大沢あかねの学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|中居正広に救われていた!

 

タレントの大沢あかねさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は大沢さんは不良に絡まれた際に、中居正広さんの写真を見せたことでイジメに遭いませんでした。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

大沢あかね(おおさわ あかね)

 

17

 

1985816日生

身長160

血液型はO型

 

大阪府大阪市出身のタレント

本名は樽尾茜(結婚前)

 

以下では大沢あかねさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1994年に子役としてデビュー。

1997年の映画「恋極道」で女優デビュー。 

1999年に「天才てれびくん」のてれび戦士に起用されて注目される。

当初はティーン向けファッション誌「ピチレモン」などの専属モデルも務めていた。 

2001年の「新・部長刑事アーバンポリス24」でドラマ初出演し、他にも「てるてる家族」や「ブスの瞳に恋してる」などの連続ドラマにも出演。

2005年に出演したクイズ番組「ヘキサゴンⅡ」で知名度が上がる。

以降は「ケンミンショー」や「土曜スタジオパーク」、「ザキ神っ!」などのバラエティー番組に多数出演。 

私生活では2009年に劇団ひとりと結婚し、翌年に女児を出産している。 

20167月に男児を出産。

 

大沢あかねの学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:大阪府 金光藤蔭高校 偏差値35(かなり容易)

 

 

 

大沢あかねさんの出身高校は、私立の共学校の金光藤蔭(こんこうとういん)高校です。

 

この高校は1926年開校の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

また2012年に関西福祉大学金光藤蔭高校に改称されましたが、2019年に再び元の校名に戻されています。

 

大沢さんは小学校時代から芸能活動をおこなっており、高校時代も3年間にわたり芸能活動をおこなっていました。

 

高校2年生だった2017年に「ドレミソラ」で初めて連続ドラマに出演しており、インタビューで次のように話しています。

 

「毎日緊張してるんで、特に恋愛のシーンだからって緊張することはないですよ。でも照れちゃうんですよねー、やっぱり恥ずかしいから(笑)。それに普段の遙とは一味違った真剣なシーンが多いですから力も入りますね。」

 

 

また高校3年生だった2003年には、NHKの朝ドラ「てるてる家族」にも出演しました。

 

 

大沢さんは学生時代にお笑い芸人を目指していたこともあり、オセロの中島知子さんが目標だったそうです。

 

後にバラドルやタレントとしてブレイクしていますが、高校時代は女優やファッションモデルの仕事が中心でした。

 

また大沢さんはモデルからタレントに転身していますが、このことについてインタビューで次のように話しています。

 

「やっぱりモデルの仕事もたいへんですけど、芸能界の仕事はまた一歩二歩深いというか。特にバラエティは、やってみてすごく深いものなんだなっていう。台本がなく、その日の主役が誰になるか分からない。」

 

 

【主な卒業生】

青木まゆみ(競泳・オリンピック金メダリスト)

 

なお大沢さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業した2004年からバラエティ番組への出演が増えて、後にブレイクして人気タレントになっています。

 

若い頃は数々のテレビ番組に出演していました。

 

 

そのため2009年にお笑いタレントの劇団ひとりさんと結婚した際には、大きな話題になっています。

 

 

結婚後はマイペースでの活動になっていますが、未だに根強い人気を誇っています。

 

劇団ひとりの学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|ヤンキーだった!

 

スポンサードリンク

 

大沢あかねの学歴~出身中学校の詳細・中居正広に救われていた!

 

出身中学校:大阪府 大阪市立大正北中学校 偏差値なし

 

 

 

大沢あかねさんの出身中学校は、地元大阪市内の公立校の大正北中学校です。

 

中学時代も芸能活動をおこなっていたことから、大沢さんは中学・高校時代を通じて部活動などはおこなっていませんでした。

 

13歳のときにはNHK「天才てれびくんワイド」に、てれび戦士として出演をしたことで一躍有名になりました。

 

 

その際には祖父が日本ハムファイターズなどで監督を務めて、「親分」の愛称で親しまれた大沢啓二さんであることも話題になっています。

 

また「天才てれびくんワイド」では、ウエンツ瑛士さんと共演していました。

 

大沢さんな14歳のときに雑誌「ピチレモン」の専属モデルになると、女子小中学生から絶大な人気を誇るカリスマ的な存在となっていたことから、当時のことについて「すっごい調子に乗っていました」と振り返っています。

 

 

ただ夢みたいな時間だったようでインタビューでは次のように振り返っています。

 

「夢みたいな時間でしたよね。たくさんのファンの子たちが、毎月私が着てた服を買ってくれたりとか。自分の大好きなお洋服を着られて、みんなにキャーキャー言ってもらえるっていうのは本当に夢のような。」

 

当時ピチレモンのモデルには蒼井優さんや長澤まさみさん、宮崎あおいさんも活動をしていましたが、大沢さんが表紙を飾ることが多かったそうです。

 

 

中学時代に女番長がいたそうで、「テレビに出ているからっていい気になるな」と因縁を付けられるようになったそうです。

 

しかし女番長はSMAPのファンだったことから、中居正広さんと一緒に撮った写真を見せると大沢さんに対するいじめもなくなったそうです。

 

 

その後、子役モデルを辞めて女優に転換しようと思ったところオーディションに全く受からずに、事務所も頭を抱えたそうです。

 

19

 

そして「バラエティーに行く?」と言われたことで、タレント活動を開始しています。

 

劇団ひとりの学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|ヤンキーだった!

 

スポンサードリンク

 

大沢あかねの学歴~出身小学校の詳細

 



出身小学校:不明

 

大沢あかねさんの出身小学校は、地元大阪市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の2校のいずれかの可能性が高そうです。

 

大阪市立泉尾東小学校

大阪市立北恩加島小学校

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

ただし幼少期に両親が離婚しており、母子家庭に育っています。

 

大沢啓二さんは母方の祖父にあたります。

 

 

大沢さんは母親が光熱費の支払いをしぶったことで、電気やガス水道が止められたこともあったそうです。

 

母親はずぼらな人だったことから、自身がしっかり者になったそうで料理などの家事もこなすようになりました。

 

大沢さんは小学生のときにテレビで北島三郎さんを見て、「あんな大御所になりたい」と思い自ら新聞の広告を見て子役劇団に応募しました。

 

 

しかし当初は母親は大沢さんが芸能界入りすることに対して反対をしていたようです。

 

大沢さんは芸能界入り後は「七光」と言われることが嫌だったことから、大沢啓二さんの孫であることは自分からは一切明かしませんでした。

 

以上が大沢あかねさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

若い頃はテレビで見ない日がないほど、多くのテレビ番組に出演していました。

 

結婚・出産を機に一時的にテレビでの露出が減りましたが、再び情報番組などにも出演しはじめています。

 

 

根強い人気もあるので、今後はママタレとしての活動にも注目です。

 

劇団ひとりの学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|ヤンキーだった!

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ