本田望結の学歴|出身中学校高校や小学校の偏差値と学生時代

フィギュアスケート選手でありながら女優やタレントとして活躍している本田望結さんの中学校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。本田さんはどのような学生生活を送っているのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

本田望結(ほんだ みゆ)

 

 

2004年6月1日生

身長158㎝

血液型はO型

 

京都府京都市出身のフィギュアスケート選手、女優

兄は本田太一、姉は本田真凛(いずれもフィギュアスケート選手)

 

以下では本田望結さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

本田望結の学歴~出身中学校詳細

 

スポンサードリンク

 

出身中学校:大阪府 関西大学中等部 偏差値64(やや難関)

 

 

本田望結さんが入学したのは、私立の共学校の関西大学中等部です。

 

この中学校は2010年開校の新しい学校ですが、関西の名門私大の関西大学の系列校ということで開校当初から難易度が高くなっています。

 

また同校のフィギュアスケート部は強豪の関西大学のスケートリンクを使用できるなど練習環境が優れており、当初から有力選手が入部しています。

 

本田さんのきょうだいの太一さんや真凛さん、宮原知子さんなどもこの中学校のスケート部の出身です。

 

本田さんは小学校時代からフィギュアスケートと芸能活動の二刀流で知られていましたが、中学校に進学した際にも今後もどちらも継続していくことを明言しています。

 

 

またその際には「どちらかをやめるとしたら両方やめる」といったショッキングな発言をインタビューで述べています。

 

「たとえばスケートが嫌いになるんだったら、お芝居もやめるっていう気持ちでこれまでやってきました。だから、もしどちらかを嫌いになってやめるとしたら、どちらかではなく両方やめると思います」

 

そのためフィギュアスケートに芸能活動、そして学業に頑張っています。

 

ただし弱音などは一切吐かずに、「大変とか、つらいとかない」と殊勝にコメントしています。

 

ちなみに得意科目は国語と体育です。

 

なお中学進学後は女優としての活動は抑え気味で、中学1年生だった2018年2月に連続ドラマ「バイプレーヤーズ」に出演した程度です。

 

 

その反面タレント活動は積極的におこなっており、「ZIP!」や「ダウンタウンDX」、「ケンミンショー」などのテレビ番組に出演しています。

 

 

そしてフィギュアスケート選手としては中学校2年生だった2018-19のシーズンでは、全日本中学校スケート大会で総合9位、全日本ジュニアが総合12位の成績を残しています。

 

 

当時の本田さんの目標は「全日本ジュニアに出場すること」としていたことから、目標はクリアできたようです。

 

ただし中学3年生の2019年11月の西日本ジュニア選手権で17位に終わったことから、3年連続の全日本ジュニアへの出場を逃がしています。

 

スポンサードリンク

 

本田望結の学歴~進学先の高校はどこ?

 

本田望結さんは順当にいけば2020年3月に関西大学中等部を卒業して、高校に進学することになります。

 

気になる進学先の高校ですが、現時点では中学校の系列校の関西大学高等部(偏差値66・難関)に進学するのが濃厚です。

 

 

2019年現在でフィギュアスケートと芸能活動の「二刀流」を継続するスタンスなので、お兄さんやお姉さんも進学した強豪の関西大学高等部のフィギュアスケート部に入部すると思われます。

 

仮にもし芸能活動に専念するならば、首都圏の高校であれば堀越高校のトレイトコース(偏差値37)や目黒日本大学高校(旧日出高校)の芸能コース(偏差値42)などが考えられます。

 

また大阪の高校としては、このところ関西ジャニーズJr.のメンバーやNMB48のメンバーが進学するケースの多い大阪学芸高校の特技コース(偏差値45)も考えられます。

 

しかし本田さんはここまで学業もしっかりおこなうというスタンスであることからこれらの高校に進学する可能性はかなり低いと思われます。

 

また系列の関西大学高等部も芸能活動を容認していることから、女優やタレントとして活動するにあたっては何らの障害はないはずです。

 

そのため現時点では本田さんの進学先としては同校がもっとも有力と考えられます。

 

本田望結の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:大阪府 関西大学初等部

 

 

本田望結さんの出身小学校は、私立の共学校の関西大学初等部です。

 

この小学校も2010年4月に開校していますが、本田さんは1期生として入校しています。

 

ちなみにお姉さんの真凛さんは当初は京都市内の公立小学校に通学していましたが、この小学校の開校とともに編入しています。

 

家族構成は両親と5人きょうだいの7人家族です。

 

 

兄の太一さんと次姉の真凛さんはフィギュアスケート選手、妹の紗来さんは子役とフィギュアスケート選手の二刀流です。

 

ただでさえお金がかかるフィギュアスケートを4人もやっていることから、実家はお金持ちとされますが事実のようです。

 

実は本田さんの祖父は年商20億円を超える会社の経営者で本田家のきょうだいを金銭的にサポートしており、本田さんの父親もこの会社の役員です。

 

ちなみに祖父が経営する会社は精密機器の製造やメンテナンスなどをおこなっている「丸一商事株式会社」と言われています。

 

本田さんは2歳の頃からアイスホッケーをはじめて、4歳の頃からきょうだいの影響でフィギュアスケートをはじめています。

 

ちなみに子供の頃から運動神経が抜群によく、小学校時代はバレエや新体操、水泳などもおこなっています。

 

また足も速く、運動会の徒競走では常に1位だったとのこと。

 

ただしなぜか本田さんは自転車には乗ることができません。

 

加えて幼少期から「テアトルアカデミー」に通学しており、人気子役の鈴木福さんと同じクラスでレッスンを受けていました。

 

 

4歳の時に「StyleONE」のCMで子役としてデビューしています。

 

そして7歳だった2012年にテレビドラマ「家政婦のミタ」に出演して子役女優として注目を集めています。

 

 

そのため翌年からはBSの子供向け番組「モジーズ&YOU」にレギュラー出演しています。

 

 

さらに11歳だった2015年には「ポプラの秋」で映画に初主演しています。

 

小学校を卒業直前の2017年1月にはスペシャルドラマ「探偵少女アリサの事件簿」でテレビドラマにはじめて主演しています。

 

 

このように小学校時代の本田さんは売れっ子だったことから、「日本一忙しい小学生」と呼ばれていました。

 

フィギュアスケートでは小学校時代にはもっともレベルの高い「全日本フィギュアスケートノービス選手権」に4年連続で出場しており、小学校6年生の時にはこの大会の最高成績の6位となってはじめて入賞しています。

 

 

なお小学校時代は子役としての活動にウエイトを置いていましたが、小学校6年生の時に「スケートもちゃんとやろう」と決意したことをインタビューで述べています。

 

以上が本田望結さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

芸能活動では小学生時代に子役として注目されて、「マルモのおきて」や「コドモ警察」、「サマーレスキュー」などの数々の話題作のテレビドラマに出演しています。

 

 

またフィギュアスケート選手としてもお姉さんの本田真凛さんには及ばないものの、全日本ジュニア選手権に出場するほどです。

 

現在では学業との兼ね合いもあって芸能活動は限定的ですが、いずれ本格的に活動する日も来るでしょうから楽しみですね。

 

本田真凛の学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値と学生時代

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ