ケミストリー川畑要の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|高校に進学しなかった!

 

人気デュオ「ケミストリー」の川畑要さんの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は川畑さんは高校に進学することなく、フリーター生活を送っていました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

川畑要(かわばた かなめ)

 

 

1979年1月28日生

身長173㎝

血液型はA型

 

東京都葛飾区出身のミュージシャン

ボーカルユニット「CHEMISTRY(ケミストリー)」のメンバー

本名同じ

 

以下では「ケミストリー」川畑要さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

川畑要の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:進学せず

 

川畑要さんは中学卒業後は、高校には進学していません。

 

そのため大学などにも進学していません。

 

中学卒業後は、アルバイトを転々としていました。

 

中学を卒業して数日後に、学校の体育館を借りて卒業ライブをおこなっています。

 

アルバイトは何をやっても続かずに焼き鳥屋を3日で辞めたり、Tシャツの印刷工場でもプリントをする機械を上手く扱うことができずにすぐに辞めています。

 

川畑さんは17歳の時に父親が失踪をしており、次のように話していました。

 

「17歳の頃に父が家を出て行って帰って来なくなった。あれから10何年会っていない」

 

川畑さんが悪いことをして迎えに来てくれた翌日に父親は家を出て行ったと話しており、当時のことについて次のように反省をしています。

 

「今考えると、父親をすごく一人にさせてしまった。一人の時間が続けば誰でも寂しいし。家を飛び出してしまおうという気持ちにさせてしまったのかなって思います」

 

川畑さんのこのコメントと母親の話題が一切出てこないことからも、父子家庭だったのかもしれません。

 

19歳の時に歌手を志してレッスンをはじめており、建築現場で肉体労働をしながらデモテープを音楽会社に送っていました。

 

20歳の時にASAYANの男子ボーカルオーディションに応募しており、当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「テレビ局に電話をしたら『東京ではやらない』と言われたので、大阪に飛んでいきました。当時、建築現場で働いていたので、給料を前借りして会場に行ったんです」

 

 

オーディションの進行具合については受けている本人もテレビで知っており、半年後にようやく連絡がきたそうです。

 

「1次審査から半年過ぎたくらいに番組から成城学園前に来てと言われて。そこにいたのが嘉邦でした。『お前はいると思ってた』って言われましたね」

 

そこで川畑さんははじめてこのオーディションがデュオを選ぶものだと聞かされて、2週間の山中湖合宿を知らされました。

 

 

川畑さんはこのタイミングで仕事を辞めて合宿に参加をしており、朝起きた瞬間からカメラを回し朝から晩まで歌い続けた2週間でした。

 

当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「当時、17歳ですでにライブもしていた音楽経験者もいた。だからなのか、圧がすごくてみんなピリピリしてましたね。僕はカメラの前でも顔や言葉に感情が出ちゃうタイプだったので(笑)」

 

そしてその後大阪ではじめてのライブを開催し合宿の成果を披露していますが、同じオーディションの参加者の堂珍嘉邦さんが圧倒的な人気で、その姿を見て落胆したこともあったようです。

 

とは言え最終的には「2人の化学反応を見てみたい」という理由で無事に合格をしています。

 

 

「CHEMISTRY」は2001年に「PIECE OF A DREAM」でメジャーデビューすると、楽曲はいきなりオリコン1位を記録しています。

 

その後もヒット曲を連発して、大ブレイクを果たしています。

 

 

2012年にいったん活動を休止してソロ活動を展開しますが、2017年にデュオとしての活動を再開しています。

 

川畑さんは2020年にYOUTUBEに個人の公式チャンネル「川畑要のYOUTUBEチャンネルKKTV」を開設しています。

 

 

こちらでは「歌ってみた」などの動画が人気になっています。

 

ケミストリー堂珍嘉邦の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

スポンサードリンク

 

川畑要の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 葛飾市立亀有中学校 偏差値なし

 

 

 

川畑要さんの出身中学校は、地元東京都葛飾区内の公立校の亀有中学校です。

 

中学時代はテニス部に在籍をしており、部活動に励んでいました。

 

当時は学校は好きだったそうですが、勉強嫌いだったことから宿題はしなかったそうです。

 

 

川畑さんはギターを弾き始めたきっかけについて次のように話しています。

 

「兄貴がハードなロック好きで、その影響で中一くらいのときに弾くようになったんです。」

 

なお勉強が嫌いだったことから、前記のように高校には進学せずにフリーター生活を送っています。

 

【主な卒業生】

アリアナさくら(ファッションモデル)

 

スポンサードリンク

 

川畑要の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

川畑要さんの出身小学校は、地元葛飾区内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の4校のいずれかの可能性が高そうです。

 

葛飾区立亀青小学校

葛飾区立道上小学校

葛飾区立白鳥小学校

葛飾区立上千葉小学校

 

兄が1人います。

 

父親はトラックの運転手でした。

 

父親は若い頃に歌手を目指しており、川畑さんは「結構怖い父親だった」と話しています。

 

子供の頃に玉置浩二さんに憧れており、はじめて人前で歌った曲が安全地帯の「ワインレッドの心」でした。

 

また子供の頃から大の目立ちたがり屋でした。

 

その一方で川畑さんは小学校時代から勉強が苦手で、国語と社会の成績が1だったことがありました。

 

以上が「ケミストリー」川畑要さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

デビュー後はいきなりヒットを連発して、人気アーティストになりました。

 

 

またソロ歌手としてもヒット曲をリリースしています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

ケミストリー堂珍嘉邦の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ