元ちとせの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

「ワダツミの木」のヒットなどで知られる歌手の元ちとせさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は元さんは小学校時代は全校生徒がわずか4人という学校に通学していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

元ちとせ(はじめ ちとせ)

 

 

1979年1月5日生

身長非公表

血液型はA型

 

鹿児島県瀬戸内町出身の歌手

本名同じ

 

以下では元ちとせさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

元ちとせの学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:鹿児島県 古仁屋高校 偏差値38(かなり容易)

 

 

 

元ちとせさんの出身高校は、県立の共学校の古仁屋(こにや)高校です。

 

この高校は1930年開校の県立校で、元さんの出身地の大島郡瀬戸内町に唯一ある高校です。

 

また1学年は2クラス80名の小規模校です。

 

元さんは幼少期から島唄や奄美民謡に親しんでおり、高校1年生の時に「奄美民謡大賞」の青年の部で新人賞を受賞しています。

 

そのため翌年の1995年には奄美市内の楽器店から、カセットテープで曲をリリースしています。

 

 

またこの年には映画「男はつらいよ」で、元さんが歌う「朝花節」が挿入歌として使用されています。

 

そして高校3年生だった1996年には、「奄美民謡大賞」を史上最年少(当時)で受賞しています。

 

 

そのためこの年にはレコード会社数社からスカウトを受けていますが、意外にも当時の元さんは歌手になる気はなかったのですべて断っています。

 

また高校卒業後も故郷の奄美大島から出るつもりはありませんでしたが、高校を卒業する頃には母親から「島の外に出て何かを学んでこい」と言われたことをインタビューで話しています。

 

そして元ちとせさんは高校卒業後は、美容師を目指して専門学校に進学しています。

 

進学先の専門学校は三重県のようですが、校名などは不明です。

 

美容師の資格取得後は大阪で美容師として働きはじめますが、薬剤アレルギーがあったことから短期間で仕事を断念しています。

 

そのため高校時代にスカウトされたレコード会社のつてで上京して、本格的に歌手を目指すことになります。

 

その際には大手レコード販売店のHMV数寄屋橋店でアルバイトをしながら、レッスンに励んでいます。

 

23歳だった2002年にファーストシングル「ワダツミの木」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

するといきなり楽曲は大ヒットして、同じ年にリリースしたファーストアルバムも「日本レコード大賞」のベストアルバム賞を受賞しています。

 

 

以降も「君ヲ想フ」や「この街」などのヒット曲をリリースして、人気歌手の地位も築いています。

 

 

その他にも山崎まさよしさんや杏子さんらとともに、ユニット「福耳」のメンバーとしても活動をしています。

 

 

なお元さんは2004年に結婚した際に、故郷の奄美大島に生活拠点を移して音楽活動をしています。

 

スポンサードリンク

 

元ちとせの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:鹿児島県 瀬戸内町立古仁屋中学校 偏差値なし

 

 

 

元ちとせさんの出身中学校は、地元瀬戸内町内の公立校の古仁屋中学校です。

 

後述するように小学校6年生の頃から島唄などを習いはじめ、中学時代の3年間も歌や三味線を習っていました。

 

中学3年生の時には「奄美民謡大賞」の少年の部で優秀賞を受賞するなど、当時から才能の片りんを見せていました。

 

元ちとせの学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:鹿児島県 瀬戸内町立嘉徳小学校

※現在は廃校

 

 

 

元ちとせさんの出身小学校は、地元瀬戸内町内の公立校の嘉徳小学校です。

 

この小学校は生徒数減から2005年に廃校になっており、現在は校舎は美術館として使用されています。

 

元さんが在籍した当時も全校生徒は4人で、同じ学年の児童はいませんでした。

 

しかも他の生徒は全員が親戚でした。

 

元さんは奄美大島南部のわずか30世帯ほどの嘉徳集落で生まれ育っています。

 

そのため子供の頃から自然と親しんでいたことをインタビューで話しています。

 

「自然が多く、幼いころは畑を走りまわっていました。田舎なので、自分たちが暮らしている所で命をいただくという生活。父とは山に行ったり川に行ったり。山にわなを仕掛けて、イノシシやヤギを狩る。それを家でさばいていました。私も手伝い、子どもながらに命を大切にすることを学びました」

 

家族構成は両親と2人の姉の5人家族です(3人姉妹の末っ子)。

 

 

母親は非常に厳しく育てており、歌手になってからも褒められたのは2回だけと話しています。

 

ちなみにその2回は高校時代に「奄美民謡大賞」で新人賞と大賞を受賞した時です。

 

元さんは幼少期から三味線を習っていました。

 

また小学校6年生の頃からは島唄も習いはじめています。

 

ちなみに小学校時代は同級生がいなかったので、卒業式はたった1人でした。

 

以上が元ちとせさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

デビュー曲「ワダツミの木」が大ヒットして人気歌手になりましたが、当時から独自の路線で活動しています。

 

 

現在は奄美大島に在住し仕事のたびに上京する生活をしているほか、地元のラジオ番組のパーソナリティなども務めています。

 

根強い人気を誇っている人物だけに、今後の活動にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ