泉澤祐希の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と子役時代のかわいい画像

 

俳優の泉澤祐希さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は泉澤さんは子役出身で、子供の頃からテレビドラマに出演していました。学生時代のエピソードや情報、子役時代のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

泉澤祐希(いずみさわ ゆうき)

 

 

1993611日生

身長165㎝ 体重55kg

血液型はA型

 

千葉県浦安市出身の俳優

本名同じ

 

以下では泉澤祐希さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

5歳から子役として活動し、1999年のNHKの朝ドラ「すずらん」でテレビドラマ初出演。 

2002年の「明日があるさ THE MOVIE」で映画初出演。

2006年に出演した大河ドラマ「功名が辻」の演技が評価され注目される。

2009年の「よるのくちぶえ」で映画初主演。

2014年の「東京が戦場になった日」でドラマ初主演。

以降も「表参道高校合唱部!」や「ちゃんぽん食べたか」、「ひよっこ」などの連続ドラマにレギュラー出演している。

 

泉澤祐希の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:立正大学 偏差値40~54(学部不明のため)

 

 

 

泉澤祐希さんは高校卒業後は、立正大学に進学しています。

 

ただし在籍した学部や専攻した学科などの詳細は不明です。

 

また中学・高校時代は学業優先のスタンスでほとんど芸能活動をおこなっていませんでしたが、大学進学を機に俳優としての活動を再開させています。

 

活動を再開した理由については、インタビューで次のように話しています。

 

「やっぱり俳優の仕事をする以上に、自分の中で刺激を感じられることがなかった。役を通じて自分じゃないものになれるし、思ってもない自分を見つけられるし、未知のことにも挑戦できる。こんなに自分の幅を広げてくれることって、なかなかないなって気づきました」

 

ただし当初は俳優を続けるかどうか迷っていました。

 

大学2年生だった2014年3月には、SPドラマの「東京が戦場になった日」の主演に起用されています。

 

 

このドラマの出演で、ちゃんと芝居をしたいと思ったことをインタビューで話しています。

 

「戦争時代の話というのもあって演じる難しさもあったんですが、終わったときの達成感が刺激になって、『ちゃんと芝居をやりたい』と思うようになったんです。」

 

子役として活動をしていた時には親に現場に連れていかれて、ただセリフを喋っていたそうですが「自分で俳優をやる」と覚悟をしてからは以前と全然違うようになったそうです。

 

また中学・高校時代はほとんど芸能活動をしていなかったことから辞めたいと思ったこともあったようですが、この作品の主演を務めて「やっぱり、この仕事しかない」と思えたことをインタビューで話しています。

 

 

泉澤さんにとってこの作品は人生で大きな転機となったようです。

 

そして大学4年生からは「表参道高校合唱部!」や「仰げば尊し」などの連続ドラマのレギュラーに多く起用されはじめています。

 

 

そのため大学時代の後半は仕事忙しくなっていますが、大学は無事に卒業しています。

 

24歳だった2017年には、オーディションを勝ち抜いてNHKの朝ドラ「ひよっこ」のヒロイン・有村架純さんの幼馴染役を演じています。

 

 

その際には伊藤沙莉さんとの掛け合いも話題になりました。

 

伊藤沙莉の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値とかわいい子役時代の画像

 

このドラマの出演で知名度が大幅に上昇しています。

 

そのため2018年には「なれない二人」で、はじめて映画の主演に起用されています。

 

 

 

子役出身の演技力の高さもあって、現在では期待の若手俳優のひとりに名前も挙がります。 

 

スポンサードリンク

 

泉澤祐希の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:千葉県 東京学館浦安高校 偏差値4364(コース不明のため)

 

 

 

泉澤祐希さんの出身高校は、私立の共学校の東京学館浦安高校です。

 

この高校は1981年開校の私立高校で、サッカー部やゴルフ部が県内では強豪として知られています。

 

また同校は以下の5つのコースを設置していますが、泉澤さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

特別進学選抜:偏差値64

国際教養:偏差値57

特別進学:偏差値57

総合進学:偏差値48

スポーツ進学:偏差値43

 

泉澤さんは高校時代はバドミントン部に在籍しており、部活動にも励んでいました。

 

高校生の時にお笑い芸人のハリウッドザコシショウさんに嵌ったそうで、インタビューで次のように話しています。

 

「『あらびき団』とかよく観ていました。ああいう勢いで笑わせるのが好きで、学校で友達とマネしてふざけてました(笑)。」

 

泉澤さんは中学・高校時代はほとんど芸能活動はやっておらず、学業を優先すると決めた理由についてインタビューでは次のように話しています。

 

「その頃は、なかなか学校も満足に行けなくて、行事があるときに限って、仕事が入ったり(苦笑)。プライベートや学業もちゃんとやりたいって思いがあるのにできず、友達ともしっかりと関われなくて。そこで一度、立ち止まって普通の学生として生きようって思ったんです。」

 

プライベートと仕事の区別が難しくとても悩んでいたようです。

 

泉澤さんは高校時代はほとんど仕事をしていませんが、高校1年生だった2009年に短編映画「よるのくちぶえ」に主演しています。

 

 

また高校2年生時にはテレビドラマ「モテキ」で、主演の森山未來さんの中学時代を演じていました。

 

 

当時は芸能活動とは距離を置きたかったともインタビューで話しています。

 

「ただ中高生の頃、仕事をしてなかった時期があるんですよ。自分の中で、距離を置きたくて。しばらくのあいだ、俳優としての活動をストップしてたんです」

 

【主な卒業生】

石井一久(プロ野球・楽天監督)

小田孔明(プロゴルファー)

佐田真由美(グラビアアイドル)

山内鈴蘭(SKE48)

 

スポンサードリンク

 

泉澤祐希の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:千葉県 東京学館浦安中学校 偏差値49(やや容易)

 

 

 

泉澤祐希さんの出身中学校は、私立の共学校の東京学館浦安中学校です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校なので、高校へは内部進学で進んでいます。

 

泉澤さんは中学時代はテニス部に在籍していました。

 

またスポーツ全般が得意で、体を動かすことも大好きだとインタビューで話しています。

 

中学1年生だった2006年に、NHKの大河ドラマ「功名が辻」に出演して子役として注目されています。

 

 

ただし学業優先のため、中学2年生以降は出演作が大幅に減っています。

 

泉澤祐希の学歴~出身小学校の詳細・子役時代のかわいい画像

 



 

出身小学校:不明

 

泉澤祐希さんの出身小学校は、浦安市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

泉澤さんはインタビューの中で家族仲は良い方で、ほとんど反抗期もなかったと話しています。

 

先に子役として活動していた兄の影響もあり、親に連れられて気づいたときには芸能界デビューをしていました。

 

5歳だった1999年に、遠野なぎこさんがヒロインを務めたNHKの朝ドラ「すずらん」でデビューしています。

 

 

泉澤さんは自分から芸能界に入りたいと言った記憶はないそうで、インタビューでは次のように話しています。

 

「小さい頃からTV好きで、よく見ていたので、どこかで興味があったことを親が察していたのかもしれません。ただ、オーディションに行っても、ずっと泣いていたようですね。」

 

 

また小学生の頃は子役として活動をしながらも、空手と野球をやっていました。

 

保育園の時には初恋を経験しており、「たぶん先生だった」と話しています。

 

以上が泉澤祐希さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

子役出身で大学時代に再び本格的な活動を再開して以降は、俳優として順調にキャリアを重ねています。

 

今後はさらに演技力を磨けば俳優としてブレイクする可能性も秘めていますので、大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ