山内惠介の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値|勉強もできた!

 

演歌歌手の山内惠介さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「演歌の貴公子」と呼ばれる山内さんですが、実は進学校の出身者で勉強も得意でした。学生時代のエピソードや情報、当時の画像なども併せてご紹介いたします

 

山内惠介(やまうち けいすけ)

 

%e5%b1%b1%e5%86%85%e6%83%a0%e4%bb%8b

 

1983531日生

身長178

血液型はO型

 

福岡県前原町出身の演歌歌手

本名同じ

 

以下では山内惠介さんの学歴と経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

高校1年生だった1999年に作曲家の水森英夫にスカウトされて、月一度のレッスンを受けた。 

20014月に「霧情」でデビュー。 

2009年の「風連湖」がロングランヒットし、知名度を上げる。 

2013年に「曽根崎心中」で舞台初出演。 

2014年の「恋の手本」がオリコン9位となる大ヒット。 

2015年に紅白歌合戦に初出場。

 

山内惠介の学歴~出身高校(福岡県立筑前高校)・大学の詳細・勉強もできた!

 

スポンサードリンク

 

出身高校:福岡県 筑前高校 偏差値62(やや難関)

※通信制高校に転校

 

 

 

山内惠介さんの出身高校は、県立の共学校の筑前高校です。

 

この高校は1980年開校の県立高校で、校則が厳しいことで知られています。

 

山内さんはこの高校に一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなっていませんでした。

 

高校1年生の時に叔父が勝手に応募をしたカラオケ大会に出場をしており、優勝をして審査員として参加していた作曲家の水森英夫さんの目に留まりスカウトをされています。

 

%e5%b1%b1%e5%86%85%e3%80%80%e9%ab%98%e6%a0%a1%e6%99%82%e4%bb%a3

 

山内さんは一刻も早くデビューをしたいと考えていましたが、水森さんからは「高校を卒業しないとダメ」と言われており、当初は年に数回ほど東京に行きレッスンをするという形で決まっていました。

 

しかし高校2年生の時にオーディションを受けたところ合格をしてデビューが決まっており、単身上京をしています。

 

【主な卒業生】

椎名林檎(シンガーソングライター)

 

そのため山内さんは別の高校に転校していますが、転校先の高校は不明です。

 

ちなみに転校先の高校は通信制高校であることをインタビューで述べています。

 

 

山内さんは高校3年生だった2001年4月に、ファーストシングル「霧情」でメジャーデビューを果たしています。

 

 

しかしそれからはなかなか結果が出ないという大きな壁にぶち当たってしまっており、このことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「スタッフの人たちともコミュニケーションが上手く取れなくなり、殻を閉ざしてしまった貝のように無口で暗い毎日を送っていました。まだ高校3年生の子どもでしたから、きっと東京に出てきてから反抗期になったのかもしれませんね(笑)。」

 

通常であれば水森さんに弟子入りをすると4~5年ほどは内弟子生活をしますが、山内さんにはその経験がなかったことから「もっと修業を積んだほうがよかったのかな」と悩むこともあったといいます。

 

山内さんは歌うことをやめてしまいたいと考えたこともありましたが、自分から歌を取ると何も残らないと思ったようです。

 

またデビューから6年ほどは両親と連絡を絶っており、このことについてはインタビューで次のように振り返っています。

 

「うまくいっていない時というのは故郷には帰りづらいもので、その頃は家族との連絡も断っていました。」

 

なお山内さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、芸能活動に専念しています。

 

トントン拍子にデビューしたにも関わらず、なかなか売れずに不遇の時代は続きました。

 

26歳になった2009年にリリースした「風連湖」がヒットして日の目を見ることになりますが、スカウトされてから10年の月日が流れていました。

 

 

それでも以降は数々のヒット曲をリリースして、「演歌の貴公子」の異名をとることになります。

 

 

また2015年にNHK紅白歌合戦に初出場していますが、以降は常連になっています。

 

 

2020年にはYOUTUBEに個人の公式チャンネルを開設しています。

 

 

こちらでは趣味の料理の動画が人気になっています。

 

スポンサードリンク

 

山内惠介の学歴~出身中学校(糸島市立前原西中学校)の詳細

 

出身中学校:福岡県 糸島市立前原西中学校 偏差値なし

 

 

 

山内惠介さんの出身中学校は、地元福岡県糸島市内の公立校・糸島市立前原西中学校です。

 

中学時代は水泳部に在籍をしていましたが、団体での練習が苦手だったことから部活動には参加せずに幽霊部員の状態だったといいます。

 

山内さんは子供のころから他人と競い合うことが苦手だったため、大会やコンクールも好きではありませんでした。

 

とは言え小学生に入る前から演歌を歌いはじめ、中学生の頃にはかなりの腕前だったそうです。

 

ただし当時友人とカラオケに行った際には最初から演歌は歌うことができずに、帰る間際に歌っていましたが演歌を歌う友人はいなかったため引かれていたと振り返っています。

 

【主な卒業生】

篠田麻里子(AKB48)

 

スポンサードリンク

 

山内惠介の学歴~出身小学校(糸島市立前原小学校)の詳細

 



 

出身小学校:福岡県 糸島市立前原小学校

 

 

 

山内惠介さんの出身小学校は、地元糸島市内の公立校・糸島市立前原小学校です。

 

家族構成は両親と兄2人の5人家族です(3人兄弟の末っ子)。

 

 

兄弟とは気持ち悪いくらい仲が良いと話しており、一緒に飲みに行ったりカラオケに行くこともあるとのことです。

 

山内さんは音楽が身近にある環境で育っており、母親は懐メロや歌謡曲、父親はオールディーズが好きでした。

 

小学校時代は放送部に在籍しており、声が個性的だと言われていたため将来は歌手かアナウンサーになりたいと卒業文集に書いたことを明かしています。

 

また美空ひばりさんが好きだった母親の影響で幼少期から演歌を歌っており、小学生の時にはすでに声を活かした職業に就きたいと考えていたようです。

 

山内さんは小学校時代から6年間スイミングスクールに通っていました。

 

山内さんは意外にも音楽の授業が一番苦手でした。

 

その理由についてはどんな曲にも小節を回してしまうため目立ってしまい、先生から周りと合わせてと注意されたこともあったからだったようです。

 

ちなみに山内さんが初めて買ったCDは演歌ではなく、中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」でした。

 

 

以上が山内惠介さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校生でデビューしたものの、売れるまでにかなりの時間がかかっています。

 

しかし現在では同郷の氷川きよしさんらと並び、国内でも有数の人気を誇る男性演歌歌手となりました。

 

 

末永く活躍してもらいたいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ