椿鬼奴の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

椿鬼奴(つばき おにやっこ)

 

椿

 

1972415日生

身長163

血液型はB型

 

東京都出身のお笑いタレント

本名は宮崎雅代(結婚前)

 

以下では椿鬼奴さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

1998年に吉本総合芸能学院(NSC)東京校に第4期生として入所し、同期にはロバートや森三中がいる。

 

(若い頃)

 

当初は「金星ゴールドスターズ」というコンビを組んでおり、2005年以降もM-1グランプリに出場する際には増谷キートンと「BODY」というコンビを組んだ。

 

2006年ごろからテレビの露出が増えていき、現在では多くのバラエティー番組に出演している。

 

 

また2010年の「クロサワ映画」で女優デビューし、2013年の「ビッチ」では映画初主演を果たした。

 

 

「赤い糸の女」や「結婚に、一番近くて遠い女」、「突然ですが、明日結婚します」などのドラマにも出演している。

 

20155月にお笑いコンビ「グランジ」の佐藤大と結婚した。

 

椿2

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 桐蔭学園高校 女子部 偏差値64(やや難関)

 

 

椿鬼奴さんの出身校は、私立の女子校の桐蔭学園高校女子部です。

 

系列の桐蔭学園中学校女子部(偏差値63)から内部進学しています。

 

出身小学校は渋谷区立猿楽小学校で、裕福な家庭に育っています。

 

椿さんは中学校から高校では弓道部に所属しており、特に高校時代は県大会優勝、関東大会4位という際立った成績を残しています。

 

ただし現在のイメージとは異なり、学校ではそれほど目立つ存在ではなく、成績も普通でした。

 

また出身中学・高校はいずれも校則が厳しかったことから、学生時代に肉まんを購入して食べていたところ、住人に学校に通報されて先生に捕まった「肉まん事件」というエピソードをインタビューで語っています。

 

後に「肉まんを食べてすみません」という反省文を書いたことが悔しく、住民の冷たさと先生の機動力が忘れられないと振り返っています。

 

椿1

(高校の卒業アルバム)

 

【主な卒業生】

鈴江奈々(アナウンサー)

中村仁美(アナウンサー)

西川史子(タレント)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:清泉女子大学 文学部 偏差値53(当時・普通)

 

 

椿鬼奴さんは高校卒業後は、清泉女子大学に進学します。

 

なお同大の現在の偏差値は女子大離れにより45前後となっていますが、椿さんが入学した1990年前半は現在よりもかなり高かったです。

 

大学では主に英語を学んでおり、アメリカにホームステイした経験もあります。

 

また大学時代は放送研究会に所属しています。

 

大学時代に父親がバブル崩壊によって株で大損したことで自宅マンションを売却し、後に両親が離婚して母親と弟との3人暮らしになっています。

 

そのため裕福な暮らしから一転して、アルバイトをしながら大学を卒業しています。

 

また進路に迷って卒業後は就職せずに2年間ほどフリーター生活を続けました。

 

その後はペットフード輸入会社に就職して、OLとして働きます(社長の娘が友人だった)。

 

しかし会社員時代に雑誌で見た吉本の養成所に興味を覚えて、26歳にしてNSCに入所しました。

 

なおNSC在籍時に勤務していた会社が倒産したため、仕方なく本格的にお笑い芸人を目指しています。

 

その後の活躍は周知の通りで、人気女性芸人に数えられるほどになりましたし、多くのバラエティー番組にも出演しています。

 

現在は40代ですが、年齢を感じさせないほどのアクティブな活動も展開しています。

 

今後も目が離せない存在です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ