玉置玲央の学歴と経歴|出身高校(関東国際高校)大学や中学校のの偏差値と学生時代のエピソード

 

俳優の玉置玲央さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。演技派俳優として知られる玉置さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

玉置玲央(たまおき れお)

 

 

1985322日生

身長171

血液型はA型

 

東京都出身の俳優、演出家

本名同じ

 

以下では玉置玲央さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

玉置玲央の学歴まとめ

 

出身大学:進学せず

出身高校:関東国際高校 演劇科

出身中学校:不明

出身小学校:不明

 

玉置玲央の学歴~出身高校(関東国際高校)・大学の詳細

 

出身高校:東京都 関東国際高校 演劇科 偏差値50(普通・当時)

 

 

 

玉置玲央さんの出身高校は、私立の共学校の関東国際高校です。

 

この高校は1924年開校の私立高校で、語学教育に定評があることで知られています。

 

在籍したのは高校でも珍しい演劇科です。

 

同校の演劇科は1984年に日本初として設置されかつては劇団四季と提携していたことから、女優の堀内敬子さんなど四季に進む卒業生が多くいました。

 

しかし定員割れなどが続いて、同校の演劇科は2015年で募集を停止しています。

 

玉置さんはもともと演劇科志望ではなく、第一志望の高校の受験に失敗したことから、三次募集まであった同校の演劇科に進学しています。

 

演劇科に進学したのは「高校3年間が楽しく過ごせそう」と感じたからだとインタビューで話しています。

 

この高校に在学中は、1学年上に「ぼる塾」の田辺智伽さんも在籍していました。

 

玉置さんは高校時代は水泳部に在籍して、部活動に打ち込んでいました。

 

演劇科では演出などの裏方を志望しており、俳優になるつもりはなかったそうです。

 

とは言え演劇科で演劇に関わったことから、演劇人生がはじまったとも述べています。

 

【主な卒業生】

塚原愛(NHKアナウンサー)

田辺智加(お笑い・ぼる塾)

堀内敬子(女優)

土屋炎伽(タレント)

長渕文音(ファッションモデル)

 

玉置玲央さんは高校卒業後は、大学などに進学していません

 

20歳だった2005年に、劇団「柿喰う客」に参加しています。

 

ただし当初は主に舞台の裏方に従事しています。

 

その後は徐々に演技する機会も増えて、俳優に専念することになります。

 

するとこの劇団の看板俳優になっています。

 

 

当初から舞台俳優としての活動がメインですが、2012年頃からテレビドラマへの出演が増えています。

 

最近では話題の連続ドラマにも起用されており、何かとスポットライトも当てられています。

 

 

また2021年に乃木坂46の元メンバーで女優の若月佑美さんと結婚した際には、大きな話題になっています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

玉置玲央の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

玉置玲央さんの出身中学校は、都内の公立校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

現時点では都内のどの市町村の出身者か不明で、手がかりは掴めませんでした。

 

中学時代も水泳に打ち込んでいたようです。

 

 

また当初は高校に進学しないで、中学卒業後は就職するつもりでした。

 

しかし中学校の先生の勧めにより、高校に進学することを決意しています。

 

とは言え高校に進学しようと思ったのが中学校の卒業直前で、3月末になっても進学する高校が決まってませんでした。

 

スポンサードリンク

 

玉置玲央の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

玉置玲央さんの出身小学校は、都内の公立校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

玉置さんは運動神経がよく、子供の頃からスポーツが好きでした。

 

また当時は俳優志望ではありませんでしたが、学芸会で演技をするのは好きだったとインタビューで話しています。

 

以上が玉置玲央さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

演技力には定評があることから、今後はテレビドラマや映画への出演も増えていきそうです。

 

また俳優としては珍しく演出もでき、演出家としても注目されています。

 

 

俳優や演出家としてさらなる飛躍にも期待が集まります。

 

 

経歴/プロフィールの詳細

 

2005年から劇団「柿喰う客」に参加して、「挿入ジェノサイド」で初舞台。 

以降は同劇団の看板俳優として多くの作品に出演するとともに、演出なども担当。 

2007年に劇団ユニット「カスガイ」を旗揚げし、すべての原案や演出を担当。 

同年の「オトコの子育て」でドラマ初出演。 

「探偵の探偵」や「美女と男子」、「真田丸」などのドラマにも出演している。

その他にもラジオドラマへの出演が多い。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ