熊切あさ美の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|48回もオーディションを受けていた!

 

タレントでグラビアアイドルの熊切あさ美さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。高校時代に芸能界を志した熊切さんでしたが、実に48回もオーディションを受けていました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

熊切あさ美(くまきり あさみ)

 

08

 

198069日生

身長161

血液型はB型

 

静岡県出身のタレント、グラビアアイドル、プロ雀士

本名同じ、旧芸名は浅田真子

 

以下では熊切あさ美さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1998年に「チェキッ娘」のオーディションに合格してメンバー入りするも、グループは翌年11月に解散。 

その後はグラビアを中心に活動するもなかなか仕事に恵まれずにキャバクラ勤めなども経験したが、2002年の「さんま御殿」の出演をきっかけに「崖っぷちアイドル」として人気を博す。 

同年のドラマ「塩カルビ」で女優デビューし、「スカイハイ」や「翼の折れた天使たち」、「全開ガール」などのドラマにも出演。

2007年から情報番組「ラジかるッ」で曜日レギュラーを務めた20083月まで) 

プロ雀士の資格も有している。

 

熊切あさ美の学歴~出身高校・大学の詳細・48回もオーディションを受けていた!

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 麹町学園女子高校 偏差値52(普通)

 

 

 

熊切あさ美さんの出身高校は、私立の女子校の麹町学園女子高校です。

 

同校は1905年創立の伝統校でこれまで多くの女性芸能人を輩出していることでも知られています。

 

インターネット上には熊切さんの出身高校を静岡県の進学校の浜松北高校(偏差値67~70)とする情報もありますが、中学時代に千葉県に転居しており誤りです。

 

熊切さんは自身が進学した高校についてブログで次のように綴っています。

 

「高校受験を思い出します。偏差値低すぎて行きたい高校いけないと担任にいわれ、悔しくて半年で偏差値そうとう上げたのを思い出します。そうとうといっても元が酷かったんだけどね。」

 

後述するように4歳の頃から習っているクラシックバレエは中学・高校時代も継続して習っていました。

 

熊切さんは高校時代は広末涼子さんに憧れて芸能界入りを目指しており、モーニング娘。など様々なオーディションを受けています。

 

高校生の頃はアルバイトしながらレッスンに通う毎日で、受けたオーディションは2年間で48回でした。

 

当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「『金八先生』に出たかったんです。出演していた小嶺麗奈さん、榎本加奈子さんが憧れで。それで高3の時に48コ、いろんなオーディションに応募したんですけどどれもダメで。唯一受かったのがチェキッ娘だったんです。」

 

熊切さんは18歳だった1998年に「チェキッ娘」のオーディションを受けて、初代メンバーとして選出されています。

 

09

 

熊切さんはチェキッ娘でデビューをする前には「浅田真子」という芸名でブルセラモデルとして活動を行っていたようです。

 

熊切さんはアイドルではなく女優になりたかったようで、インタビューで次のように振り返っています。

 

「逆に全然わからない世界なので戸惑いも大きかったです。あとメンバーも多かったので、人間関係もなかなかに大変で‥‥。」

 

チェキッ娘には学業優先のルールがあったためグループ入りをしても学校にはしっかりと通っていたそうで、インタビューでは次のように話しています。

 

「『学校優先』の方針があったんですよ。だからテスト前には活動も休みをとらされたし、成績が落ちると怒られたし(笑)。」

 

 

この時は忙しかったそうですが、寝る時間はとれていたそうです。

 

ただメンバーの中にはボイストレーニング中に寝ている子もいたと言います。

 

熊切さんはチェキッ娘のメンバーの中で1番人気でしたが、シングル曲の売り上げが伸びなかったこともありグループは1年ほどで解散をしています。

 

ちなみに高校時代は交際していた彼氏がいました。

 

【主な卒業生】

小林幸子(歌手)

森下愛子(女優)

岡崎友紀(女優)

中田喜子(女優)

 

なお熊切さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、芸能活動に専念しています。

 

以降はグラビアアイドルやタレントとして活動していますが、仕事に恵まれずに仙台市内でキャバクラ嬢として働いたこともありました。

 

 

22歳だった2002年にバラエティ番組「さんま御殿」に出演し、「崖っぷちアイドル」と紹介されたことがきっかけに知名度が大幅に上昇しています。

 

そのためその後は多くのバラエティ番組に起用されることになります。

 

 

また歌舞伎俳優の片岡愛之助さんとの交際も大きな話題になっています。

 

 

40歳だった2020年に16年ぶりに写真集を発売するなど、未だに根強い人気を誇っています。

片岡愛之助の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

スポンサードリンク

 

熊切あさ美の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:千葉県 船橋市立葛飾中学校 偏差値なし

 

 

 

熊切あさ美さんの出身中学校は、船橋市内の公立校の船橋市立葛飾中学校です。

 

中学時代はサッカー部のレギュラーだった男子に告白したそうですが、「喋ったことがない」という理由で振られたそうです。

 

熊切さんは恋愛に対して「一方的に愛情を押し付ける傾向がこの頃からあった」と話しています。

 

また振り向いてほしいために放課後にその男子の机を勝手に整理したこともあったというエピソードを明かしています。

 

中学時代の修学旅行先の奈良は立ち入り禁止だったようで、次のように話しています。

 

「わたしが通っていた中学校の近辺はわたしが中学校の時の10年上の方が大仏に落書きをしてそれ以来修学旅行立ち入り禁止で違う場所に行ったんです」

 

【主な卒業生】

加藤玲奈(AKB48)

北澤早紀(AKB48)

 

スポンサードリンク

 

熊切あさ美の学歴~出身小学校の詳細 

 

出身小学校:静岡県 浜松市立広沢小学校

 

 

 

熊切あさ美さんの出身小学校は、浜松市内の公立校の浜松市立広沢小学校です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

 

母親は頻繁に熊切さんの自宅を訪ねてくるほど仲が良いようです。

 

父親が転勤族だったことから浜松市や名古屋市、船橋市などの各地を転々としています。

 

熊切さんは4歳の時からピアノやクラシックバレエ、英会話なども習っていたようです。

 

 

以上が熊切あさ美さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初はまったく仕事がなく、キャバクラ嬢をしていたこともありました。

 

ところがそんな状況を開き直ったところ「崖っぷちアイドル」として人気に火がつき、以降は様々なバラエティー番組や情報番組にも出演しています。

 

 

かなりの浮き沈みも経験している苦労人ですから、今後も末永い活躍を期待したいところです。

 

片岡愛之助の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ