風間杜夫の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差|子役出身だった!

 

俳優の風間杜夫さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は風間さんは小学校時代から子役として活動していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

風間杜夫(かざま もりお)

 

 

1949426日生

身長171

血液型はO型

 

東京都世田谷区出身の俳優

本名及び旧芸名は住田知仁(すみた ともひと)

 

以下では風間杜夫さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

8歳で児童劇団に入団すると子役として頭角を現して、「月光仮面シリーズ」などの映画に出演。 

1971年に大竹まことやきたろうらと劇団表現劇場を結成。 

1972年の日活ロマンポルノで風間杜夫の芸名で初出演。 

1981年の「日本フィルハーモニー物語」で映画初主演。 

1982年の映画「蒲田行進曲」で知名度が急上昇。 

この映画で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞している。 

1983年のテレビドラマ「スチュワーデス物語」などでブレイク。

以降は「甘辛しゃん」や「CHANGE」、「ゲゲゲの女房」などのテレビドラマに出演。 

既婚者で息子と娘がいる。

 

風間杜夫の学歴~出身大学(早稲田大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 第二文学部(中退) 偏差値50台(当時)

※現在は廃止

 

 

風間杜夫さんは高校卒業後は、早稲田大学の第二文学部(夜間部)に進学しています。

 

早稲田の二文はピーク時の偏差値は60程度でしたが、風間さんが在籍した当時はそこまでの難易度はありませんでした。

 

この大学には現役ではなく、1年間の浪人生活を経て入学をしました。

 

また大学では演劇を専攻していました。

 

風間さんは早稲田の三大劇団「自由舞台」に在籍をしていました。

 

 

また当時は学園紛争の真っただ中だったことから、風間さんも街頭デモなどの学生運動に参加をしていました。

 

デモ行進の先頭に立ち機動隊とやりあって、2泊3日の留置所生活を送ったこともありました。

 

留置場では親切なヤクザっぽい人に世話になったそうです。

 

加えて風間さんは大学時代は麻雀とアルバイトに明け暮れていました。

 

そして22歳だった1971年にこの大学を中退して、劇団「表現劇場」を結成しています。

 

以降は舞台を中心に活動を開始して、つかこうへいさん演出の舞台の常連にもなっています。

 

 

33歳だった1982年に映画「蒲田行進曲」に出演して知名度が上昇しています。

 

 

そして1983年に出演したテレビドラマ「スチュワーデス物語」でブレイクしています。

 

 

風間さんはこのテレビドラマでは当時人気アイドルだった堀ちえみさんを鍛え上げる教官を好演していました。

 

 

以降は数々の話題作のテレビドラマや映画に起用される人気俳優になっています。 

 

スポンサードリンク

 

風間杜夫の学歴~出身高校(玉川学園高等部)の詳細

 

出身高校:東京都 玉川学園高等部 偏差値58(現在・中の上)

 

 

風間杜夫さんの出身高校は、私立の共学校の玉川学園高校です。

 

この高校は1924年開校の玉川大学の系列の私立高校で、自由な校風で知られています。

 

また古くから芸能活動を容認しているので、数多くの芸能人を輩出しています。

 

俳優の志垣太郎さんはこの高校の2学年後輩でした。

 

高校時代は演劇部に在籍をしており、部長を務めていました。

 

風間さんが高校3年生で部長を務めていたときに志垣さんが演劇部に入部しており、当時のことについてインタビューでは次のように振り返っています。

 

「僕が部長をしていた演劇部に1年生の彼が入って来たとき、『お前かわいい顔してるな。だけど顔で勝負する役者になるんじゃねえぞ』なんて言ったんですよ。だけど彼の方が先にスターになっちゃった(笑)。当時、アイドル並みの人気者でしたからね。」

 

中学・高校時代は同級生がかなり裕福な家庭で育った子が多く、クラスでもあまり馴染むことができませんでした。

 

風間さんはこのことで人間関係に悩み過ぎたため、失語症に近いような状態だったと言います。

 

また母親は雀荘を運営しており、高校時代には風間さんもアルバイトをしていました。

 

人数が足りないときにはお客さんのために一緒に卓を囲むこともあり、どんどん腕を上げていったそうです。

 

芸能界きっての雀豪として知られる風間さんのルーツは高校時代にあったようです。

 

また風間さんは中学・高校時代は役者をやっていませんでしたが、将来は役者をやると心に決めていたようです。

 

【主な卒業生】

大鶴義丹(俳優)

藤田朋子(女優)

石川界人(声優)

平野綾(声優)

 

スポンサードリンク

 

風間杜夫の学歴~出身中学校(玉川学園中等部)の詳細

 

出身中学校:東京都 玉川学園中等部 偏差値46(やや容易)

 

 

風間杜夫さんの出身中学校は私立の共学校の玉川学園中等部です。

 

風間さんは幼少期より子役として活動をしていましたが、中学生になったと同時に子役をやめています。

 

子役を辞めたきっかけは「本気で役者を目指すなら子役をやめなさい」とアドバイスされたからだったようで、当時は子役で売れすぎた俳優は大成しないというジンクスがありました。

 

ところが中学1年生の時に所属していた劇団を辞めるとまったく仕事が来なくなってしまい、事実上芸能活動の休止に追い込まれています。

 

そのため中学・高校時代は普通の学生生活を送っていました。

 

風間杜夫の学歴~出身小学校(世田谷区立旭小学校)の詳細

 



 

出身小学校:東京都 世田谷区立旭小学校

 

 

風間杜夫さんの出身小学校は、地元東京都世田谷区内の公立校・世田谷区立旭小学校です。

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

父親は映画会社のセールスマンで、芝居が好きだったことから子供の頃には浅草の女剣劇や寄席に連れて行ってくれました。

 

また父親は非常に厳しく食事中のマナーが悪いとげんこつをされたり、気に入らないことがあると食事中であっても座卓をひっくり返すこともあったといいます。

 

小学2年生の時に「トモちゃんは学芸会ではつらつとしている」と言われたことがきっかけで児童劇団に入団をしており、当時のことについて次のように語っています。

 

「トモちゃん”とは住田知仁(すみだともひと)というぼくの本名で、舞台の上では普段のもじもじした姿が一変する、と幼稚園で知り合いの父母に言われたらしく、おふくろは小学2年生のときにぼくを児童劇団に入れた。」

 

風間さんは子供の頃は内気な性格だったようです。

 

小学3年生の時に東映児童演劇研修所に入所したところ、瞬く間に仕事が舞い込むようになり、子役として連続で8本の映画に出演したこともあったといいます。

 

 

また風間さんは小学校5年生の時には全く学校に行くこともできず、当時のことについては次のように語っています。

 

「小学5年生の時は10か月ぐらい撮影所のある京都で暮らした。おふくろがそばにいてくれて心強かったが、ときには親父がおふくろに代わって、撮影所で仕事をするぼくに付き添ってくれた。」

 

 

以上が風間杜夫さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

俳優としてはやや遅咲きでしたが、30歳を過ぎてブレイクしています。

現在に至るまで数えきれないほどの作品に出演しており、卓越した演技力で作品を盛り上げています。

 

 

未だに高い人気を誇るので、今後のさらなる活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ