余貴美子の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

女優の余貴美子さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。演技派女優として数多くの作品に出演している余さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

余貴美子(よ きみこ)

 

 

1956512日生

身長160

血液型はB型

 

神奈川県横浜市出身の女優

本名同じ

 

以下では余貴美子さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1976年にオンシアター自由劇場に入団。 

1984年に自由劇場を退団して、翌年に劇団東京壱組を立ち上げる。 

1985年からテレビドラマに出演をはじめ、「あぶない刑事」や「銭形平次」などに出演。 

1987年の「ちょうちん」で映画初出演。

1996年の劇団東京壱組解散後は、テレビドラマや映画を中心に活動する。 

テレビドラマの代表作は「白線流し」や「篤姫」、「家政夫のミタゾノ」など。 

2008年には映画「おくりびと」、2009年には映画「デイアドクター」で2年連続の日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。 

私生活では2006年に2歳年下のNHKの美術スタッフと結婚した。

 

余貴美子の学歴~出身高校(神奈川学園高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:神奈川県 神奈川学園高校 偏差値59(中の上・現在)

 

 

 

余貴美子さんの出身高校は、私立の女子高の神奈川学園高校です。

 

この高校は1914年開校の私立高校です。

 

また同校は現在は高校から募集のない完全中高一貫校ですが、余さんが入学した当時はそうではありませんでした。

 

余さんは高校時代は茶道部に在籍していました。

 

「ホンダ」というサンドイッチやソフトクリームが食べれる店でアルバイトもしていました。

 

意外にも高校時代はけっこう遊んでおり、ジャズ喫茶やライブハウスに通う一方で、バイクチームにも所属しており、その美貌で「ハマのマリア」と呼ばれていました。

 

また当時は横浜の元街や中華街でよく遊んだそうです。

 

高校時代の夢は女優ではなく、スチュワーデスでした。

 

ちなみに余さんは高校時代に彼氏がいました。

 

【主な卒業生】

遥くらら(女優)

五大路子(女優)

 

余貴美子さんは高校卒業後は、大学などに進学していません

 

高校を卒業した翌年に自由劇場に入団して、多くの舞台に出演。

 

29歳の時に東京壱組を立ち上げますが、40歳の時に解散しています。

 

その後はドラマや映画に本格的に出演しはじめると、抜群の演技力で多くの作品に起用されることになります。

 

 

史上6人目の快挙となる日本アカデミー賞の2年連続受賞など、遅咲きながら輝かしいキャリアを持っています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

余貴美子の学歴~出身中学校(横浜市立老松中学校)の詳細

 

出身中学校:神奈川県 横浜市立老松中学校 偏差値なし

 

 

 

余貴美子さんの出身中学校は、地元横浜市内の公立校の老松中学校です。

 

中学時代も茶道部に在籍していました。

 

また余さんは中学時代までは模範的な生徒で、生徒会長も務めていました。

 

スポンサードリンク

 

余貴美子の学歴~出身小学校(横浜市立戸部小学校)の詳細

 



 

出身小学校:神奈川県 横浜市立戸部小学校

 

 

 

余貴美子さんの出身小学校は、地元横浜市内の公立校の戸部小学校です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族のようです。

 

 

女優の范文雀さんは従姉です。

 

父親は台湾人、母親は日本人のハーフです。

 

なお余さんは日本に帰化していません。

 

父親の死後に母親から日本国籍を取得することを何度も勧められていますが、その都度断っています。

 

父親は喫茶店やバー、キャバレー、焼き鳥屋などを手広く経営しており、裕福な家庭に育っています。

 

余さんは生まれたのは東京都ですが、幼少期に横浜市に移住しています。

 

子供の頃は家での会話は中国語でした。

 

また母親が日舞の師範だったことから、余さんも幼少期から日舞を習っていました。

 

小学校時代も模範的な生徒で、学級委員などを務めていました。

 

以上が余貴美子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

女優としては遅咲きでしたが演技派として知られており、数多くのテレビドラマや映画に出演しています。

 

主にわき役での出演ですが、その卓越した演技力で作品に花を添えています。

 

 

名脇役と呼ばれるほどの女優ですから、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ