イジリー岡田の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代

 

イジリー岡田(いじりー おかだ)

 

 

1964923日生

身長170

血液型はA

 

東京都北区出身のお笑い芸人

本名は岡田昇(おかだ のぼる)

 

以下ではイジリー岡田さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

学歴~出身高校・大学

 

スポンサードリンク



 

出身高校:埼玉県 浦和実業高校 偏差値4359(現在)

 

 

イジリー岡田さんの出身校は、私立の共学校の浦和実業高校です。

 

この高校は現在は特進コースなどを設置して進学率も向上しましたが、イジリーさんが在籍した当時は現在ほどレベルは高くありませんでした。

 

高校時代は放送部に在籍していました。

 

(高校時代)

 

イジリーさんは萩本欽一さんに憧れて、萩本さんが司会を務める「第6回全日本仮装大賞」にも出演しています。

 

また校内でもモノマネを披露するなど、当時からお笑い芸人志望でした。

 

また高校3年生の時にはテリー伊藤さんが演出していたテレビ東京のモノマネ番組のオーディションに出場して近藤真彦さんのモノマネを披露しましたが、残念ながら落選しています。

 

【主な卒業生】

梶原真弓(女優)

佐藤栞里(タレント)

 

そしてイジリー岡田さんは高校卒業後は、大学ではなく専門学校の東放学園専門学校に進学しています。

 

 

この専門学校はタレントや俳優、声優や歌手、放送クリエーターなどを育成する学校です。

 

モノマネタレントの原口あきまささんやお笑いコンビの「アイデンティティ」らもこの学校の卒業生です。

 

当時のイジリーさんはクリエーター志望で在学中は「演歌の花道」や「ヤンヤン歌うスタジオ」などの番組のカメラマンアシスタントを務めていましたが、あまりの辛さに耐えかねてやめてしまっています。

 

そして「発表!日本ものまね大賞」に出場して敢闘賞を受賞したことを契機にスカウトされて芸能事務所のホリプロに所属。

 

実はそれまでも数々のモノマネ番組のオーディションを受けていましたがことごとく落選して、最後の記念としてこの番組のオーディションに参加したとインタビューで話しています。

 

23歳の時に高校時代の友人とともにお笑いコンビ「キッドカット」を結成してデビューしています。

 

コンビはさほど売れなかったものの、当時からアイドルイベントの司会や前説を担当していたことから、アイドル関連の仕事を多くこなします。

 

そして27歳だった1991年から深夜番組「ギルガメッシュないと」に出演して知名度を大幅に上昇させています。

 

 

この番組で客いじりが上手かったために企画のタイトルが「イジリー岡田」になり、その後に芸名も本名からイジリー岡田に改名しています。

 

以降は数々のバラエティー番組に出演するほか、AKB48や乃木坂46の関連番組などにも出演しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:埼玉県 浦和市立大谷口中学校 偏差値なし

※現在はさいたま市立大谷口中学校

 

 

イジリー岡田さんの出身中学校は、浦和市内の公立校の大谷口(おおやぐち)中学校です。

 

アイドルの仕事の第一人者として知られるイジリーさんですが、アイドルに興味を持ったのは中学校時代です。

 

中学時代に当時売れっ子のアイドルだった石野真子さんの大ファンになったことで、アイドルイベントに頻繁に足を運ぶことになります。

 

その後は小泉今日子さんや菊池桃子さんのファンになって、数々のイベントにも参加しています。

 

なお当時のイジリーさんは芸能界の仕事には興味はなく、普通のサラリーマンになろうと思っていました。

 

また現在は明るいキャラクターでしられているイジリーさんですが、中学時代までは赤面症で暗い性格だったと話しています。

 

【主な卒業生】

古谷実(漫画家)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:不明

 

イジリー岡田さんの出身小学校は、浦和市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の2校のいずれかのようです。

 

さいたま市立大谷口小学校

さいたま市立谷田小学校

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

イジリーさんは子供の頃から内向的な性格の少年でした。

 

ただし子供の頃や小学校時代の情報はほとんどありませんでした。

 

以上がイジリー岡田さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

モノマネ芸人として活動する傍ら、数々のアイドル番組にも出演しています。

 

 

女性アイドルとの接し方に関してはなかなか難しいところですが、見事にこなし「アイドル番組の第一人者」などの異名をとっています。

 

稀有なキャラクターの人物ですから、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ