羽生結弦の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

羽生結弦

 

%e7%be%bd%e7%94%9f

 

1994127日生

身長171

 

宮城県出身のフィギュアスケート選手

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人姉弟の下として生まれる。

 

姉の影響で4歳からスケートをはじめ、小学6年生の時には既に

「天才スケート少年」と呼ばれた。

 

中学1年生の2007-08シーズンに、全日本ジュニア選手権3位となり、

翌シーズンに初優勝を飾る。

 

2009-10のシーズンではジュニアGFで史上最年少の14歳で優勝。

 

2010-11のシーズンにシニアデビューし、四大陸選手権で銀メダルを獲得。

 

翌シーズンのGFでは2位に入り、2013-14のシーズンにGF初制覇を遂げる。

 

20142月のソチオリンピックでは、アジア人初となるフィギュアスケート

男子金メダルに輝く。

 

2014-15のシーズンではGFの2連覇を達成したが、世界選手権では

銀メダルに終わる。

 

その後2シーズンにわたってGFを制覇し、4連覇の偉業を遂げる。

 

2016年公開の映画「殿、利息でござる」に出演した。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:宮城県 東北高校 偏差値41(容易)

 

羽生結弦選手の出身高校は私立の共学校の東北高校です。

 

同校はスポーツの強豪として知られ、フィギュアスケート部も

トリノオリンピック金メダルの荒川静香さんら多くの選手を輩出しています。

 

羽生選手もフィギュアのために、仙台市立七北田中学から同校に進学します。

 

しかし中学時代から成績はオール5で、高校時代の成績もオール5と

勉強でも際立った成績を残しています。

 

両親の教育方針がフィギュアだけではダメで、勉強もしっかりすべき

というものだったので、遠征先でも参考書などを持参してしっかりと

勉強しています。

 

それでいてフィギュアでも日本人としては前人未到の記録を次々に

打ち立てているのですから、本当に素晴らしい選手です。

 

%e7%be%bd%e7%94%9f%e3%80%80%e5%8b%89%e5%bc%b7

 (成田空港でも勉強しています)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:早稲田大学 人間科学部通信教育課程(スクール)

 

羽生結弦選手は高校卒業後は、早稲田大学の通信教育課程であるスクールに

進学します。

 

スクールは無試験で入学できるので、偏差値はありません。

 

しかし卒業するのが難しく、卒業率は4050%前後で、

4年間で卒業するは非常に困難な現状です。

 

また学費も4年間で約450万円ほどかかり、

通学科とほとんど変わらないことも特徴です。

 

しかし卒業できれば通学科と同等の取り扱いになります。

 

GF4連覇中で新たな偉業を成し遂げている羽生選手。

 

大学には在学中ですが、恐らく学業も両立していると思われます。

 

このように羽生選手はフィギュアスケートでも超一流の選手ですが、

非常に有能で努力家である面も含めても、もはやこのような選手は

現れないと思うほど、すごい選手だったのです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ