黒田俊介(コブクロ)の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|お笑い芸人志望だった!

 

「コブクロ」の黒田俊介さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は黒田さんは意外にも高校時代はミュージシャンではなく、お笑い芸人志望でした。学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします

 

黒田俊介(くろだ しゅんすけ)

 

 

1977年3月18日生

身長193㎝

血液型はO型

 

大阪府堺市出身のミュージシャン

「コブクロ」のメンバー

本名同じ、愛称は「黒ちゃん」

 

以下では「コブクロ」黒田俊介さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1998年に小渕健太郎と出会いコブクロを結成。 

2001年にメジャーデビューを果たし、1STシングル「YELL」がオリコン4位となるヒット。

同年8月に1STアルバム「Roadmade」をリリース。

2005年の5THアルバム「NAMELESS WORLD」が初のオリコン1位を獲得。

同年にNHK紅白歌合戦に初出場。 

2007年の14THシングル「蕾」がオリコン1位のヒット。 

以降も「時の足音」や「STAY」、「紙飛行機」などのヒット曲をリリース。

2013年に初のソロアルバム「ツマビクウタゴエ」をリリース。 

既婚者で子供がいる。

 

黒田俊介の学歴~出身高校・大学の詳細・お笑い芸人志望だった!

 

スポンサードリンク

 

出身高校:大阪体育大学浪商高校 偏差値40台前半(当時・容易)

 

 

 

黒田俊介さんの出身高校は、私立の共学校の大阪体育大学浪商高校です。

 

この高校は1921年開校の私立高校で、硬式野球部が甲子園で優勝経験がある古豪として知られています。

 

また同校は現在は特進コースなどを設置して偏差値も向上していますが(偏差値43~55)、当時はそのようなコースはありませんでした。

 

黒田さんは高校時代は硬式野球部に入部していましたが過酷な練習について行くことができなかったことから、退部して柔道部に入り直しています。

 

高校生の時には自転車通学をしていましたが、身長が190cmあり身長に合った自転車がなかったことから、毎日警察に呼び止められていたことを明かしています。

 

黒田さんは当時のことについてインタビューで次のように振り返っています。

 

「警察の人から見たら、体に合ってない自転車に乗ってるから『自分のじゃないやろ』と。毎日毎日呼び止められて、防犯登録(シール)を見られた。それしか思い出がない」

 

黒田さんの身長は高校2年生の時に止まっていますが、インタビューでは「小5ぐらいから、スイッチが入ったように身長が伸びていく恐ろしさといったら」と悲痛な訴えを明かしています。

 

意外にも高校時代の黒田さんはミュージシャンではなく、お笑い芸人志望でした。

 

【主な卒業生】

張本勲(元プロ野球選手)

牛島和彦(元プロ野球選手、監督)

渡辺二郎(元ボクシング世界チャンピオン)

月亭八方(落語家)

 

なお黒田さんは高校卒業後は、大阪聖徳学園社会体育専門学校(偏差値なし)に進学しています。

 

 

 

この専門学校は幼児体育のトレーナーやインストラクターなどを養成しています。

 

黒田さんは当初はお笑い芸人を目指して吉本総合芸能学院(NSC)に入ろうとしましたが、断念してこの専門学校に進学したと報じられています。

 

「黒田俊介は元々、芸人志望で高校卒業後はNSC(吉本総合芸能学院)入りを第一に考えていた。ただ相方となる友人が大学進学を選んだためNSC入りを断念。体育系の専門学校に進学し、インストラクターを目指すこととなった」

 

なお黒田さんは後にこの専門学校の同級生だった女性と2005年に結婚をしています。

 

この専門学校を卒業後はスキューバダイビングの店に就職をしていますが、すぐに辞めてフリーターをしながら路上ライブをおこなっていたところ、21歳だった1998年に小渕さんと出会っています。

 

 

当初は黒田さんのギターが下手だったことから小渕さんがサポートをしたことからデュオがはじまっており、黒田さんはギターが下手なことを自覚していたため大きな声で歌って小さな音で演奏をしていたそうです。

 

当時小淵さんは会社員だったことから週に1回と決めて、それを繰り返していくうちに、小渕さんは会社を辞めてある時から「音楽だけでやっていこう」と決めました。

 

そして大阪や近畿地方でストリートライブをやっており、はじめてメディアに露出した時のことを動画内で次のように振り返っています。

 

「俺たちひっかけ橋の上で歌っていたらOver Driveさんがインタビューをやっていて、声をかけてくれたんですよね。そのラジオ番組のメインパーソナリティーが森脇健児さんやった。森脇健児さんの番組が俺らは初メディアだったね。」

 

 

24歳だった2001年に、「コブクロ」はファーストシングル「YELL~エール/Bell」でメジャーデビューを飾っています。

 

004

 

すると楽曲がいきなりヒットして、注目を集めています。

 

その後は「ここしか咲かない花」や「蕾(つぼみ)」、「STAY」などのヒット曲を連発して国内でも有数の人気アーティストになっています。

 

 

黒田さんはデュオでのほか、単独でも音楽活動を展開してます。

 

 

今後も楽しみな存在ですね。

 

小渕健太郎(コブクロ)の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|工業高校出身だった!

 

スポンサードリンク

 

黒田俊介の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:大阪府 堺市立晴美台中学校 偏差値なし

 

 

 

黒田俊介さんの出身中学校は、地元大阪府堺市内の公立校の堺市立晴美台中学校です。

 

小学校・中学校時代はフリーアナウンサーの清水健さんと同級生でした。

 

黒田さんは中学時代も野球部に在籍をしていました。

 

黒田さんは身長が伸びるスピードが異常だったことから、中学時代に骨格が伸びる速度に臓器がついてきていないと言われたそうです。

 

中学2年生の時にカラオケで尾崎豊さんの「I LOVE YOU」を歌ったところ好評だったことから、音楽に目覚めています。

 

ただし当時は音楽よりもお笑いのほうが好きでした。

 

【主な卒業生】

宮田てつじ(お笑い・シャンプーハット)

 

スポンサードリンク

 

黒田俊介の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:大阪府 堺市立槇塚台小学校

 

 

 

黒田俊介さんの出身小学校は、堺市内の公立の堺市立槇塚台(まきづかだい)小学校です。

 

家族構成は両親と兄、弟の5人家族のようです(3兄弟の真ん中)。

 

父親は鉄工所で働いていました。

 

小学生の頃から野球をはじめており、ポジションはピッチャーでした。

 

この頃は将来の夢はプロ野球選手を志していました。

 

小学4年生の時にすでに身長が167cmあり高すぎたことから、学校の先生からランドセルを使用しなくても良いと言われたそうです。

 

小学校時代は英会話を習っていました。

 

黒田さんはかなり忘れっぽい性格で現在も自身の曲を忘れてしまうことがあるそうですが、小学校低学年以前のエピソードなどもほとんど覚えていないようです。

 

以上が「コブクロ」黒田俊介さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

在籍する「コブクロ」はメジャーデビュー以降ヒット曲を連発して、瞬く間に人気アーティストの仲間入りを果たしています。

 

 

また多くの後輩ミュージシャンに影響を与えています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

小渕健太郎(コブクロ)の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|工業高校出身だった!

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ