熊川哲也の学歴|出身高校や中学校の偏差値と学生時代

 

熊川哲也(くまかわ てつや)

 

 

197235日生

身長174

 

北海道旭川出身のバレエダンサー

本名同じ

 

以下では熊川哲也さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

学歴~出身高校・大学

 

スポンサードリンク



 

出身高校:札幌創成高校 普通科(中退) 偏差値37(かなり容易)

 

 

熊川哲也さんが入学したのは、私立の共学校の札幌創成高校です。

 

この高校は現在はS選抜(偏差値56)やアドバンス特進(偏差値48)などの特進コースを設置して進学率の向上を図っていますが、熊川さんが在籍した当時はそのようなコースはありませんでした。

 

当時の熊川さんは久富淑子バレエ研究所に通学して、バレエの研鑽に励んでいます。

 

(久富淑子さん)

 

また当時からバレエに関しては際立った才能を発揮していました。

 

そして高校1年生の時に世界的なバレエ団「英国ロイヤルバレエ団」が運営する「英国ロイヤルバレエ学校」への入学が認められ、そのために高校は中退しています。

 

そのため大学にも進学していません。

 

この学校に入学した際にはビデオ審査で合格して入学を認められています。

 

 

在学中の1988年にはソ連のワガノアバレエ学校の創立250年祭にイギリス代表として参加して、日本人としてははじめてロシアの誇るマリインスキー劇場で踊っています。

 

また翌年にはローザンヌ国際バレエコンクールで金賞を受賞して世界的に注目されています。

 

 

そのため16歳だった19892月に英国ロイヤルバレエ団とプロ契約を交わして、東洋人としてははじめて入団しています。

 

しかもその年の7月には史上最年少(17歳)でソリストに昇格しています。

 

そして19935月にはダンサーの頂点のプリンシパルに上り詰めています。

 

 

ちなみに英国ロイヤルバレエ団は、1999年に日本で自らのバレエ団を組織するために退団しています。

 

とは言えその後の活躍も周知の通りで、バレエダンサーとして世界的な活躍をしています。

 

また1998年には映画「F」に出演して、日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。

 

 

俳優としても高い評価を受けた熊川さんですが、残念ながら以降は俳優としては活動していません。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:札幌市立北陽中学校 偏差値なし

 

 

熊川哲也さんの出身校は、札幌市の北区にある公立校の北陽中学校です。

 

熊川さんは中学校時代もバレエに励んでおり、初出場した全国舞踏コンクールのバレエ・ジュニアの部で上位に入賞して全国的な注目を集めています。

 

しかし本人は1位でなかったことが非常に悔しかったことから、教室が休みの日もスタジオに通って練習を重ねています。

 

そして中学3年生の時に札幌にやって来た世界的なバレエ指導者のハンス・マイスター氏の講習会に参加。

 

するとマイスター氏に才能を認められて、英国ロイヤルバレエ学校への留学を勧められています。

 

ただし当時の熊川さんは英語も話せなかったことから、1年間ほど家族と話し合って留学することを決めています。

 

【主な卒業生】

里谷多英(モーグルオリンピック金メダリスト)

椎名恵(歌手)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:札幌市立和光小学校

 

 

熊川哲也さんの出身小学校は、札幌の北区内の公立校・和光小学校です。

 

家族構成は両親と2歳年上の兄の4人家族です。

 

ただし母親のさち子さんは20034月に肝臓がんで亡くなっています。

 

また熊川さんは北海道の旭川市で生まれていますが、3歳の時に一家で札幌市に転居しています。

 

子供の頃からいたずらっ子で口が達者だったとのこと。

 

スポーツも好きで、小学校時代は少年野球チームに入っていました。

 

10歳の時にバレエをはじめたいとこの影響で、当時自宅の隣にあった久富淑子バレエ研究所札幌支所に入ってバレエをはじめています。

 

小学校の卒業文集にも将来の夢をバレエダンサーと綴っています。

 

以上が熊川哲也さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

長らく英国ロイヤルバレエ団で活躍して、1999年に東京に自らのバレエ団「Kバレエカンパニー」を設立しています。

 

以降はこの劇団の舞台に立ったり、世界的なバレエ団の舞台にも客演しています。

 

またこのところはバレエスクールも設立しており、後進の養成にも尽力しています。

 

 

現在でも高い人気を誇る人物だけに、末永いかつやくを活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ