吉田知那美(カーリング)の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

吉田知那美(よしだ ちなみ)

 

 

1991726日生

身長157

 

北海道出身のカーリング選手

ロコ・ソラーレ(LS北見)所属

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

実妹の吉田夕梨花もカーリング選手。

 

小学校2年生の時からカーリングをはじめる。

 

2006年に中学生のチームながら日本選手権に出場し、予選でトリノオリンピック日本代表のチーム青森に勝利するなど、中学生旋風を起こす。

 

(左から2番目)

 

カナダへの留学を経て、20114年に小笠原歩らと北海道銀行フォルティウスの結成に参加。

 

 

20142月にチームはソチオリンピックに参加して、5位となる。

 

 

同年3月に北海道銀行から戦力外通告を受けて退職して、6月に本橋麻里が率いるロコ・ソラーレに加入。

 

20163月の世界選手権では、日本勢初の準優勝を飾る。

 

 

20179月に強豪の中部電力を下して、平昌オリンピックの出場権を獲得した。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:北海道 網走南ヶ丘高校 偏差値53(普通)

 

吉田知那美さんの出身校は、道立の共学校の網走南ヶ丘高校です。

 

同校はスポーツが盛んで、ボート部やバレーボール部、空手部などが道内では強豪として知られています。

 

吉田さんはカーリングのメッカの常呂町(現在は北見市)の出身で、常呂中学校時代は「常呂中学校ROBINS」の一員として、全日本選手権などで活躍しています。

 

高校時代もチーム名を改めた「常呂JJ」に所属して主力選手となりますが、メンバーが別々の高校に進学していたこともあり、チームでの練習時間の確保に苦しんでさほどの良績を挙げることはできませんでした。

 

(中学生の頃)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

吉田知那美さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、カナダに留学しています。

 

当初の目的は語学留学でしたが、下宿先が日系人のカーリングコーチだったこともあって、改めてカーリングをカナダで学び直しています。

 

帰国後は郷里の先輩だった小笠原歩選手に誘われて、19歳で北海道銀行フォルティウスに加入。

 

ソチオリンピック後に非情の戦力外通告で地元北見のロコ・ソラーレに移籍しますが、チームは世界選手権で史上初の銀メダルの快挙を成し遂げます。

 

平昌オリンピックの大舞台での活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ