一青窈の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

歌手の一青窈さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「もらい泣き」や「ハナミズキ」のヒット曲で知られる一青窈さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

一青窈(ひとと よう)

 

 

1976920日生

身長155

血液型はO型

 

台湾出身の歌手、女優

中国名は顔窈(イエン・ヤオ/一青は母親の姓)

 

以下では一青窈さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2002年に1stシングル「もらい泣き」でメジャーデビューすると、いきなり曲が大ヒットしてブレイク。 

2003年にNHK紅白歌合戦に初出場。 

2004年の主演映画「珈琲時光」で女優デビュー。

同年にリリースした5thシングル「ハナミズキ」が、ダブルプラチナの大ヒットとなる。

以降も「影踏み」や「つないで手」などの楽曲がヒット。 

2012年の「それからの海」でテレビドラマ初出演。 

「愛と誠」や「はなちゃんのみそ汁」などの映画にも出演している。

 

一青窈の学歴~出身大学(慶応義塾大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:慶応義塾大学 環境情報学部 偏差値70(超難関)

 

 

 

一青窈さんは高校卒業後は、私立の名門大学の慶応義塾大学に進学しています。

 

ただし現役での合格ではなく、半年間の浪人生活を経ての進学です。

 

また一般入試での入学ではなく、AO入試で同大に進学しています。

 

一青窈さんは早稲田大学の理工学部に落ちており、高校の先生から慶応義塾大学のAO入試を勧められたためこの大学に入学をしています。

 

このことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「SFCには9月にAO入試があるから受けてみたら?と言われたので、それで、ふ~んってかんじ。それまでは全然知らなかった。「未来からの留学生」ってあやしいなあと思いました(笑)。」

 

後述するように一青窈さんは音楽療法に興味を持っており、大学の入試ではこのことについての論文を書いています。

 

しかし面接では音楽療法をする学部はないと言われたことから、歌にはパワーがあることを伝えたと語っていました。

 

 

大学入学後はアカペラサークル「K.O.E」に在籍をしており、バンドを結成してストリートライブをおこなっていましたが大学2年生の時に辞めています。

 

またこのサークルではゴスペラーズの北山陽一さんと出会い、一青窈さんの詩に曲をつけて歌うことを勧められました。

 

そして大学時代にはこれまで書き溜めていた詩を詞にして、歌を作りはじめています。

 

一青窈さんは大学1・2年生のときには他にも様々なサークルに入っており、ありとあらゆる友人をつくろうと思っていたことを明かしています。

 

当初はサークルに入ることはパーティ感覚で何十個のサークルに入り、ミニスカートにハイヒールという格好をして闊歩していたといいます。

 

大学時代は授業も面白く友人にも恵まれていたと、インタビューで当時を振り返っています。

 

大学卒業後の詳細は不明ですが、福祉ライブで歌っていたところをスカウトされています。

 

すると26歳だった2002年に、ファーストシングル「もらい泣き」でメジャーデビューを飾ると楽曲はいきなりヒットして注目を集めています。

 

 

 

以降も「ハナミズキ」や「影踏み」などの楽曲がヒットして人気アーティストになっています。

 

 

その後は本業のアーティストのほか、女優やタレントとしても活動を開始して幅広い層のファンを獲得しています。

 

 

2015年にギタリストの山口周平さんと結婚した際には、大きな話題になっています。 

 

スポンサードリンク

 

一青窈の学歴~出身高校(森村学園高等部)の詳細

 

出身高校:神奈川県 森村学園高等部 偏差値65(難関)

 

 

 

一青窈さんの出身高校は、私立の共学校の森村学園高等部です。

 

この高校は1910年開校の私立高校で、森や緑に囲まれた8万㎡を超える広大なキャンパスを有することで知られています。

 

高校時代はフジテレビのアナウンサーだった大橋マキさんと同級生でした。

 

また1学年下には、テレビ朝日のアナウンサーだった石井希和さんも在籍していました。

 

 

一青窈さんはバスケットボール部と美術部を兼部しており、「バスケと美術をおう歌した」と語っています。

 

バスケットボール部では素早く動いていたことから、魔女の宅急便の「ジジ」というあだ名でチームメイトから親しまれていました。

 

高校2年生のときには母親を癌で亡くしました。

 

一青窈さんは母親の闘病中に一緒にミュージカルに行き、音楽療法に興味を持っておりこのことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「母親が(がんで)入院していた時に(森公美子さんが出演しているミュージカルを見に行って)音楽を聴いて元気になったっていうのを目の当たりにして。がんがなくなったんじゃないかって思うぐらい血色がいいというか。あれは感動しましたね。そんなふうに、人を元気づける音楽を作れる人なれたらなと思いました」

 

また学生時代には親友が好きだった男子を好きになってしまい、バレンタインに告白をして交際に発展たそうです。

 

【主な卒業生】

佐々木明子(アナウンサー)

 

スポンサードリンク

 

一青窈の学歴~出身中学校(森村学園中等部)の詳細

 

出身中学校:東京都 森村学園中等部 偏差値55(中の上)

 

 

 

一青窈さんの出身中学校は私立の共学校の森村学園中等部です。

 

中学時代もバスケットボール部に在籍する傍ら、友人とコーラスグループを結成して活動をしていました。

 

一青窈の学歴~出身小学校(森村学園初等部)の詳細

 



 

出身小学校:東京都 森村学園初等部

 

 

 

一青窈さんの出身小学校は、私立の共学校の森村学園初等部です。

 

ここまででわかるように小学校から高校まではエスカレーター式に進学しています。

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

父親は台湾人で母親は日本人のハーフです。

 

姉は舞台女優で歯科医の一青妙さんです。 

 

 

一青窈さんは幼稚園卒業後に父親を台湾に残して、母親と姉とともに台湾から日本に移住をしています。

 

当時は家では日本語を話し、外では北京語、親戚とは英語で話していたことから3か国語を話せるトリリンガルだそうです。

 

一青窈さんは父親と離れた寂しさから歌を歌ったり、父親が送ってくれるレコードを聴いたりしておりこれが原点だったと語っています。

 

この頃は歌っている間は現実から逃避できたと振り返っていました。

 

しかし父親は小学2年生の時に癌で亡くなっています。

 

父親とは手紙の交換をしており、亡くなった後も手紙を書き続けたそうでインタビューで次のように話していました。

 

「父が)死んじゃったあと、書く内容にちょっとずつ感情を流し込めるようになったんです。子供って、素直に思いを出すじゃないですか。なんで、自分だけこういう境遇なんだろうかとか、単純に(親がいなくて)悲しいとか、ねたみ、そねみになっていて、そんなこと書いていましたね」

 

小学校高学年になると宮沢賢治さんの詩を知ったことで自らも詩を書くようになりました。

 

また小学校時代もバスケットボール部に在籍をする傍らで、子供の頃にはエレクトーンも習っていました。

 

一青窈さんは子供の頃はおとなしい性格で自己主張をしなかったそうです。

 

以上が一青窈さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

前記のようにデビュー曲がいきなり売れて人気アーティストになっています。

 

またその後は女優やタレントとしても活動を開始しています。

 

現在でもマルチな活動を展開しており、さらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ