井上想良の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|テニスがすごかった!

 

俳優の井上想良さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は井上さんは進学校の出身ですが、高校時代はテニスで全国大会3位を記録したほどの腕前でした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

井上想良(いのうえ そら)

 

 

1998年8月12日生

身長178㎝

血液型はO型

 

大分県出身の俳優、タレント

本名は井上瑞樹(いのうえ みずき)

 

以下では井上想良さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

井上想良の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:中央大学 商学部 偏差値58(中の上)

 

 

 

井上想良さんは高校卒業後は、中央大学に進学しています

 

大学入学と同時に、地元大分県から上京をしています。

 

井上さんの将来の夢はプロのテニスプレーヤーだったことから、この大学でも体育会の硬式テニス部に在籍していました。

 

 

後述するように大学1年生の時には高校時代から交際していた女子がおり、地元の大分県と遠距離恋愛だったことから何かと理由をつけて地元に帰っていたそうです。

 

しかし井上さんが大学2年生になり彼女も上京してきて距離が近くなったことで、今まで見えていなかった悪い部分まで見えるようになり破局しています。

 

「彼女も大学から東京に来てくれたんですけど、逆に遠かったのが近くなると見えていなかったことまで見えてきたからか、大きな原因があったわけじゃないんですけど別れてしまいました」

 

井上さんは芸能界に興味を持ったきっかけについてインタビューで次のように話しています。

 

「大学進学でこっちに出てきたのですが、入部したテニス部があるスポーツメーカーと契約をしていて、たまたまそこのモデルをやらせてもらったことが、こういう活動に触れた最初のきっかけです。」

 

 

このモデル活動をした際に「自分はこういうことがしたい」とはっきりと感じたそうで、芸能界を目指すようになったそうです。

 

ただし当初は数々のオーディションを受けていいところまでいったそうですが、どうしても結果が出なかったと述べています。

 

 

大学3年生だった2019年に雑誌「Street Jack」とワタナベエンターテイメントカレッジが行った合同オーディション「DJ WEBモデル」で初代グランプリに輝いています。

 

そして養成所の「ワタナベエンターテインメントカレッジ」に、特待生として入学しています。

 

 

ちなみに「ワタナベエンターテインメントカレッジ」は、俳優の志尊淳さんや山田祐貴さんらを輩出しています。

 

また芸能界入りしたことで、大学のテニス部は退部してしまったようです。

 

井上さんは翌年2020年2月に放送されたテレビドラマ「ファーストラヴ」で俳優デビューを果たしました。

 

さらにWEBドラマの「7時45分の君」にも出演しています。

 

 

井上さんは俳優を目指した理由についてインタビューで次のように話しています。

 

「悲しいときとか辛いときとかに自分を支えてくれたのがドラマや映画でした。観ているときに嫌なことを忘れてのめり込めたので、僕みたいな人を笑顔にさせられたり拠り所になれる俳優になりたいと思って芸能界を目指しました。」

 

またWEBドラマの「シンデレラはオンライン中!」のレギュラーとして起用されています。

 

 

そして大学4年生だった2021年2月から放送された恋愛リアリティー番組「恋とオオカミには騙されない」に出演し注目を集めました。

 

 

井上さんの将来の夢は俳優として日本アカデミー賞を受賞することだとインタビューで話しています。

 

今後はメディアへの出演も増えそうなので楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

井上想良の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:大分県 大分舞鶴高校 偏差値68(難関)

 

 

 

井上想良さんの出身高校は、県立の共学校の大分舞鶴高校です。

 

この高校は1951年開校の県立高校で、地元では古くからの進学校として知られています。

 

また部活動が盛んで、ラグビー部やカヌー部が全国大会の常連です。

 

同校には以下の2つの学科を設置していますが、井上さんは大学は文系の学部に進学しているので普通科に在籍した可能性が高そうです。

 

理数科:偏差値68

普通科:偏差値68

 

井上さんはこの高校に一般受験で合格しており、高い学力を有していました。

 

高校時代も硬式テニス部に在籍しており、部活動に励んでいました。

 

 

ちなみに当時のこの高校の硬式テニス部は、九州でも屈指の強豪のひとつでした。

 

井上さんは高校1年生の頃から、インターハイのシングルスに出場するほどの実力でした。

 

また高校時代には全国選抜大会で3位の成績を残しました。

 

ただし高校2年生の時にはケガで1年ほど離脱した経験もありました。

 

 

テニスのサーブのスピードは200kmも出るそうです。

 

そのため高校時代は「超攻撃的」なプレースタイルでした。

 

井上さんは高校3年生から地元の1歳年下の女子と交際をしていたそうで、振り返ってみるとこれが「本気の恋」だったそうです。

 

しかしインタビューでは高校時代は優先順位が恋愛よりもテニスだったことも明かしています。

 

ちなみに井上さんは当時からファッションに興味がありましたが、高校時代は芸能界には興味はなかったそうです。

 

当時の夢はプロのテニスプレーヤーになることでした。

 

【主な卒業生】

南こうせつ(シンガーソングライター)

 

スポンサードリンク

 

井上想良の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学:大分県 大分大学教育学部附属中学校 偏差値65(難関)

 

 

 

井上想良さんの出身中学校は、国立の大分大学教育学部附属中学校です。

 

この中学校は1949年開校の国立中学校で、大分県内では最難関の中学校として知られています。

 

井上さんは出身中学校を明らかにしていませんが、中学時代の大会記録からこの中学校の出身者であることが明らかになっています。

 

なおこの中学校の系列の小学校に通学していたことから、同校には内部進学で進んでいます。

 

井上さんは中学時代もテニス部に在籍していました。

 

地元大分県内の中学生テニス選手権大会などにも出場しており、好成績を収めていたそうです。

 

中学3年生の時には「第12回大分県中学生テニス選手権大会」の団体戦で優勝を飾っています。

 

井上さんは中学時代からファッションに興味を持っており、人と違う格好をしたいと思っていたそうです。

 

なおこの中学校には系列の高校がないので、井上さんは高校受験をして前記の高校に進学しています。

 

【主な卒業生】

宮崎美子(タレント)

 

井上想良の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:大分県 大分大学教育学部附属小学校

 

 

 

井上想良さんの出身小学校は、国立の大分大学教育学部附属小学校です。

 

小学校時代のテニスの大会記録から、この小学校の出身者であることが判明しています。

 

家族構成は両親と弟2人の5人家族です(3兄弟の長男)。

 

母親は芸能界に入ることを応援してくれていたそうですが、父親は少し微妙な反応だったそうです。

 

また弟は2歳年下と4歳年下で自身のSNSに一緒にご飯を食べに行った姿を載せていることからも、とても仲が良いことが分かります。

 

井上さんは3歳の頃からテニスをはじめており、プロのテニスプレーヤーを目指していました。

 

またテニスと同時にサッカーも小学生の頃から8年間やっていたことから、特技の一つとして挙げられています。

 

ちなみに子供の頃から運動神経が非常によく、スポーツは全般的に得意です。

 

また小学校時代から勉強もできました。

 

以上が井上想良さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代に俳優としてデビューしましたが、「恋とオオカミくんには騙されない」への出演でにわかに大きな注目を集めています。

 

 

そのため以降はメディア出演も増えていきそうです。

 

今後のさらなる活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ