高田文夫の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

人気放送作家でタレントの高田文夫さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。意外にも高田さんは学生時代はバンドにハマっていました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

高田文夫(たかだ ふみお)

 

 

1948625日生

身長156

血液型はO

 

東京都渋谷区出身の放送作家、タレント

本名は高田文雄

 

以下では高田文夫さんの出身高校や大学の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

高田文夫の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:日本大学 芸術学部放送学科 偏差値50(現在・普通)

 

 

高田文夫さんは高校卒業後は、日本大学に進学しています。

 

在籍したのは芸術学部で、この学部は「日芸」の愛称で数々の有名人を輩出していることで知られています。

 

高田さんは放送作家の青島幸男さんに憧れて、放送作家になるためにこの学部の放送学科に在籍しています。

 

大学時代は「落語研究会」にも所属しています。

 

映画監督の森田芳光さんは落語研究会の後輩でしたが、落語の才能がないと辞めさせています。

 

とは言え大学時代は森田さんとは仲が良く、その後も飲み歩いていたとのこと。

 

高田さんは大学卒業後は放送作家の塚田茂さんに弟子入りし、25歳だった1973年に「ひらけ!ポンキッキ」で放送作家としてデビューしています。

 

 

1975年から参加した「ビートたけしのオールナイトニッポン」が好評で、放送作家としての知名度が上昇します。

 

 

その後も「オレたちひょうきん族」や「スターどっきり(秘)報告」などのヒット番組を次々に世に送り出しています。

 

 

タレントとしても数々のテレビ番組やラジオ番組に出演しています。

 

スポンサードリンク

 

高田文夫の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 日本学園高校 偏差値47(現在・やや容易)

 

 

高田文夫さんの出身校は、私立の男子校の日本学園高校です。

 

この高校は1885年開校の伝統校で、戦前は都内でも有数の進学校でした。

 

また現在の同校は特別進学コース(偏差値54)やスポーツコース(偏差値44)なども設置していますが、高田さんが在籍した当時はこのようなコースの設置はありませんでした。

 

高田さんは高校時代は「高田バンド」というロックバンドを結成し、ボーカルを務めており音楽活動にどっぷりと漬かっています。

 

また当時はビートルズやエルビス・プレスリーなど洋楽ロックのスターたちに憧れています。

 

ところが高校3年生だった1966年に来日したビートルズの日本武道館公演に行ったところ、演奏テクニックが大したことないことに気づいてロック熱は冷めてしまっています。

 

なお当時からお笑い好きだったことから、バンドのライブにはコントや漫談を曲の合間に入れていたそうです。

 

加えて青島幸男さんに憧れていたことから青島さんの母校である早稲田大学への進学を志していますが、成績がそこまでよくなかったことから早稲田を諦めて日大に進学しています。

 

【主な卒業生】

荒井注(元ドリフターズ)

太川陽介(歌手)

斎藤工(俳優)

 

スポンサードリンク

 

高田文夫の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 世田谷区立船橋中学校 偏差値なし

※現在は船橋希望中学校

 

 

高田文夫さんの出身中学校は、東京都世田谷区内の公立校の船橋中学校です。

 

この中学校は2012年に同じ公立校の世田谷区立希望丘中学校と統合されて、現在は船橋希望中学校になっています。

 

中学時代は俳優の志賀廣太郎さんと同級生でした。

 

また高田さんは当時からやんちゃなキャラクターで、基本的には現在とあまり変わっていないそうです。

 

中学時代に洋楽にハマっています。

 

高田文夫の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:東京都 世田谷区立塚戸小学校

 

 

高田文夫さんの出身小学校は、世田谷区内の公立校の塚戸小学校です。

 

この小学校は1875年開校の伝統校です。

 

父親は出版社を経営しており、裕福な家庭に育っています。

 

高田さんは子供の頃から活発で、小学校時代は少年野球チームに所属しています。

 

小学校時代にバラエティ番組「おとなの漫画」を見たことで、この番組の構成作家を担当していた青島幸男さんに憧れています。

 

以上が高田文夫の学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

放送作家としての実力は周知の通りで、数々のヒット番組を手掛けてきました。

 

またDJを務めるラジオ番組「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」は、19894月からスタートする長寿番組として知られています。

 

 

年齢は既に70代に突入していますが、根強い人気を誇る人物だけに今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ