宮島咲良の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|モデルだった!

 

フリーアナウンサーの宮島咲良さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。グラビアなども好評な宮島さんですが、大学時代まではファッション誌の読者モデルを務めていました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

宮島咲良(みやじま さくら)

 

 

1983年11月9日生

身長166㎝

血液型はO型

 

東京都江戸川区出身のタレント、フリーアナウンサー

本名同じ

 

以下では宮島咲良さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

宮島咲良の学歴~出身大学の(共立女子大学)詳細・モデルだった!

 

スポンサードリンク

 

出身大学:共立女子大学 文芸学部 偏差値45(容易)

 

 

 

宮島咲良さんは高校卒業後は、共立女子大学に進学しています。

 

在籍したのは文芸学部です。

 

時期は不明ですが、学生時代には遊びでバンド活動をおこなっていたことを明かしています。

 

また宮島さんは高校時代から引き続き、大学在学中にもファッション誌の読者モデルとして活動をしていました。

 

後述するように宮島さんは小学校時代から声優を志しており、声の仕事をしたいと思っていたところ大学の友人がアナウンサーの採用試験に合格をしたことを知りました。

 

そして「じゃあ私も受けてみようかな」ということで、アナウンサーを目指しはじめています。

 

その際にはアナウンススクールのテレビ朝日アスクに通学しています。

 

テレビ朝日アスクでは、以下の人物たちが同期でした。

 

小川彩佳(テレビ朝日)

夏目三久(テレビ朝日)

大島由香里(フジテレビ)

須黒清華(テレビ朝日)

上條倫子(NHK)

 

宮島さんはキー局と福岡の1局、そして九州朝日放送を受けています。

 

採用試験については自身のブログで次のように綴っていました。

 

「アナウンサー試験(特に在京キー局など)は最終までいくと全部で6回前後の試験があります。私は在京キー局のうち1社最終、3社最終手前まで進むことができました。」

 

なお宮島さんは学業も頑張っており、大学はキッチリと卒業しています。

 

大学の卒業論文では「高杉晋作」について書いています。

 

なお宮島さんは大学を卒業した2007年に、アナウンサーとして九州朝日放送(KBC)に入社をしています。

 

 

27歳だった2010年に九州朝日放送を退社して、フリーアナウンサーに転身しています。

 

するとタレントやグラビアアイドルとしても活動を開始しています。

 

また2014年にはテレビアニメ「くつだる。」のテーマ曲で歌手デビューも果たしています。

 

 

さらに2017年からは「BSイレブン競馬中継」のアシスタントMCも務めています。

 

 

マルチに活動している人物だけに、今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

宮島咲良の学歴~出身高校(都立両国高校)の詳細

 

出身高校:東京都 両国高校 偏差値68(難関)

 

 

 

宮島咲良さんの出身高校は、都立の共学校の両国高校です。

 

この高校は1901年開校の伝統ある都立高校です。

 

また2006年に附属中学校が開校して、中高一貫校になっています。

 

宮島さんは高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなってなかったようです。

 

高校生の頃からファッション誌「CUTiE」などの読者モデルとして活動をおこなっていました。

 

また中学・高校時代はbayfmをよく聴いていたそうです。

 

【主な卒業生】

芥川龍之介(作家)

石田衣良(作家)

落合信彦(ジャーナリスト)

大塚範一(アナウンサー)

 

スポンサードリンク

 

宮島咲良の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

宮島咲良さんの出身中学校は、地元東京都江戸川区内の公立校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

なお出身高校には系列の両国高校附属中学校がありますが、宮島さんが大学を卒業した年に開校しているので、こちらの中学校の出身者ではありません。

 

中学時代は陸上部とバドミントン部に在籍をしていました。

 

とは言え、球技は苦手だと明かしています。

 

中学生の頃の50m走のタイムは7秒後半~8秒前半だったとのことで、リレーの選手に選出されていました。

 

宮島咲良の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

宮島咲良さんの出身小学校は、地元江戸川区内の公立校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は両親と3人家族です(ひとりっ子)。

 

 

父親は画商をしていた影響で幼少期から本物の絵に触れてきました。

 

頻繁に美術館に連れて行ってもらったり、自宅にもたくさんの絵が飾られているそうです。

 

ちなみに祖父の兄は画家でした。

 

保育園の頃には周囲の友人は外で遊びまわっていましたが、それに目もくれずに一人で絵を描き続けたといいます。

 

当時のことについては自身のブログに次のように綴っていました。

 

「ある時、私が太陽を紫で塗りつぶしたら、先生に『太陽は赤だ』と注意され、それを母が「それは感性の自由です」と言ってくれた。」

 

そして小学校に入学後には絵画教室にも通いはじめました。

 

また宮島さんはオカメインコが好きで、4歳の頃から飼っています。

 

子供の頃から木曜ミステリーを観ることが1週間の癒しだったとのことです。

 

ウィンタースポーツは得意ではないとのことで、小学生の頃に学校行事でスキー教室に参加したところ、軽い仲間外れにあってトラウマになっていることを明かしていました。

 

また自身のことについては「男の子体質」だと話しており、ブログで次のように綴っています。

 

「小学生の高学年まで本能的にスカートを嫌がり履いたことがなく、初めて学校に履いて行った時はスースー感に不安を覚える始末。少女漫画読むとお腹壊すし。」

 

小学生の頃から将来の夢は声優でした。

 

宮島さんは声優になりたいと思い、「魔法騎士レイアース」のアフレコを見学させてもらったことがあったとのことで当時のことについてインタビューでは次のように語っています。

 

「それはもうそうそうたるメンバー…しかもCLAMP先生もいらっしゃってて!今思い出してもドキドキします。。」

 

以上が宮島咲良さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初は九州朝日放送のアナウンサーとして活動していましたが、フリーアナウンサーに転身後はタレントやグラビアなど多岐にわたって活動しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ