彩青の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

2019年にデビューして「銀次郎 旅がらす」や「津軽三味線ひとり旅」などのヒットを連発している彩青さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。彩青さんは学生時代からすごい実績がありました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

彩青(りゅうせい)

 

 

2002829日生

身長166

血液型はA

 

北海道岩見沢市出身の演歌歌手

本名は横田彩青(よこた りゅうせい)、別名義は三橋彩青

 

以下では彩青さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

彩青の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:北海道 岩見沢緑陵高校(中退) 偏差値4748(やや容易)

 

 

 

彩青さんが入学したのは、市立の共学校の岩見沢緑陵高校です。

 

この高校は1974年開校の公立校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

また同校は以下の3つのコースを設置していますが、彩青さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

情報コミュニケーション:偏差値48

普通:偏差値48

スポーツ総合:偏差値47

 

彩青さんは若くして芸能界入を果たしましたが、デビュー前は地元の高校に通い学業と歌手活動の両立に努めていました。

 

ただしデビューを控えた201812月に、上京するためにこの高校を中退しています。

 

そのため高校は8か月間しか通学していません(高校1年で中退)。

 

また上京後も別の高校に編入などはしていないようです。

 

そのため大学に進学することもないでしょう。

 

上京後は「カラオケバトル」に出場して知名度を上げています。

 

 

そして16歳だった20196月にシングル「銀次郎 旅がらす」で歌手デビューを果たします。

 

 

デビューの際には師匠の細川たかしさんは次のようにコメントしています。

 

「このたび、私の2番弟子をデビューさせます。16歳という、大変若い、小さい時から民謡をやって、三味線と尺八も演奏するという、天才と言っても過言ではないでしょう。こういう若い子が歴然と出てくるんだなと、実感しています」

 

このコメントでわかるようにかなりの期待を背負っていることが窺えます。

 

 

こうして芸能界の道を歩みだした彩青さんを、高校生時代を共に過ごしてきた同級生たちは応援してくれているようで、学校祭で「銀次郎 旅がらす」をかけてくれたことをツイッターで報告しています。

 

 

その甲斐もあってか、この年の12月には日本レコード大賞新人賞を受賞しています。

 

 

細川たかしさんの秘蔵っ子で演歌の新星ですから、今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク

 

彩青の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:北海道 岩見沢市立東光中学校 偏差値なし

 

 

 

彩青さんの出身中学校は、地元岩見沢市内の公立校の東光中学校です。

 

後述するように彩青さんは小学生時代に細川たかしさんの元に弟子入りしており、中学生時代も民謡に精進しています。

 

ちなみに細川さんは今後は弟子をとらないことを表明しており、彩青さんが最後の弟子にあたります。

 

中学1年生だった2015年には「民謡日本一決定戦コンクール中学生の部」で優勝するなど、中学時代も数々の賞を受賞しており当時からかなりの実力の持ち主であったようです。

 

また中学校を卒業した際には、東京の浅草公会堂で開催される細川たかしさんと長山洋子さんのステージに出演しています。

 

彩青の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:北海道 岩見沢市立東小学校

 

 

 

彩青さんの出身小学校は、地元岩見沢市内の公立校の東小学校です。

 

ちなみに「彩青(りゅうせい)」という名前は、芸名ではなく本名で生まれた年にサッカーの日韓ワールドカップが開催されていたので、日本代表の「サムライブルー」にちなんで命名されています。

 

彩青さんは5歳の時から民謡をはじめ、7歳の頃には津軽三味線も習いはじめています。

 

転機が訪れたのは、彼がまだ11歳の小学生の頃でした。

 

今となっては大御所演歌歌手である細川たかしさんの愛弟子として、世間にその名が知られていますが、実は彩青さんが細川たかしさんに頼み込み弟子入りさせてもらったわけではありません。

 

その弟子入りのきっかけとなったのが、「関ジャニの仕分け∞」内のコーナー「歌うまキッズ」に出場した際でした。

 

 

このコーナーは、将来の歌手候補である子供たちが全国のオーディションを勝ち抜き対戦するといったものです。

 

彩青さんも参加しテレビ出演で披露した際には、あまりの歌の上手さに関ジャニ∞のメンバーも驚いた様子でしたが、ここで一番驚き感銘を受けたのはゲスト出演していた「細川たかし」さんでした。

 

その歌声を聞いた細川たかしさんは、彩青さんの民謡的な節回しと声の伸びに可能性を感じ、歌声に惚れ込んだといいます。

 

そして、実力はプロが認めるほどでも、まだあどけなさが残る当時11歳の彩青さんに対して「うまく声変わりを乗り越えたら、俺の弟子になってくれ」と直々に頼みこんだといいます。

 

その後、彩青さんは無事に声変わりを経て細川たかしさんの愛弟子としてデビューを果たすことになります。

 

そんな彩青さんに細川たかしさんは、「俺の後を継げる」とまで述べており、それほど彩青さんの実力を見込み、信頼し、誰よりも期待を込めていることがうかがえます。

 

また、彩青さんは細川たかしさんの弟子になり約5年間にわたり演歌を学びましたが、同時に尺八も本格的に始めています。

 

というのも、彩青さんの実力は歌唱だけでなく津軽三味線も当時からかなりの腕前だったといいます。

 

もはや演歌歌手も三刀流という新たな時代が始まったのかもしれませんね。

 

以上が彩青さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

演歌歌手としてはデビュー曲もヒットして、順調な滑り出しを見せています。

 

 

また、彩青さん自身も「自分の歌で世界中の人を元気にしたい」 と述べており、若くエネルギッシュなパワーでこれからも大いに活躍し羽ばたいてくれることでしょう。

 

今後の活躍にも目が離せませんね!

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ