらったといいます。

 

その時は、朝4時に起きて、直径1メートル半ほどのシラタキの釜を大きな棒でかき回し、それを真空パックして、午後になったら店先で売り子をするという大人並みの仕事量に努めていたようです。

 

その際にはスガさんは笑顔振りまきながら「どうですか、奥さん」などと声をかけると「あらあら、エライわね~」と買ってくれて「いやいや、もうひとつどうですか?」と言ってバンバン売っていたとか。

 

中学生にして大人顔負けのやり手ですね。

 

さらにその後配達について行き荷下ろしを手伝うなど、とにかくハードな仕事量をこなし10万円を手にすることができたといいます。

 

そしてお年玉を足して12万円にして、一番いい自転車を手に入れたそうです。

 

このアルバイト経験をきっかけに就職するまで必ず何かしらのアルバイトをしていました。

 

「人並みには買ってくれるけど、それ以上にほしいものがあるなら自分で買いなさいっていうのがうちの家訓だったから」

 

スガシカオの学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

スガシカオさんの出身小学校は、東京都渋谷区の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

スガさんは子供の頃から運動神経が良く、小学校時代は6年間サッカーに励む傍らスイミングスクールにも通っていました。

 

他にも北海道出身であった父親にスキーを教えられていたそうで、そんな経験から普通の人よりは滑れるようになったとか。

 

さらに毎年、運動会ではリレーの選手も務めています。

 

加えて当時はテレビアニメが大好きで、「キューティーハニー」がお気に入りでした。

 

以上がスガシカオさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

自身でも数々のヒット曲をリリースしているほか、SMAPや嵐などの様々なアーティストに楽曲を提供していることでも知られています。

 

 

既に年齢は50代に突入していますが、未だに精力的に活動しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ