高畑充希の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

人気女優の高畑充希さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は高畑さんは高校は難関校の出身で、女優として活動する傍ら大学まで進学しています。学生時代のエピソードと併せてご紹介いたします

 

高畑充希(たかはた みつき)

 

高畑充希

 

1991年12月14日生

身長158㎝

血液型はAB型

 

大阪府東大阪市出身の女優

本名同じ

 

以下では高畑充希さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

2005年にホリプロのオーディションに合格して芸能界入り。

2007年からミュージカル「ピーターパン」で、8代目のピーターパンを務める。

2007年「ドルフィンブルーフジ、もういちど宙へ」で映画初出演。

その後も「3年B組金八先生」や「ナツコイ」、「軍師官兵衛」「問題のあるレストラン」などの話題作のテレビドラマに出演する。

2013年にNHK朝ドラ「ごちそうさん」にヒロインの義妹役で出演。

2016年の朝ドラ「とと姉ちゃん」にヒロインに抜擢。

演技力に加え歌唱力の評価も高く、2007年から2008年までは「みつき」名義で歌手としても活動していた。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:法政大学 キャリアデザイン学部 偏差値55(中の上)

 

 

高畑充希さんは高校卒業後は、法政大学に進学しています。

 

在籍したキャリアデザイン学部は、人生のキャリアを設計するために様々な学問を横断的に学び、研究していく学部です。

 

高畑さんはもともと舞台女優になるために、早稲田大学の演劇部に入ることを目標としていました。

 

しかし高校生の頃から舞台やテレビドラマなどに出演が多かった高畑さんですから、早稲田への入学はどうやら諦めたようです。

 

そんな中でも東京六大学のひとつに数えられる法政大学に進学できるのは、やはりもともと頭脳明晰なのでしょう。

 

ただし大学へは一般入試ではなく、AO入試での進学です。

 

「試験は小論文と面接でした。小論文は手が痛くなるくらい書いて対策を練りました」

 

また当初から高畑さんは芸能界以外の場所でも人間関係を築きたいという想いで大学へは進学するつもりでした。

 

「13歳から舞台の仕事をしているので、他の職業に進む人と出会う機会が少なかったんです。違う道に進む人とたくさん出会いたい! というのが進学した理由です」

 

そのため大学では芸能人ではない普通の学生の友達を作っており、友達とともに車で鎌倉に遊びに行ったりしています。

 

また大学時代は写真サークルに入会していたことをインタビューで述べています。

 

「大学では写真サークルに入りました。カメラをもって合宿に行ったり、お花見しながら飲み会をやったり、キャンプしたり、野球部の応援に行ったり。大学生らしいことは一通りやりました。いまも大学で出会った大切な友人がいるので、進学してよかったと思っています」

 

そして大学4年生の時にNHKの朝ドラ「ごちそうさん」にレギュラーキャストとして抜擢されて知名度も大幅に上昇しています。

 

 

後述するように高畑さんは高校時代に歌手デビューを果たしていますが、このドラマでは「蘇州夜曲」や「焼き氷の歌」などを歌っており、その歌声も注目されています。

 

 

ただし23歳だった2014年のインタビューでは大学を休学していると述べており、卒業したかは不明です。

 

場合によっては中退している可能性もあります。

 

さらに24歳の時にはNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロインに抜擢されて、遂に人気も全国区となりました。

 

 

キャリアの割には今ひとつ役柄に恵まれていなかった感もあった高畑さんですが、以降は話題作の連続ドラマや映画に次々と起用されるなど、順調にキャリアを重ねています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 八雲学園高校 偏差値54(普通)

 

 

高畑充希さんの出身高校は八雲学園高校です。

 

この高校は私立の女子高で、学業優先の範囲での芸能活動を認めていることで知られ、古くから多くの女性芸能人が在籍しています。

 

高畑さんは中学時代までは地元の東大阪市に在住していましたが、高校に上がるタイミングで上京して、この高校に進学しています。

 

ただし高校時代は仕事で多忙だったからか授業中によく居眠りをしており、よく先生に叱られたとインタビューで述べています。

 

加えて校則違反の短いスカートをはいて、この件でも先生に叱られています。

 

「校則って本当に意味が分からない」と、敢えて校則に引っかかる短いスカートで登校したこともあるという高畑は、それが先生にバレるや否や、先生からダッシュで逃走、校舎の1階から3階まで先生に追いかけられた

 

また高校時代はたくさんおしゃべりしたりするより、読書などで自分の世界に入っていたとインタビューで述べています。

 

意外にも高畑さんは当時は我が強く、「自分は無敵」とも思っていたそうです。

 

「我が強くて、どこか『自分は無敵』だと思っていました。例えば、自分がこうだと決めたら、他の意見には耳を貸しませんでした。同級生から見たらトゲトゲしかっただろうな(苦笑)」

 

ただし女優の仕事を通じて多くの人と接したことで自分と違う意見も受け入れられるようになったと述べており、精神的にも大きく成長しています。

 

高校1年生の時にミュージカル「ピーターパン」の8代目ピーターパンに起用されています。

 

 

高畑さんのピーターパンは好評だったことから、大学生の頃まで6年間も出演していました。

 

また同じく高校1年生の時には「ドルフィンブルー」で映画に初主演しています。

 

 

さらに同じ年にははじめてのテレビドラマ出演となる「3年B組金八先生」にも出演しています。

 

 

ちなみに数々の人気俳優や女優を輩出してきたことで知られる金八先生ですが、このシリーズには忽那汐里さんや草刈麻有さん、真田佑馬さんらが出演していました。

 

特にこの作品で共演した忽那さんとは仲が良く、現在でも親友の間柄です。

 

(忽那汐里)

 

加えて高畑さんは高校1年生の時に「みつき」名義で歌手デビューを果たしており、その際にはデモテープを聴いてその歌声を気に入ったコブクロの小渕健太郎さんがプロデュースを担当しています。

 

ただし歌手デビューは高畑さんにとっても想定外で、かなり戸惑ったことをインタビューで話しています。

 

「歌手としてデビューすることはまったく考えていなかったので、最初は無我夢中でした。大勢で作り上げてゆく舞台とは違って、レコーディング・ブースに入って一人で歌うことに慣れなかったし、戸惑うことばかりで」

 

とは言えその歌唱力には定評がありましたが、CDの売り上げが今ひとつだったことから、歌手としての活動はおよそ1年半程度でした。

 

 

ただし2014年に高畑充希名義でアルバム「PLAY LIST」をリリースしており、歌手としての活動を再開しています。

 

 

他にも高校時代は舞台に多数出演しており、発散になったとインタビューで述べています。

 

「高校に通いながら舞台に立っていました。舞台に立つといろんなことを発散して、学生と俳優の絶妙なバランスで成り立っている高校生でした」

 

【主な卒業生】

満島ひかり(女優)

西内まりや(モデル、女優)

今井絵理子(歌手・SPEED)

辻希美(歌手・モーニング娘)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:大阪府 四天王寺中学校 偏差値68(難関)

 

 

高畑充希さんの出身中学校は、私立の女子校の四天王寺中学校です。

 

この中学校は大阪を代表する難関中学校で、関西圏全体でも上位に位置する中学校です。

 

高畑さんはこの中学校に一般受験で合格しており、相当な学力の持ち主でした。

 

「中学受験が一番大変だったと思います。人生で一番勉強した時期でした。小学校のときから舞台女優になるのが夢だったので、そのために早稲田大学の演劇研究会に入ろうと思っていました。それで、進学塾に通って、大阪府内の中高一貫校の女子校に進学しました」

 

中学2年生の時に「山口百恵トリビュートミュージカル」のオーディションで、9621人の中からヒロインに選ばれて芸能界入りしています。

 

オーディションでは中島美嘉さんの「FIND THE WAY」を歌っており、高畑さん自身もこの曲にはたいへん思い入れがあったことから、後にリリースしたアルバムにも収録されています。

 

とは言え高畑さんは小学校時代から舞台女優を目指しており、中学校時代までに舞台や芸能事務所のオーディションを十数回も受けていますがすべて不合格になっており、ようやく中学2年生で念願の芸能事務所入りを果たしています。

 

そして同じ年の主演舞台「プレイバックPART2」の女優デビューを飾っています。

 

 

またこの舞台をレコード会社の社長が鑑賞していたことから、後の歌手デビューにつながっています。

 

ちなみにこの舞台のレッスンなどで学校の勉強についていけなくなったとインタビューで述べています。

 

「地元では有名な進学校でした。ちょうど入学後に舞台のお仕事を始めたので、入ったのはいいけど、勉強についていけなくなっちゃって。自分にとって勉強は、舞台女優になるために選択肢のひとつだったし、どんどん舞台のお仕事に魅せられていって。勉強がついていけなくなるのは当然でした」

 

またこのような進学校に在籍したにも関わらず、高畑さんは勉強は嫌いだったとコメントしています。

 

「勉強は嫌いでした。一つのことをコツコツやるのが苦手だったんです。本を読むことが好きだったので、現代文は得意だったのですが、古典や英語は全然ダメでした」

 

なお中学時代は軽音楽部に所属しており、ボーカルを担当して大会にも出場経験があるほどでした。

 

「中学の軽音楽部が面白いところで、私も同級生とバンドを組んで、本当はベースが弾きたかったんですが、じゃんけんに負けてボーカルに。その女子バンドではZONEのコピーなどを歌って、全国の軽音楽部のコンテストにも出場したこともあります」

 

加えて中学時代は高畑さんが音楽室に行くと列ができるなど、校内の女子からモテています。

 

「私は女子校だったので……どちらかというと女子にモテたかな」という意外な回答が。高畑は「音楽室に行くところに、人の列ができていたりとか……。(私を)見にきたんですかね?」

 

中学時代には女子から告白されたこともあるという仰天エピソードもあるほどです。

 

また中学の卒業式の日にはたくさんの後輩に制服などをねだられてあげてしまったことから、すごい質素な格好で帰ったそうです。

 

確かに当時の高畑さんはボーイッシュなイメージもあったことから、好きになってしまう同級生もいたのでしょう。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:東大阪市立永和小学校

 

 

高畑充希さんの出身小学校は、地元の東大阪市内の公立校の永和小学校です。

 

この小学校は生徒数減から2016年に東大阪市立菱屋西小学校と統合されて、現在は東大阪市立桜橋小学校になっています。

 

家族構成は両親と本人の3人家族ですが、幼少期から祖父母と同居しています。

 

 

父親は会社を経営しており、実家はかなりの資産家とされています。

 

父親が経営している会社は「株式会社高畑」で、様々な椅子や自動車のシート、インテリア関連の製品を製造販売している会社で、オーストラリアや中国、インドネシアにも進出しています。

 

高畑さんは子供の頃は、非常におとなしい少女でした。

 

両親が舞台鑑賞が好きだったことから、高畑さんも年に3、4本の舞台を観ており小学校時代から舞台女優を志しています。

 

そのため小学校時代にはコーラス教室に通っています。

 

またミュージカルの舞台ばかり観ていたので音楽もそのサウンドトラックばかり聴いていたとインタビューで述べています。

 

「幼稚園の頃からミュージカルやお芝居ばかり観ていたので、聴くのもはもっぱらミュージカルのサントラ。英語を理解しないままミュージカル『レ・ミゼラブル』をほとんど全曲歌えるような子どもでした」

 

そのため当時は流行りの歌やJ-POPなどを一切聴いていなかったことから、同級生とはなかなか話が合わなかったそうです。

 

その一方で小学校低学年の頃から進学塾に通って勉強し、習い事としては習字を習っていました。

 

 

以上が高畑充希さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代から数々の映画やテレビドラマ、舞台などに出演してきました。

 

そしてNHKの朝ドラのヒロインにも抜擢され、名実ともに人気女優の仲間入りを果たしています。

 

人気も全国区になったことでこのところは話題作のテレビドラマや映画に主演として起用されています。

 

(過保護のカホコ)

 

もともと演技力には定評があるので、高畑さんのさらなる飛躍を期待しましょう。

 

スポンサードリンク






ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ