中垣内祐一の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

中垣内祐一

 

%e4%b8%ad%e5%9e%a3%e5%86%85

 

1967112日生

身長194cm

 

福井県出身の元バレーボール選手

全日本男子監督

 

(経歴)

 

スポンサードリンク



 

中学からバレーボールをはじめ、1989年には全日本代表選手に選出。

 

1990年に実業団の新日鉄に入部し、いきなりMVPや新人賞、

ベスト6に選出される活躍をする。

 

全日本でも長らくエースとして活躍し、バルセロナオリンピック出場の

原動力となった。

 

また端正なマスクから人気も高く、「ガイチ」の愛称で知られた。

 

2000年にシドニーオリンピックの出場を逃したことを契機に、

全日本代表を引退した。

 

2004年に現役を引退し、堺ブレイザーズの監督に就任すると

200506のシーズンにVリーグ優勝を果たす。

 

2009年にブレイザーズの監督を辞任して、チームアドバイザーに就任。

 

2011年から2013年までは全日本男子代表のコーチを務める。

 

201610月に全日本男子監督に選出される。

 

同年11月に交通事故を起こした。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福井県 藤島高校 偏差値68(超難関)

 

中垣内祐一さんの母校は福井県の県立校で共学の藤島高校です。

 

元々は福井藩の藩校・明道館をルーツに持つ伝統校。

 

福井県内でももっとも難しい高校として知られる進学校で、

数多くの政治家や学者、文化人を輩出しています。

 

県立校なのでもちろん推薦入学などありませんから、中垣内さんも

相当な学力を有していたことでしょう。

 

当時の中垣内さんは高校時代はバレーボール部に所属して、

県内でも注目される存在でした。

 

当時のバレー部は学業が優先でさほど練習時間もとれなかったことから、

中垣内さんは自宅から学校まで10キロ以上ある道のりを毎日自転車で通学し、

筋力を鍛えました。

 

そのおかげで進学校の弱小バレー部だったにも関わらず、

県大会4位を記録するなど健闘しています。

 

しかし残念ながら全国大会への出場は叶いませんでした。

 

【主な卒業生】

岡田啓介(第31代総理大臣)

俵万智(詩人)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:筑波大学 体育専門学群 偏差値58(中の上)

 

中垣内祐一さんは高校卒業後は、筑波大学に進学します。

 

進学先の学部である体育専門学群は、日本の体育系の学部の中でもっとも難関

であることで知られ、様々なスポーツジャンルで活躍選手を輩出しています。

 

中垣内さんもバレーの強豪校である同大で大きく成長し、大学4年生の時には

全日本代表に選出されました。

 

現役時代は長きにわたり全日本のスーパーエースとして活躍して、

人気も非常に高かったですね。

 

%e4%b8%ad%e5%9e%a3%e5%86%85%e3%80%80%e5%ae%9f%e6%a5%ad%e5%9b%a3

(実業団時代)

 

またVリーグの監督に就任してもすぐにリーグ優勝していますから、

やはり頭脳も明晰なのでしょう。

 

自動車事故により全日本の監督問題は揺れていますが、中垣内さんは

文武両道の逸材だけに全日本の監督としても活躍してほしいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ