武田鉄矢の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃の画像

 

俳優の武田鉄矢さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「3年B組金八先生」でブレイクした武田さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします

 

武田鉄矢(たけだ てつや)

 

 

1949411日生

身長165

血液型はO型

 

福岡県福岡市出身の俳優、歌手、タレント

本名同じ

 

以下では武田鉄矢さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1972年に千葉一臣と中牟田俊男とともに、フォークグループ海援隊としてデビュー。 

1973年の2ndシングル「母に捧げるバラード」がヒットして、同年のNHK紅白歌合戦にも出場。 

1977年に出演した映画「幸せの黄色いハンカチ」の演技が評価される。 

1979年から主演している「3B組金八先生シリーズ」は当たり役になり、テーマ曲の「贈る言葉」も大ヒット。 

同年の「俺たちの交響曲」で映画初主演し、「刑事物語」や「えきすとら」、「Ronin」などの映画に主演している。 

以降も多くの作品に出演しており、ドラマの代表作は101回目のプロポーズ」や「教習所物語」、「JINシリーズ」など。 

私生活では1974年に一般人女性と結婚しており、娘が2人いる。

 

武田鉄矢の学歴~出身大学(福岡教育大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:福岡教育大学 教育学部障害児教育(中退) 偏差値53(現在・中の上)

※現在は特別支援教育教員養成課程

 

 

 

武田鉄矢さんは高校卒業後は、国立の福岡教育大学に進学をしています。

 

この大学には2年間の浪人生活を経て入学しました。

 

当初は坂本龍馬の研究をするために高知大学を志していますが、2年連続で受験に失敗をしています。

 

また私立大学の立命館大学も受験しましたが、こちらも不合格でした。

 

この大学には教師を志して入学しており、この課程を選択した理由については次のように話しています。

 

「他の課程は競争率が高かったということ もありますが、端っこが好きだったからです。端っこという言い方は変かもしれませんが、人間には中心にいることが好きな人と、ボーダーライン上が似合っている人がいるのではないでしょうか。私は聾学校教員養成課程の方が教育全体を見渡せるような気がしました。」

 

同級生は12人ほどしかおらず、小学校国語課程や中学校英語課程のような大きな集団ではないところでこそ教育というものの本質が見えるのではないかと思ったと話しています。

 

武田さんは大学では本当に良い勉強ができたと語っています。

 

大学生の時には女子とはじめてデートをしています。

 

また大学時代にはフォークサークルの「ヴィレッジボイス」に在籍をしており、そこでフォークソングに熱中しています。

 

そこで東京で勝負をしてみたいと思った武田さんはこれまで学費を出してくれていた母親に、大学を中退することを直談判しました。

 

母親は猛反対をしましたが、1年間だけという条件のもと武田さんは休学をして上京しています。

 

そして1972年には千葉和臣さんと中牟田俊男さんとフォークグループ「海援隊」で歌手デビューを果たしています。

 

 

大学には母親が学費を払い続けて7年間在籍をしていましたが、最終的には中退をしています。

 

武田さんは学費を払い続けてくれた母親へのわび状を歌にしており、楽曲「母に捧げるバラード」は大ヒットしました。

 

 

なお長年の活動が評価されて2008年に同大から名誉学士号が授与されて、大学卒になっています。 

 

また海援隊はいきなりヒット曲にも恵まれますがすぐに低迷して、夫婦そろって飲食店の皿洗いのバイトをしたこともありました。

 

とこが28歳だった1977年に、高倉健さんが主演した映画「幸せの黄色いハンカチ」に出演すると演技が高い評価を受けて、以降は俳優としての活動が中心になっていきます。

 

 

1979年から出演しているテレビドラマ「金八先生シリーズ」は当たり役になっています。

 

 

以降は数々の話題作のテレビドラマに起用される人気俳優になっています。

 

 

一度は解散した海援隊も再結成しており、今後の活動にも注目です。

 

スポンサードリンク

 

武田鉄矢の学歴~出身高校(福岡県立筑紫中央高校)の詳細

 

出身高校:福岡県 筑紫中央高校 偏差値59(中の上・現在)

 

 

 

武田鉄矢さんの出身高校は、県立の共学校の筑紫中央高校です。

 

この高校は1917年開校の県立校で、地元では古くからの進学校として知られています。

 

後に「海援隊」を結成する中牟田俊男さんは、高校の同級生です。

 

武田さんは高校時代は柔道部に在籍していました。

 

 

高校2年生と3年生のときには生徒会長も務めていながら、女子バレーボール部の部室に忍び込んでブルマーを盗むなど「隠れ不良」だったそうです。

 

また柔道部の部室でも悪さをしていたようです。

 

武田さんは高校時代には弁論大会で優勝をしています。

 

高校3年生で部活動を引退後に大学受験に備えるため地元の本屋に足を運んだ時に何気なく「竜馬がゆく」の単行本を手にしました。

 

当時のことについては次のように話しています。

 

「兄と3人の姉がいる坂本龍馬は、わが家と一緒の構成。当時の自分より1歳上の龍馬が江戸に剣術修業に出かける物語は、浪人生活を決意し大学を目指そうとした自身と似ている。俺のために書かれたのではと、熱中して読みましたね」

 

そのため大学では坂本龍馬の研究をするために、高知大学への進学を志しました。

 

【主な卒業生】

生野陽子(アナウンサー)

奈緒(女優)

池田沙絵美(ファッションモデル・転校)

 

スポンサードリンク

 

武田鉄矢の学歴~出身中学校(福岡市立三筑中学校)の詳細

 

出身中学校:福岡県 福岡市立三筑中学校 偏差値なし

 

 

 

武田鉄矢さんの出身中学校は、地元福岡市内の公立校の福岡市立三筑(さんちく)中学校です。

 

中学時代も柔道部に在籍をしていました。

 

【主な卒業生】

千葉真一(俳優)

佐々木健介(プロレスラー・転校)

冨安健洋(サッカー日本代表)

 

武田鉄矢の学歴~出身小学校(福岡市立那珂南小学校)の詳細

 



 

出身小学校:福岡県 福岡市立那珂南小学校

 

 

 

武田鉄矢さんの出身小学校は、地元福岡市内の公立校の福岡市立那珂南小学校です。

 

家族構成は両親と兄、姉の5人家族です(3人きょうだいの末っ子)。

 

 

母親は10歳になる前に両親から捨てられた経験があり心に深い傷を負い、武田さんも「しゃにむに暗さを断ち切ろうとするような切ないものは感じていた」と話しています。

 

このこともあり武田さんが育った家庭は本当に賑やかでよい家庭でした。

 

とは言え、父親はお酒と女性に入れ込んでいたことから母親が朝から晩まで働き生活費を稼いでいました。

 

そのため小学校時代は給食費を滞納することもあったようです。

 

また子どものころはサンタクロースからプレゼントをもらうことができなかったことから、もらっていた子が羨ましかったといいます。

 

武田さんの小学生の頃の成績は2と3がほとんどでしたが、小学3年生の時に書いた作文が新聞に掲載されています。

 

以上が武田鉄矢さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ミュージシャンとしてデビューしていますが、後に俳優としてブレイクしています。

 

またトーク力もあることから、かつては冠番組も持っていました。

 

 

既に年齢は70代に突入していますが、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ