大里桃子の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

プロゴルファーの大里桃子さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。美人ゴルファーとして「かわいい」と話題になっている大里さんですが、学生時代から勝みなみさんや渋野日向子さんらと切磋琢磨を重ねてきました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

大里桃子(おおさと ももこ)

 

 

1998年8月10日生

身長170㎝

血液型はA型

 

熊本県南関町出身のプロゴルファー

 

以下では大里桃子さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

大里桃子の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:熊本県 熊本国府高校 アスリートコース 偏差値43(容易)

 

 

 

大里桃子さんの出身高校は、私立の共学校の熊本国府(こくふ)高校です。

 

この高校は1941年開校の私立高校で、スポーツコースを設置しているため部活動が盛んです。

 

また同校は以下の5つのコースを設置していますが、大里さんはスポーツコースにあたるアスリートコースに在籍した可能性が高そうです。

 

特進:偏差値54

アスリート:偏差値43

アクティブビジネス:偏差値43

コンピュータービジネス:偏差値43

普通:偏差値43

 

大里さんは高校時代はゴルフ部に在籍していました。

 

 

プロゴルファーの田中瑞希さんは高校の同級生で、同じくゴルフ部に在籍していました。

 

高校2年生だった2015年に田中さんとともに全国高等学校ゴルフ選手権大会の女子団体に出場していますが、決勝で渋野日向子さんがいた岡山県代表の作陽高校に敗れています。

 

高校2年生と3年生の時に、九州ジュニアゴルフ選手権で優勝しており、九州の同世代の中ではスバ抜けた実力を有していました。

 

 

また大里さんは高校時代は地元でおこなわれるLPGAツアーの「バンテリンレディス」でボランティアをおこなっていたとインタビューで述べています。

 

「私は高校が熊本国府高等学校なんですけど、そこの高校生はバンテリン(レディス)でボランティアをしていました。ちなみに私は速報係でした。クラブハウス内でパソコンを使ってスコアを入れたり、フォアキャディをやったり。」

 

当時は同い年の勝みなみさんが「KKT杯バンテリンレディース」で優勝したのを間近で見て、羨ましかったと話しており当時の心境についてインタビューで次のように話しています。

 

「みなみの組にギャラリーがすごく付いていて、それを見て羨ましいのと悔しいのといろいろな気持ちがありました。私はそれを見てプロの試合に出たことなかったので、『まず出てみたい』というのがありました。優勝したときは鳥肌がたちましたね。あとはすっごく悔しかった。一番近くで見ているじゃないですか。すごいな、というももちろんありましたけど。みなみは小学校のころから知っていたので。」

 

 

この際には大里さんは試合に出るどころか、ボランティアをしていたことから複雑な気持ちになったそうです。

 

ただこの時に自分がどういうゴルフをするべきかという道筋が見えたことが収穫だったと言います。

 

【主な卒業生】

六反勇治(サッカー元日本代表)

 

なお大里さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、競技生活に専念しています。

 

19歳だった2018年7月に、2度目の挑戦で日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のプロテストに合格しました。

 

すると大里さんはこの年の8月の「CATレディース」でいきなり優勝を飾っています。

 

 

 

プロテスト合格後23日での優勝は史上最短です。

 

大里さんはプロ入りをして意識が変わったとインタビューで話しています。

 

「試合数が増えたのは感じますね。体力的がもっと必要だなと思っています。あとは開幕して最初の頃は『予選通らなきゃ』と考えすぎて、結局カットライン前後のスコアにしかならなっていませんでした。ギリギリ通ったり、通らなかったり。同世代の子に話を聞いてみると『そういう考えはしてない』と言われて。みんな上を見てやっている、と、私もそういう考えにしてから良くなって」

 

以降は「黄金世代」の一員として、勝みなみさんや渋野日向子さん、畑岡奈紗さん、小祝さくらさん、原英利花さんらと切磋琢磨しています。

 

 

なお大里さんは2020年にYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

こちらも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

大里桃子の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:熊本県 南関町立南関中学校 偏差値なし

 

 

 

大里桃子さんの出身中学校は、地元熊本県南関町内の公立校・南関中学校です。

 

中学時代はゴルフ部がなかったので、陸上部に在籍をしていました。

 

後述するように小学校時代からピアノを習っていましたが、中学時代も継続してピアノを習っていました。

 

大里さんは空いている時間を見つけては週に1・2度ほど練習場に行って、土日にはラウンド練習をしていました。

 

中学2年生の時に日本ジュニアで3位に入ったことから、「もっと頑張ればいい成績を残せるんじゃないか」と考えて、本格的にゴルフに専念するようになりました。

 

そして中学3年生からはピアノも陸上部も辞めて毎日練習場に通うようになっています。

 

小学校・中学校時代の競技生活についてはインタビューで次のように話しています。

 

「小学生や中学生の頃は沢山の試合に出場して経験を積むこと、たくさんコースに出て実戦練習をすることを中心に取り組みました。その中でジャックバニージュニアゴルフツアーの試合にも出場し、全国大会でいろんな選手と回ることで経験も積むことができました。」

 

スポンサードリンク

 

大里桃子の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:熊本県 南関町立南関第一小学校

 

 

 

大里桃子さんの出身小学校は、地元南関町内の公立校の南関第一小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

父親もゴルフ経験があり県大会や九州アマチュアの予選大会に出場しています。

 

大里さんは8歳の時に父親と練習場に行ったことがきっかけでゴルフをはじめています。

 

当時はゴルフだけでなく、水泳とバスケットボール、ピアノも習っていました。

 

小さい頃から漠然と将来はプロゴルファーになりたいと思っていました。

 

 

なおゴルフをはじめた頃から父親がコーチで、プロ入り後もキャディーとコーチを務めています。

 

小学6年生だった2010年には熊本ゴルフ選手権熊日トーナメントがおこなわれて、小学生の部で大里さんが優勝をしています。

 

ちなみに同郷で同い年の勝みなみさんとは小学校時代からの知り合いですが、大里さんは当時の勝さんは「別格だった」とインタビューで話しています。

 

以上が大里桃子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

学生時代はライバルの勝みなみさんに遠く及びませんでしたが、プロ入り後に急成長して肩を並べています。

 

また美人プロゴルファーとして知られ、「かわいい」と話題になっています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ