財津一郎の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

俳優の財津一郎さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「3年B組金八先生」などでお馴染みの財津さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

財津一郎(ざいづ いちろう)

 

 

1934年2月22日生

身長176㎝

血液型はO型

 

熊本県熊本市出身のコメディアン、俳優、歌手

本名は財津永栄(ざいづ ながひで)、別名義は「財津肇メ」

 

以下では財津一郎さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

財津一郎の学歴~出身高校(済々黌高校・阿蘇農業高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:熊本県 済々黌高校 偏差値71(超難関・現在)

 

 

 

財津一郎さんの出身高校は、県立の共学校の済々黌(せいせいこう)高校です。

 

この高校は1879年開校の伝統校で、古くから県内では県立熊本高校に次ぐ進学校として知られています。

 

財津さんはこの高校に一般受験で入学しており、勉強も得意でした。

 

なお入学は戦前で旧制中学時代の済々黌中学校時代に入学しています。

 

高校では演劇部と音楽部、水泳部を掛け持ちしていました。

 

また生徒会長も務めており、当時からリーダーシップを発揮しています。

 

17歳だった1947年に財津家の土地がある熊本県の黒川村(現在の阿蘇市)に移住し、阿蘇農業高校(現在は熊本県立阿蘇中央高校)に転校しています。

 

そして2年後に熊本市内に戻っており、済々黌高校に復学して卒業しています。

 

【主な卒業生】

上田晋也(お笑い・くりぃむしちゅー)

有田哲平(お笑い・くりぃむしちゅー)

山本恵里伽(アナウンサー)

 

そして財津さんは高校卒業後は大学に進学していません

 

早稲田大学文学部を目指して大学受験をしていますが、受験に失敗しています。

 

高校卒業後は上京して、浪人しています。

 

浪人時代に養成所の榎本健一映画演劇研究所に入所しており、大学進学は諦めたようです。

 

研究所卒業後は劇団に在籍して俳優として活動しています。

 

30歳だった1964年に、吉本新喜劇に参加して知名度が上昇しています。

 

 

その後はコメディアンとして活動する傍ら、俳優としても多くのテレビドラマに出演しています。

 

 

また「タケモトピアノ」のCMなどでもお馴染みです。

 

スポンサードリンク

 

財津一郎の学歴~出身中学校(済々黌中学校)の詳細

 

出身中学校:熊本県 済々黌中学校

 

 

 

財津一郎さんの出身中学校は、旧制の済々黌中学校(現在の済々黌高校)です。

 

旧制中学校は5年生だったことから、小学校卒業後はこちらの中学校に進学しています。

 

ただし財津さんの中学時代のエピソードや情報は見当たりませんでした。

 

スポンサードリンク

 

財津一郎の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

財津一郎さんの出身小学校は、地元熊本市内の公立校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は両親と3人きょうだいの5人家族です。

 

父親は農林省の役人でした。

 

10歳の時に父親が徴兵されて中国に出征したことから、東京都から熊本市に転居しています。

 

また実家は地主で裕福な家庭に育っていましたが、戦後にGHQの農地改革でほとんどの土地を失っています。

 

以上が財津一郎さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

若い頃は主にコメディアンとして人気を博していました。

 

その後は俳優の仕事が多くなっています。

 

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ