伊東四朗の学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値

 

伊東四朗(いとう しろう)

 

 

1937615日生

身長166

血液型はO

 

東京都台東区出身のタレント、俳優、コメディアン

本名は伊藤輝雄(いとう てるお)

 

以下では伊東四朗さんの学歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

学歴~出身高校・大学

 

出身高校:東京都 市谷商業高校 商業科 偏差値40(閉校時・容易)

※現在は大田桜台高校(偏差値42

 

 

伊東四朗さんの出身校は、都立の共学校の市谷商業高校です。

 

この高校は2009年に同じ都立の赤坂高校と統合されて、大田桜台高校となったことから同年限りで閉校しています。

 

また閉校後の校舎は、新宿区立愛日小学校の校舎としてしばらく利用されています。

 

伊東さんは中学時代までは静岡県の掛川市に在住していましたが、中学3年生の時に2番目の兄に呼ばれて上京しています。

 

高校受験直前で転校したことから、希望の高校には合格できずにこの高校に進学しました。

 

伊東さんは高校時代は音楽部に所属しており、インドア派でした。

 

(高校時代)

 

後述するように小学校時代から舞台に立っており、高校の文化祭でもユーモア劇を上演して好評でした。

 

高校時代は家計を助けるために就職活動をしていますが、頬の傷のために「人相が悪い」ということで片っ端から不合格になっています。

 

そのため高校卒業後は早稲田大学の生協にアルバイトとして入社しており、大学には進学していません。

 

当時から観劇が好きだったことから、21歳の時に顔なじみだった劇団「石井一座」入団して本格的に舞台俳優として活動を開始。

 

(若い頃)

 

そして24歳の時に三波伸介さんらと「てんぷくトリオ」を結成してコメディアンとしてデビューすると、瞬く間に人気者となっています。

 

 

【主な卒業生】

小堺一機(タレント)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:国立市立第一中学校 偏差値なし

 

 

伊東四朗さんの出身中学校は、国立市内の公立校の第一中学校です。

 

前述のように掛川市内の中学校(校名は不明)に通学していましたが、中学3年生の時にこの中学校に転校して卒業しています。

 

掛川の中学校では英語部に在籍していました。

 

また中学校の文化祭でも「さるかに合戦」の主役のさるを演じましたが、最後に閉まる幕の外に出たらどうなるかふと思いました。

 

実際にそれをやってみるとバカウケされて、観客に笑われています。

 

そしてこの際に伊東さんは笑われる喜びに目覚めたとインタビューで話しており、コメディアンを目指したルーツにもなっています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:不明

 

伊東四朗さんの出身小学校は、掛川市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と5人きょうだいの7人家族です。

 

兄が2人、姉が1人、妹が1人います。

 

実家は洋服店を営んでおり、東京の台東区で生まれていますが、戦時中に母親の実家があった掛川市に疎開しています。

 

 

ただし実家は貧乏で、学生時代までは経済的に苦しい生活をしています。

 

また疎開した当初は東京弁を話したことからイジメに遭っていますが、落語家や田端義夫さんのモノマネがウケて、後に人気者となっています。

 

小学校3年生の時に暴走したトロッコが脱線して顔面を強打して、左頬に骨まで達する大きな傷を負っています。

 

また一番上の兄が喜劇好きだったことから復員後に地元で素人劇団を旗揚げ。

 

伊東さんも小学校時代から子役として舞台に立っています。

 

当時からセリフを覚えるのが得意で、他人のセリフまで覚えてしまったほどです。

 

また小学校時代から映画好きで、地元の映画館に足しげく通っていました。

 

以上が伊東四朗さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

てんぷくトリオ解散後は、「電線音頭」で再び人気お笑いタレントとなりました。

 

 

また司会者やMCとしても高い人気を誇り、10年間出演していた「伊東家の食卓」は高視聴率で知られていました。

 

 

現在は既に80歳を超えていますが、未だに精力的に活動をしています。

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ