菅義偉官房長官の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

菅義偉(すが よしひで)

 

 

1948126日生

 

秋田県出身の政治家

自由民主党所属

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

家族構成は両親と姉2人、弟。

 

1975年に小此木彦三郎衆議院議員の秘書となり11年間務める。

 

1987年に横浜市議会選挙に出馬して当選し、市議を2期務める。

 

1996年の衆議院議員選挙に自民党から出馬して初当選。

 

 

2006年の自民党総裁選挙で安倍晋三を支え、当選4回にも関わらず安倍内閣では総務大臣に起用されて初入閣を果たす。

 

 

2012年の第2次安倍内閣で、内閣官房長官に起用される。

 

201677日に官房長官の在職期間が1,290日となって、歴代1位になった。

 

既婚者で息子が1人いる。

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:秋田県 湯沢高校 偏差値57(中の上・現在)

 

菅義偉さんの出身校は、県立の共学校の湯沢高校です。

 

同校は部活動が盛んで、特にハンドボール部や剣道部が全国大会で優勝するほどの強豪です。

 

菅さんは雄勝町立秋ノ宮小学校から雄勝町立秋ノ宮中学校(現在は湯沢市立雄勝小学校と湯沢市立雄勝中学校)を経て、同校に進学しています。

 

実家はイチゴ農家として成功しており、父親は町議会議員も務めていました。

 

学生時代は空手をやっており、運動は好きだったようです。

 

高校時代に父親から家業を継ぐために農業大学への進学を勧められていますが、断っています。

 

また親戚が教師だらけだったことから、「教師にだけはなりたくなかった」と語っています。

 

(中学時代)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:法政大学 法学部政治学科 偏差値60(やや難関・現在)

 

菅義偉さんは高校卒業後は、上京してダンボール工場に就職しています。

 

前述のように家業を継ぎたくなかったので、「東京に行けばなにかある」と思い集団就職しました。

 

ところが就職後に現実の厳しさを思い知り、2年後に一念発起して法政大学に進学します。

 

この大学を選んだのは当時の首都圏の私立大学の中で、もっとも学費が安いという理由でした。

 

大学時代に政治家を志して、卒業後は大学OBのつてで衆議院議員の秘書となります。

 

38歳で横浜市の市議会議員となって政治家としてのキャリアをスタートさせると、48歳の時には衆議院議員に初当選します。

 

以降の実績は周知の通りで、政治家としては決して目立つ人物ではないものの、屋台骨として安倍内閣を支え続けています。

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ