菅野莉央の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と子役時代のかわいい画像

 

女優の菅野莉央さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。子役出身の菅野さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、子役時代のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

菅野莉央(かんの りお)

 

 

1993925日生

身長160

血液型はO型

 

埼玉県出身の女優

本名同じ

 

以下では菅野莉央さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴

 

2歳の頃から「セントラル子供タレント」に所属して、4歳だった1997年にテレビドラマ「校長が変われば学校も変わる」で子役デビュー。 

2002年の映画「仄暗い水の底から」で、主演の黒木瞳の娘役を演じて注目される。 

以降も「風のハルカ」や「風林火山」などのテレビドラマに子役として出演。 

2016年にNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」に出演。 

2018年にテレビドラマ「下町ロケット2」にレギュラー出演。 

「悪の教典」や「闇金ドッグス」、「じんじん」などの映画にも出演している。

 

菅野莉央の学歴~出身大学(法政大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:法政大学 人間環境学部人間環境学科 偏差値58(中の上)

 

 

 

菅野莉央さんは高校卒業後は、法政大学に進学しています。

 

この大学を選んだのは高校時代にオープンキャンパスに訪れて、雰囲気がよかったことを挙げています。

 

在籍したのは人間環境学部です。

 

菅野さんは大学時代の成績が優秀で、韓国語も学んでいました。

 

そのため韓国の延世大学1年間の派遣留学の経験もあります。

 

このあたりについてはインタビューで次のように話しています。

 

「元々韓国映画が好きで、1年間留学しました。留学したばかりの頃は韓国語を全く話せない状態だったので、英語で授業を取らないといけなかったんです。自分が悪いんですけど(笑)。そこで英語のリスニングも鍛えられて、かつその授業とは別で韓国語のクラスも取っていたので、同時に履修して、という感じでした」

 

留学に関しては高校時代から漠然とした望みがあったそうで、そのためハングルも堪能とのこと。

 

仕事面では大学時代も女優として活動しています。

 

「ゴーイング  マイ ホーム」や「シンデレラデート」といった連続ドラマのレギュラーに起用されています。

 

 

それでも学業と両立させて大学はキッチリと卒業しています。

 

大学を卒業した2002年には、クイズ番組「タイムショック21」の準レギュラーに起用されています。

 

大学卒業後も多くの作品に出演していますが、このところは話題の連続ドラマにレギュラーとして起用されるなど、徐々に注目を集めています。

 

 

今後の活動にも注目ですね

 

スポンサードリンク

 

菅野莉央の学歴~出身高校の詳細

 

菅野莉央さんの出身高校は不明です。

 

本人はインタビューで「中学受験」をしたと話しており、私立の中高一貫校に通学した可能性が高そうです。

 

出身は埼玉県ですが、高校は東京都にも通学した可能性もあるので候補はかなり多く、現時点ではこれ以上絞り込めませんでした。

 

また大学の系列にも法政大学高校・中学校もあるので、そちらの出身者の可能性もありそうです。

 

なお菅野さんは「普通の高校に通学していた」と述べているので、日出高校や堀越高校などの芸能コースには通学していません。

 

菅野さんは自身の高校時代については、インタビューで次のように話しています。

 

「中学・高校も芸能コースとかではなく普通の学校だったので、自分のなかでオンとオフがはっきりあったんでしょうね。仕事を引きずらず、文化祭もちゃんと参加したり、わりと学校生活を楽しんでましたね」

 

高校時代は仕事もあったことから、部活動などはおこなっていなかったようです。

 

高校時代は「ヤンキー君とメガネちゃん」といった連続ドラマに出演していました。

 

 

ただし高校3年生の年は学業優先のスタンスだったようで、さほど多くの仕事はしていません。

 

スポンサードリンク

 

菅野莉央の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

菅野莉央さんの出身中学校も不明です。

 

中学時代も3年間にわたって芸能活動をおこなっていました。

 

中学時代から学業が中途半端になると仕事をしているからと言われるのが嫌で、学業と仕事の両立を心がけていると話しています。

 

そのため学校の成績も悪くはなかったようです。

 

菅野莉央の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

菅野莉央さんの出身小学校は不明です。

 

現時点では埼玉県のどの市町村の出身者かも不明で、手がかりは掴めませんでした。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

菅野さんは2歳で子役タレントとしてデビューしていますが、きっかけは母親が「雑誌に載ったら記念になる」と軽く考えたからでした。

 

9歳だった2002年にホラー映画「仄暗い水の底から」に出演して主演の黒木瞳さんの娘を演じて、子役として注目を集めています。

 

 

ただし菅野さんはこの映画を劇場で観たことがきっかけで、ホラー映画が苦手になってトラウマになってしまったとインタビューで語っています。

 

小学生の頃は撮影現場に行くとスタッフの人々が一緒に遊んでくれたので、とにかく現場が楽しくて女優の仕事を続けたいなと思ったそうです。

 

小学校6年生の時にはNHKの朝ドラ「風のハルカ」に出演して、水川あさみさんの幼少期を演じていました。

 

 

またこの年に子役専門の事務所から大手の「アミューズ」に移籍していますが、この移籍も自分で決めて面接を受けています。

 

このあたりの経緯については次のように話しています。

 

「初めて仕事だと意識したのは小学6年生のときです。なんか偉そうで恥ずかしいんですが、最初に入ったのが子役専門の事務所だったので、小学校を卒業したら辞めるか、別の事務所を探して続けるか、進路選択みたいな感じになって。そこで、親とも話し合って、このまま続けたいと、今の事務所のアミューズに入れていただいたんです。その時に「これからは仕事になるんだな」と、小学生なりに感じました」

 

なお子役事務所時代は俳優の神木隆之介さんと同期でした。

 

以上が菅野莉央さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

子役時代から数え切れないほどのテレビドラマに出演していました。

 

主演作こそありませんが、持ち前の演技力で出演作に花を添えています。

 

 

今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ