山田孝之の学歴|出身中学校や高校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

山田孝之(やまだ たかゆき)

 

 

19831020日生

身長169

血液型はA型

 

鹿児島県出身の俳優

本名同じ

 

以下では山田孝之さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1999年にドラマ「サイコメトラーEIJI2」で俳優デビュー。 

2002年に1STシングル「真夏の天使」で歌手デビュー。

2003年の「WATER BOYS」で連続ドラマ初主演。 

以降も「世界の中心で、愛を叫ぶ」や「白夜行」、「闇金ウシジマくんシリーズ」などの連続ドラマで主演。

2005年の「電車男」で映画初主演。 

2016年に赤西仁とユニット「JINTAKA」を結成。 

ドキュメンタリー番組のナレーターを務めることも多い。

私生活では2012年に7歳年上の一般人女性と結婚し、2013年に長男が誕生している。

 

山田孝之の学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:進学せず

 

山田孝之さんは中学卒業後は、高校に進学していません。

 

勉強があまり得意ではなかったことや既に俳優として活動していたことから、当初は高校受験もするつもりはありませんでした。

 

しかし中学時代の担任の先生に「高校は卒業しておいたほうがいい」と説得されて、高校受験をすることに決めています。

 

そのため都内でもかなり偏差値の低い高校を受験しています。

 

ちなみに受験した高校の校名などは不明ですが、同じ中学校からは山田さんと学校で一番の不良だけが受験しています。

 

受験当日も周りはヤンキーばかりで、受験生の半分は寝ていたことから「絶対に受かる」と確信しています。

 

ところが山田さんは2科目終わって昼休みを迎えると寝込んでしまったことから3科目目の試験を受けることができませんでした。

 

そのため高校は不合格となってしまい、進学するのを諦めています。

 

もともと高校に進学するつもりもなかったので、あっさりと諦めたようです。

 

17歳だった1999年の「サイコメトラーEIJI」でテレビドラマにデビューしています。

 

 

その後は「ちゅらさん」や「WATER BOYS」などに出演して、人気俳優の地位を確立しています。

 

 

以降も数々の話題作のテレビドラマや映画に出演しています。

 

スポンサードリンク

 

山田孝之の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 武蔵野市立第三中学校 偏差値なし

※入学は川内市立川内南中学校

 

 

山田孝之さんの出身中学校は、武蔵野市内の公立校の第三中学校です。

 

中学進学時は地元の鹿児島県川内市に在住しており、川内市立川内南中学校に入学しています。

 

川内南中学校時代はバスケットボール部に入部していましたが、1年生は練習で体育館を使わせてもらえなかったため、嫌気がさして辞めています。

 

(中学生の頃)

 

中学3年生の2学期に一家で鹿児島県から東京都に引っ越して、武蔵野市立第三中学校に転校しています。

 

そして転校後に原宿でスカウトされて芸能事務所入りしています。

 

当時は芸能界に興味がなかったことから、軽い気持ちで事務所に入所しています。

 

そのため中学3年生の頃から俳優として活動を開始しています。

 

ちなみに俳優の山崎育三郎さんと中学時代からテレビドラマで共演しており、以降もずっと仲良しです。

 

山崎さんは当時の山田さんについて、「その当時から、なんか変な王子感がありました」とインタビューで話しています。

 

なお山田さんは中学時代はかなりやんちゃで、ヤンキーの彼女もいたそうです。

 

【川内南中学校の主な卒業生】

木佐貫洋(元プロ野球・巨人)

 

山田孝之の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:鹿児島県 川内市立隈之城小学校

 

 

山田孝之さんの出身小学校は川内市内(現在は薩摩川内市)の公立校の隈之城(くまのじょう)小学校です。

 

家族構成は両親と2人の姉の5人家族です。

 

5歳年上の姉は女優の椿かおりさんで、4歳年上の姉は歌手のSAYUKIさんです。

 

実家は喫茶店を経営していました。

 

山田さんは意外にも子供の頃は恥ずかしがり屋でした。

 

またインタビューでは子供の頃から夢がなかったと話しています。

 

なお子供の頃から両親に自由奔放に育てられており、やりたいことを反対されたことはありませんでした。

 

以上が山田孝之さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

10代後半から俳優としての頭角を現しています。

 

どのような役でも器用にこなすことができ、多くの連続ドラマや映画でも主演に起用されています。

 

(闇金ウシジマくん)

 

その実力は海外の映画誌も注目するほどですので、今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ