朝比奈沙羅の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値

 

朝比奈沙羅(あさひな さら)

 

 

19961022日生

身長176㎝、体重135

 

東京都出身の女子柔道選手

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

小学校2年生の時に、アテネオリンピックをテレビで見たことがきっかけで柔道をはじめる。

 

15歳だった2012年に初出場した全日本選手権でいきなり3位になる。

 

 

20132月のヨーロッパオープンでシニアの国際大会で初優勝。

 

2015年のユニバーシアードで初優勝。

 

同年のグランプリ・チェジュでワールド柔道ツアー初優勝。

 

同年12月のグランドスラム・東京で7位に終わり、リオデジャネイロオリンピックの日本代表には選出されなかった。

 

2017年の世界選手権でオール一本勝ちで優勝した。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 渋谷教育学園渋谷高校 偏差値74(超難関)

 

朝比奈沙羅さんの出身校は、私立の共学校の渋谷教育学園渋谷高校です。

 

同校は都内でも屈指の進学校のひとつで、東大などの最難関大学に進学する卒業生も少なくありません。

 

系列の渋谷教育学園渋谷中学校(偏差値73)からの内部進学ですが、一般受験で同中学校に入学しており、かなりの学力を有していたことがわかります。

 

朝比奈さんは高校1年生で全日本選手権で3位に入ると、インターハイの個人戦も高校1年生ながら制覇。

 

高校3年生の頃には世界ジュニアも制して、同世代では敵なしの成績を残しています。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

竹俣紅(女流棋士)

岩田絵里奈(アナウンサー)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:東海大学 体育学部武道学科 偏差値45(容易)

 

朝比奈沙羅さんは高校卒業後は、東海大学に進学しています。

 

父親が医師で母親が歯科医師であることから、当初は医者になることを目指して同大の医学部(偏差値65)を受験していますが、不合格となったことから体育学部に所属しています。

 

大学では柔道部に在籍して大学1年生の時にワールド柔道ツアーに初優勝するなど、柔道家としても進化を遂げています。

 

しかし東京オリンピック後に再び大学の医学部を目指すため、勉強時間などの確保のために大学3年生の9月で柔道部を卒部しています。

 

大学4年生からは実業団のパーク24の柔道部に所属して、さらなる高みを目指しています。

 

まさに「文武両道」を地でいっている稀有な選手だけに、今後の大きな飛躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ