中尾彬の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|難関美大に入学していた!

 

俳優の中尾彬さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。タレントとしても数々のバラエティ番組に出演してきた中尾さんですが、進学校から難関美大に進学していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

 中尾彬(なかお あきら)

 

 

1942811日生

身長175

血液型はO型

 

千葉県木更津市出身の俳優、タレント

本名同じ

 

以下では中尾彬さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1962年に日活ニューフェイスに合格し、映画「夢がいっぱい暴れん坊」で俳優デビュー。 

1963年に主演作「魚住少尉命中」でドラマデビュー。 

1964年に出演した映画「月曜日のユカ」で注目される。 

1970年にフリーになるとテレビドラマへの出演が中心となり、以降も多くの作品に出演。 

テレビドラマの代表作は、「暴れん坊将軍」や「炎立つ」、「秀吉」、「GTO」など。 

1990年代からタレント活動も多くなり、多くのバラエティー番組や情報番組にも出演。 

私生活では1970年に女優の茅島成美と結婚し一児をもうけるも、女優の池波志乃との不倫がきっかけで1975年に離婚。 

1978年に池波志乃と再婚した。

 

中尾彬の学歴~出身大学(武蔵野美術大学)の詳細 

スポンサードリンク

 

出身大学:武蔵野美術大学 油絵学科(中退) 偏差値48(現在・難関)

※現在は造形学部油絵学科

 

 

 

中尾彬さんは高校卒業後は、武蔵野美術大学に入学します。

 

同大は学科試験こそさほど難しくないため、偏差値もさほど高くありません。

 

ただし実技試験が難しく、東京芸術大学には及ばないものの多摩美術大学と並ぶ名門私立美大として知られています。

 

中尾さんは得意だった絵画の腕を磨くために、この大学の油絵学科に入学しています。

 

大学2年生だった1962年に新聞を見て、日活第5期ニューフェイスのオーディションに合格をしています。

 

 

当時は映画が盛んで4万人ほどの応募の中から最終的に13人の合格者に残っており、役者としての道を進みはじめました。

 

なお俳優の高橋英樹さんは日活ニューフェイスの同期です。

 

ところが中尾さんはすぐにお金儲けができると思っていましたが、思っていたように稼げなかったため1年ほどで辞めています。

 

また絵の道も捨てきれずに大学2年生の時に中退して、フランス・パリに留学しています。

 

しかしパリで絵の道に挫折して1年後に帰国すると、再び俳優の道を歩みはじめます。

 

22歳だった1964年に出演した加賀まりこさん主演の映画「月曜日のユカ」で、俳優として注目を集めています。

 

 

そして1970年からはテレビドラマに活動の場をシフトすると、1978年から出演した「暴れん坊将軍」の悪代官役が当たり役になってブレイクしています。

 

 

以降は数多くのテレビドラマや映画にわき役として起用されています。

 

また1990年代からはタレントとしての活動も多くなり、数々のバラエティ番組にも出演しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

中尾彬の学歴~出身高校(千葉県立木更津第一高校)の詳細

 

出身高校:千葉県 木更津第一高校 偏差値66(現在・難関)

※現在は木更津高校

 

 

 

中尾彬さんの出身高校は、県立の共学校の木更津第一高校です。

 

この高校は1900年開校の伝統校で、地元では古くから進学校として知られています。

 

また中尾さんが卒業した年である1961年に、校名が木更津高校に変更されています。

 

当時もこの高校は進学校だったので、中尾さんは高い学力を有していました。

 

 

この高校に在学中は同校OBで当時日本体育大学で教職課程を履修していた俳優の千葉真一さんが教育実習に来て、中尾さんも指導を受けたことがありました。

 

その際には中尾さんは千葉さんの授業をよくサボっていたので、芸能界で再会後に詫びています。

 

高校時代は美術部に在籍をする傍ら、バレーボール部に在籍をしており、キャプテンを務めていました。

 

また高校1年生の時から陸上部の1学年先輩と交際をしていたため、後に陸上部に転部しています。

 

中尾さんははじめて女子と交際をしており、高校3年間同じ女子と交際をしていました。

 

高校時代は女子にモテたようです。

 

陸上部では走り幅跳びで千葉県大会4位となり、国体にも出場をしており、運動神経が抜群だったようです。

 

しかし練習がかなりハードだったこともあり、血尿が出るほどでした。

 

中尾さんは子供の頃から陸上競技が得意で「高校まで陸上競技をやっていた」と語っていますが、その反面勉強はしなかったとのことです。

 

中尾さんは子供の頃から俳優になる夢があり、当時は映画雑誌などで独学で演技を勉強していました。

 

【主な卒業生】

浜田幸一(元政治家・タレント)

浜田靖一(政治家)

千葉真一(俳優)

 

スポンサードリンク

 

中尾彬の学歴~出身中学校(木更津市立木更津第二中学校)の詳細

 

出身中学校:千葉県 木更津市立木更津第二中学校 偏差値なし

 

 

 

中尾彬さんの出身中学校は、地元千葉県木更津市内の公立校・木更津市立木更津第二中学校です。

 

中学時代は陸上部に在籍して、部活動に打ち込んでいました。

 

また中学時代にはあまり勉強はしていませんでしたが、成績は良かったようです。

 

【主な卒業生】

イシワタケイタ(シンガーソングライター)

 

中尾彬の学歴~出身小学校(木更津市立木更津第二小学校)の詳細

 



 

出身小学校:千葉県 木更津市立木更津第二小学校

 

 

 

中尾彬さんの出身小学校は、地元木更津市内の公立校・木更津市立木更津第二小学校です。

 

中尾さんは5人きょうだいの長男として育っています。

 

実家は酒屋を営んでおり、母親は教師をしていました。

 

中尾さんは育った家庭について「酒屋でしたからお金持ち」だったと語っており、子供ながらに裕福ということは分かっていたようです。

 

自宅の目の前が海だったことから、年中泳いでいました。

 

小学校時代に当時の人気俳優だった長谷川一夫さんが時代劇「足を洗った男」のロケで木更津に来ており、中尾さんは毎日学校を休んで見に行っていました。

 

その時にわざと赤い帽子をかぶって目立つようにしていたといいます。

 

そして長谷川さんが手鏡を持って眉毛を書いていたところ、中尾さんが手鏡に写り込んでおり、「役者になりたい」というようなことを言いました。

 

すると長谷川さんから「学校を出たらいらっしゃい」と言われたことを明かしています。

 

中尾さんは小学2年生の時から将来は役者を志すようになりました。

 

とは言え、中尾さんは当時は「学校を出たら」という意味がどこまで学校を出たら良いのかはっきり分かりませんでしたが、振り返るとまずは勉強をしっかりとしなさいという意味だったと話していました。

 

そして小学生の頃の国語の作文には「将来役者になる」と書いていたそうです。

 

中尾さんは小学4年生の頃まで絵を描いたことがありませんでしたが、全国図画コンクールがあり「廃船」というタイトルの絵を描いて文部大臣賞を受賞しています。

 

この時に自分は絵が上手いと思うようになり、絵の道に進むきっかけになったといいます。

 

以上が中尾彬さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。 

 

俳優としてはわき役が中心ですが、数え切れないほどのテレビドラマや映画に出演しています。

 

またタレントとしても歯に物着せないトークが好評で、多くのバラエティー番組や情報番組に出演しています。

 

年齢は既に80代ですが、依然として多くのメディアにも出演しています。

 

役者としてもタレントとしても未だに高い人気を誇るだけに、末長い活躍を願いたいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ