伊調馨の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

伊調馨(いちょう かおり)

 

10

 

1984613日生

身長166

 

青森県八戸市出身のレスリング選手

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で、兄の寿行と姉の千春も元レスリング選手。

 

3歳からレスリングをはじめ、ジュニア時代から注目を集める。

 

当初は56キロ級の選手だったが、2歳年上の吉田沙保里に勝てなかったことから、2002年に63キロ級に転向。

 

同年の世界選手権で初優勝。

 

2004年のアテネオリンピックでは、金メダルを獲得。

 

 

 

2008年の北京オリンピックで金メダルを獲得して引退を表明したが、後に撤回した。

 

 

 

2012年のロンドンオリンピックでも金メダルを獲得し、日本人女子選手では初となる同一競技のオリンピック3連覇を達成。

 

 

2016年のリオオリンピックで、史上初の4連覇を達成。

 

 

同年に国民栄誉賞を受賞。

 

 

2018年に恩師だった栄和人監督によるパワハラ問題が浮上した。

 

学歴~出身小学校・中学校

 

出身小学校:八戸市立長者小学校

 

出身中学校:八戸市立長者中学校

 

伊調馨さんの出身小学校・中学校は、いずれも地元の八戸市内の公立校です。

 

2歳の時から「八戸クラブ」に入って週2回のレスリングのトレーニングをはじめています。

 

小学生の時には3歳年上の姉の千春さんには敵いませんでしたが、同世代では敵なしでした。

 

中学時代は1年生の頃から全国大会で活躍して、全国女子中学選手権では3連覇を達成し「スーパー中学生」の異名をとるほどでした。

 

(中学時代・後列右)

 

中学3年生の時に後に恩師となる栄和人さんが八戸市の実家に訪れてスカウトしたのが、2人の師弟関係のはじまりでした。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:中京女子大学附属高校 偏差値48(やや容易)

※現在は至学館高校

 

伊調馨さんの出身校は、私立の女子校(当時)の中京女子大学附属高校です。

 

同校はレスリングの名門校として知られ、登坂絵莉選手や土性沙羅選手、川井梨紗子選手などの金メダリストもOGです。

 

前記のように同校の監督を務めていた栄さんにスカウトされて、スポーツ推薦で入学しています。

 

中学までは練習が週2回でしたが高校では毎日きつい練習や寮生活の寂しさから、入学3日目で泣いたことを告白しています。

 

高校時代はまさにレスリング漬けの毎日で、高校1年生の時から全国女子高校選手権で優勝するなど実力を発揮(但し、63キロ級)。

 

しかし56キロ級で出場した全日本女子選手権では、吉田沙保里選手に2年連続で敗北を喫して、本格的に階級を変更することになります。

 

そして高校3年生の時にはじめて出場した世界選手権で、早くも優勝を飾っています。

 

伊調さんは高校生活を振り返って、「精神的にかなり鍛えられた」と語っており、高校時代がその後の大きな糧になったようです。

 

11

(高校時代)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:中京女子大学 健康科学部 偏差値48(やや容易)

※現在は至学館大学

 

伊調馨さんは高校卒業後は、系列の中京女子大学に内部進学します。

 

同大もレスリングの名門として知られ、高校時代からのライバルの吉田沙保里選手も同大に進学していました。

 

’†‹ž—Ž(大学時代)

吉田選手と切磋琢磨した結果、大学1年生だった2003年の5月から、2014年の世界選手権まで172連勝という偉業も達成します。

 

そして20歳ではじめて出場したアテネオリンピックでも金メダルを獲得。

 

姉の千春さんは惜しくも銀メダルに終わりましたが、支えてくれた姉をたたえて「2人でとった金メダル」と語っています。

 

以降もオリンピックでは女子選手としては史上初の4連覇を達成するなど、常識外の強さを発揮して、歴史に残る名選手となりました。

 

2020年の東京オリンピックについては多くを語っていませんが、その動向も注目されます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ