鍵山優真の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

フィギュアスケート選手の鍵山優真さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りします。かわいいと評判の鍵山さんですが、どのような学生生活を送ってきたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

鍵山優真(かぎやま ゆうま)

 

 

2003年5月5日生

身長160㎝

血液型はO型

 

神奈川県横浜市出身のフィギュアスケート選手

 

以下では鍵山優真さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

鍵山優真の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:通信制 星槎国際高校 横浜鴨居学習センター 偏差値なし

 

 

 

鍵山優真さんの出身高校は、通信制の星槎(せいさ)国際高校です。

 

同校は北海道の芦別市に拠点があり、札幌や横浜、大阪など全国に幅広くキャンパスを設置している通信制の高校です。

 

ダンサーの菅原小春さんや総合格闘家の武尊さんらもこの高校の卒業生です。

 

鍵山さんは中学時代から既に国際大会に出場していたので、競技に専念するために通信制高校に進学したのでしょう。

 

 

鍵山さんは勉強も真面目におこなっており、レポートなども丁寧に取り組んでいます。

 

また高校では体操選手の岡慎之介さんと一緒に勉強をしたりするようです。

 

高校1年生だった2019年4月に「第42回リリーカップカナガワ 神奈川県フィギュアスケートフリー選手権大会」では、3月に練習で成功させたばかりの4回転トウループを成功させており、試合では初の4回転成功となりました。

 

鍵山さんは小学生高学年の頃から佐藤駿さんとはライバルのような関係で、4回転を習得したことについてインタビューで次のように話しています。

 

「駿君は、昨季からスピンも表現力も一気に上手くなってきました。僕は、駿君や、2つ下の三浦佳生君が4回転を跳んでいるのを見て、『自分も負けていられない』と思って4回転の練習を始めました。」

 

 

同年11月に開催された「JOCジュニアオリンピックカップ大会/第88回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会」では、見事に金メダルを獲得しています。

 

2020年1月の「第3回ユースオリンピック冬季競技大会」でも金メダルを獲得しています。

 

 

鍵山さんは大会でメダルを獲得すると高校の先生に報告に行くようで、この2大会の優勝も報告済みでした。

 

高校側も鍵山さんの活躍を応援しているため、校内に張り紙をして紹介してくれています。

 

さらに同年11月に開催されたシニアの「NHK杯国際フィギュアスケート競技大会」で1位を獲得しています。

 

 

この年のNHK杯は新型コロナウィルスの影響で日本人選手のみの参加ですが、シニアのGPシリーズで優勝を飾ったのは見事でしょう。

 

 

そして同年12月に全日本選手権に出場し、3位という結果を残しています。

 

 

この大会では1位が羽生結弦さん、2位が宇野昌磨さんといった実力者ですから、鍵山さんの今後の夢も膨らみそうです。

 

 

鍵山さんは今後の目標については完璧な選手になることだそうで、「すべてのエレメンツが揃って、そのうえでうまいと言われること」だと挙げています。

 

なお鍵山さんは2021年の時点でインタビューなどで大学進学を明言していません。

 

とは言えこのところフィギュアスケート選手は大学に進学する傾向が高いので、大学進学の可能性も十分にありそうです。

 

このあたりは何か判明したら追記しておきます。

 

スポンサードリンク

 

鍵山優真の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 横浜市立六角橋中学校 偏差値なし

 

 

 

鍵山優真の出身中学校は、横浜市内の公立校の六角橋中学校です。

 

鍵山さんは小学生まで長野県軽井沢で過ごしており、中学1年生になるときに神奈川県横浜市に引っ越しこの中学校に入学しました。

 

中学時代に注目されることになる鍵山さんですが、当初は思うような結果が残せませんでした。

 

中学1年生だった2016年の全日本ジュニア選手権では11位。

 

翌年の全日本ジュニア選手権では12位に終わっています。

 

ところが中学3年生の時に急激に進化を遂げます。

 

 

中学3年生だった2018年8月に自身初の国際大会「2018年アジアフィギュア杯」では1位を獲得しています。

 

また同年にジュニアグランプリシリーズのアルメニアン杯で2位、全日本ジュニア選手権では5位となり、推薦枠を勝ち取って出場した全日本選手権で6位入賞を果たし新人賞を獲得しています。

 

このような活躍でフィギュアスケート選手として大きな注目を集めます。

 

 

鍵山さんは中学を卒業する際にはインスタグラムに次のような投稿をしています。

 

 

【主な卒業生】

ムロツヨシ(俳優)

山本リンダ(歌手)

羽賀龍之介(柔道日本代表)

 

スポンサードリンク

 

鍵山優真の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:長野県 軽井沢町立軽井沢中部小学校

 

 

 

鍵山優真さんの出身小学校は公立の軽井沢町立軽井沢中部小学校です。

 

鍵山さんは入学したのは富山県の小学校のようですが、小学3年生の時に軽井沢中部小学校に転校しています。

 

出生地は神奈川県横浜市です。

 

家族構成は両親と姉と弟の5人家族です。

 

父親はコーチでもあり、1992年アルベールビルオリンピックと1994年リレハンメルオリンピックフィギュアスケートの2大会に、日本代表として出場経験がある鍵山正和さんです。

 

 

鍵山正和さんは日本人ではじめて4回転ジャンプを成功させた選手としても知られています。

 

また姉と弟もフィギュアスケートの経験があるようです。

 

鍵山さんは父親の職場だった富山スケートセンターについて行き、滑っているうちに楽しくなり5歳の時から本格的にスケートをはじめました。

 

以降はほぼ毎日リンクに立って、父親の指導を受けています。

 

 

また小学校時代はフィギュアスケートだけではなく、ジャズダンスも習っていました。

 

12歳の時に2015年全日本ノービス選手権に出場した際に、佐藤駿さんらのライバルに負けて4位となって表彰台に乗れなかったときに悔しくて本気で練習しようと思ったそうです。

 

 

当時は佐藤にさんのことは「一生勝てねえ、と思った。手の届かない存在」と見上げる日々が続いたそうです。

 

また鍵山さんはそれまではただ単純にフィギュアスケートが好きという感情だけでやっていたとインタビューで話しています。

 

以上が鍵山優真さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

父親もオリンピックに出場したサラブレッドですが、中学3年生の頃にようやく頭角を現しています。

 

その後の進化も著しく、羽生結弦さんや宇野昌磨さんに迫る存在になっています。

 

 

順調ならば将来は日本の男子フィギュアスケート界をけん引していく存在になりそうです。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ