市川猿之助の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

市川猿之助(いちかわ えんのすけ)

 

10

 

19751126日生

身長171

 

東京都出身の歌舞伎俳優

本名は喜熨斗孝彦(きのし たかひこ)

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

父親は歌舞伎役者の四代目市川段四郎。

 

19807月に4歳で「義経千本桜」で初お目見得。

 

1983年に二代目市川亀治郎を襲名。

 

2006年に三谷幸喜演出の「決闘!高田馬場」に出演。

 

2007年に大河ドラマ「風林火山」でテレビドラマ初出演。

 

12

 

以降も歌舞伎の舞台に立つ傍ら、「龍馬伝」や「JIN」、

「信長のシェフ」などの話題作の連続ドラマに出演。

 

2008年の「蛇にピアス」で映画初主演し、他にも「花のあと」や

「シャッフル」、「超高速!参勤交代」などに出演している。

 

また「サラリーマンNEO」や「LIFE」といったバラエティー番組にも

出演経験もある。

 

2012年に四代目市川猿之助を襲名。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 暁星高校 偏差値69(推定・難関)

 

市川猿之助さんの出身校は、私立の男子校の暁星(ぎょうせい)高校です。

 

同校は帰国子女枠以外の高校での募集はない完全中高一貫校なので、

偏差値も推定になります。

 

また同校は歌舞伎役者の出身者が多く、中村吉右衛門さんや市川染五郎さん、

香川照之さんらも同校のOBです。

 

猿之助さんも系列の暁星中学校から内部進学しています。

 

高校時代の成績はかなりよく、難関大学に進学する卒業生も多い同校で、

常に学年10位以内の成績を挙げていました。

 

当時は既に市川亀治郎として多くの舞台に上がっていたにも関わらず、

このような好成績をキープしていたのは、やはり努力家で頭脳明晰な

証拠でしょう。 

 

学歴~出身大学

 

出身大学:慶応義塾大学 文学部国文学専攻 偏差値65(難関)

 

市川猿之助さんは高校卒業後は、名門私立大の慶応義塾大学に進学しています。

 

一般受験ではなくAO入試での入学ですが、大学時代は歌舞伎の舞台を減らして

学業に打ち込みました。

 

そのため毎日のように大学に通ったばかりではなく、かなり優秀な成績を

収めています。

 

大学時代には歌舞伎役者を辞めて、本気で学者になることも検討していた

そうですから、学問の探求は相当だったようです。

 

しかしやはり歌舞伎役者の道をまい進することになりますが、歌舞伎以外でも

ドラマや映画に出演して、高い人気を誇っています。

 

俳優としても高い評価を得ていますので、今後の活動などにも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ