柴田理恵の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃の画像

 

女優の柴田理恵さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。タレントとしても数々のバラエティ番組に出演している柴田さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします

 

柴田理恵(しばた りえ)

 

 

1959114日生

身長156

血液型はB型

 

富山県八尾町出身の女優、タレント

本名同じ

 

以下では柴田理恵さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1981年に佐藤B作が主宰する劇団「東京ヴォードヴィルショー」に入団。 

1984年に脱退し、久本雅美らと劇団WAHAHA本舗を立ち上げる。

以降は看板女優として多くの舞台に出演。 

1985年の「勝手に!カミタマン」でドラマ初出演。 

1987年の「ウエルター」で映画初主演。 

以降も多くの作品に出演し、テレビドラマの代表作は「美少女仮面ポワトリン」や「7人の女弁護士」、「ひよっこ」など。 

1990年代からタレントとしてバラエティー番組への出演が増えて、「笑っていいとも!」や「今夜は最高」、「ウォンテッド」などでレギュラーを務めた。 

2006年の「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」でハリウッド映画デビュー。

私生活では1987年にWAHAHA本舗の舞台監督の男性と結婚した。

 

柴田理恵の学歴~出身大学(明治大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:明治大学 文学部演劇学科 偏差値57(当時・中の上)

 

 

 

柴田理恵さんは高校卒業後は、明治大学に進学します。

 

在籍した文学部演劇学科は現在の偏差値は62程度ですが、当時はそこまで高くありませんでした。

 

柴田さんは芝居をやりたくて東京の大学に進学したいと思いましたが、親は認めてくれないと思ったことから教師になりたいからという理由で説得しました。

 

大学時代は演劇研究部に在籍をしています。

 

 

後に結婚をして夫となる男性もこの大学の同級生で、演劇研究部に在籍をしていました。

 

大学入学後はたくさんのお芝居を見て勉強しようと思っていたものの、実際に上京をすると圧倒されてしまい縮こまってしまいました。

 

当時はとにかく何を見てもすごかったと語っています。

 

演劇部では先輩を真似して大道具を使ったり、新人だけで別役実さんの作品をやったりしており、これはこれで楽しかったと当時を振り返っています。

 

またほかの部員と共にアメリカに1ヶ月間ほど滞在をして、ニューヨークなどでミュージカルを観劇しました。

 

そして大学4年生の時に「劇団東京ヴォードヴィルショー」に入団しています。

 

またこの頃に同級生が進路で悩み始めており、そんな時に柴田さんは先輩から「数年先の自分の姿を想像してみるといいよ」と言われました。

 

当時は芝居の道に進むのであれば、一生アルバイト暮らしも覚悟しなければいけない時代で現在のようなテレビ出演などは考えられませんでした。

 

芝居を選択するということはたくさん諦めなければいけなかったようです。

 

しかし柴田さんの芝居をしたいという気持ちは変わらなかったそうで、このことについては次のように話しています。

 

「貧乏でも芝居を続けるか、まともな職に就いて普通の暮らしをするか?。自がどっちに比重を置いて生きる人間かを考えてみましたが、やっぱり一生芝居で生きようという考えは変わらなかった」

 

このように柴田さんは大学時代に舞台女優として活動を開始していますが、学業とも両立させて大学はキッチリと卒業しています。

 

25歳だった1984年に「劇団東京ヴォードヴィルショー」の同僚だった久本雅美さんらと「WAHAHA本舗」を立ち上げています。

 

 

するとそのコメディアスな舞台がウケて徐々に人気劇団となっていきます。

 

また同時期からテレビドラマにも出演しはじめています。

 

 

1990年代前半からバラエティ番組に出演しはじめると、盟友の久本さんとともに数々のテレビ番組に引っ張りだこの人気タレントになっています。

 

 

今後の活動にも期待ですね。 

 

スポンサードリンク

 

柴田理恵の学歴~出身高校(富山県立八尾高校)の詳細

 

出身高校:富山県 八尾高校 偏差値53(普通)

 

 

 

柴田理恵さんの出身高校は、県立の共学校の八尾(やつお)高校です。

 

この高校は1922年開校の中堅県立高校です。

 

また同校は部活動が盛んで、特にボート部は全国的な強豪として知られています。

 

柴田さんは高校時代は演劇部に在籍をしており、当時から女優を志していました。

 

 

この演劇部では「夕鶴」などばかり見ていたことから面白くないと感じていました。

 

柴田さんはせっかく演劇をするのであればいろんなものが見たいと思い、「労演」という組織に入って新劇を楽しんでいたと当時を振り返っています。

 

そんな風に過ごしているうちに演劇への興味がますます沸いていったといいます。

 

そしてたまたま白石加代子さんの舞台を見る機会があり、芝居に感激をして憧れるようになりました。

 

この時に「東京に出て芝居をちゃんと見てみたい」と思ったことを明かしています。

 

また高校生の頃には交際している男子がいました。

 

加えて柴田さんは高校時代は渡哲也さんに憧れていたことから、サングラスをかけていました。

 

スポンサードリンク

 

柴田理恵の学歴~出身中学校(八尾町立八尾中学校)の詳細

 

出身中学校:富山県 八尾町立八尾中学校 偏差値なし

※現在は富山市立八尾中学校

 

 

 

柴田理恵さんの出身中学校は、地元富山県八尾町内の公立校の富山市立八尾中学校です。

 

中学生の頃には副学級委員長を務めていました。

 

中学生のころに学校で登山をして、山小屋で1泊したときに同級生と話しているうちに周囲がモノマネをしはじめました。

 

柴田さんは笑いながら見ているだけでしたが、友人から何かやってほしいとと頼まれて、山本リンダさんのモノマネをしたところウケたようで、自分が楽しくすると周囲も喜ぶことを知ったと言います。

 

それからは人前で何かすることを楽しいと思うようになり、学芸会なども積極的に取り組むようになりました。

 

柴田理恵の学歴~出身小学校(八尾町立八尾小学校)の詳細

 



 

出身小学校:富山県 八尾町立八尾小学校

※現在は富山市立八尾小学校

 

 

 

柴田理恵さんの出身小学校は公立の富山市立八尾小学校です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

母親の実家が旅館を営んでいたことから、柴田さんの育った富山市八尾町では「おわら風の盆」の時期には非常に忙しく、柴田さんも旅館の手伝いをしていたほどでした。

 

なお母親は元教師でした。

 

 

また冬場はかなり雪が積もる地域だったことから、スキー場に行かなくても道でスキーができたと当時を振り返っていました。

 

小学生の頃は学級委員長を務めていました。

 

またこの頃の将来の夢は客室乗務員になることでした。

 

柴田さんは運動会のときにはいじめられるほど、運動が苦手でした。

 

以上が柴田理恵さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

現在でも精力的にメディアに出演しており、息の長い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ