上白石萌歌の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

テレビドラマや映画、舞台などで活躍する人気女優の上白石萌歌さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。芸能活動と学業を見事に両立させた高校時代や芸能界入りした小学生時代など、学生時代のエピソードも併せてご紹介いたします

 

上白石萌歌(かみしらいし もか)

 

 

2000228日生

身長161

血液型はA型

 

鹿児島県出身の女優、モデル、タレント

本名同じ以下では

 

上白石萌歌さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

2011年の「東宝シンデレラ」オーディションで、当時としては史上最年少の10歳でグランプリを受賞(萌音も審査員特別賞を受賞)。 

同年9月からティーン向けファッション誌「ピチレモン」の専属モデルとなる。 

同年11月の映画「空色物語 虹とシマウマ」で主演として女優デビュー。 

2013年の「幽かな彼女」で連続ドラマ初レギュラー。 

以降も「金田一少年の事件簿R」や「銭の戦争」、「フラジャイル」などのドラマに出演。 

「金メダル男」や「ハルチカ」、「羊と鋼の森」などの映画にも出演。 

2015年に「ス・マ・イ・ル」で歌手デビューしている。

 

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:明治学院大学 社会学部 偏差値57(中の上)

 

 

上白石萌歌さんは高校卒業後は、明治学院大学に進学しています。

 

当初はお姉さんの上白石萌音さんと同じく明治大学に進学したとの憶測が目立っていましたが、どうやら間違いのようです。

 

通学している明治学院大学は大学1~2年までは横浜市戸塚区の横浜キャンパス、3~4年からは東京都港区の白金キャンパスで学ぶことになります。

 

大学での勉強については次のようにインタビューでコメントしています。

 

「大学では文系の学部に所属していて、今のお仕事に直結するような芸術理論の勉強をはじめ、語学や社会学など、興味のある講義を受けています。高校の頃から政治経済や倫理などの社会科の科目が好きだったので、文系学部を選びました」

 

社会学部は政治や経済、語学や法律など、幅広いジャンルを横断的に浅く広く学べることから、この学部を選んで進学したようです。

 

またお姉さんの萌音さんと同居して生活していますが、映画の制作発表会では萌音さんが休日になかなか起きないことを突っ込んでいました。

 

 

大学進学後は活動の幅を広げて、数多くの作品に出演しています。

 

大学1年生の時には、萌音さんと初共演となる映画「羊と鋼の森」に出演しています。

 

 

また大学1年生の時に主役の声を担当したアニメ映画「未来のミライ」がカンヌ映画祭に選出されて、上白石さんも公開上映に参加しています。

 

(左は監督の細田守)

 

加えて大学1年生の3月には吉沢亮さんや中川大志さん、平手友梨奈さんや芳根京子さんらとともに日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 実践学園高校 偏差値5861

 

 

上白石萌歌さんの出身校は、私立の共学校の実践学園高校です。

 

この高校は東京の中野区にあり部活動が盛んで、卓球部やバスケットボール部などが全国大会の常連として知られています。

 

名称が実践女子大学やその系列の実践女子中学校・高校と似ていますが、別の学校法人です。

 

また同校には特別進学コース(偏差値61)と文理進学コース(同58)の2つのコースが設置されていますが、上白石さんがどちらのコースに在籍したかは不明です。

 

(高校時代のショット)

 

なおお姉さんの上白石萌音もこの高校に通学していました。

 

上白石さんは高校進学時には既に芸能活動をしていましたが、進学校に進んだ理由を次のようにインタビューで明らかにしています。

 

「勉強も、お仕事も、どちらも中途半端にしたくないという気持ちがとても強かったため、進学校に進むことにしました」

 

また仕事もおこなっていたので学業との両立も大変でしたが、あえて厳しい環境を選んで正解だったとも答えています。

 

「当然のように、定期試験や単位取得などは非常に厳しかったですが、敢えてその環境を選んで正解だったなと思えるくらい、勉強もお仕事も頑張れたので、妥協しなくて良かったなと感じています」

 

このあたりからは上白石さんの高い向学心も窺えます。

 

なお高校時代は部活動はおこなっていませんでした。

 

また高校時代は親友と呼べるほど仲のいい友達ができ、お互いに助け合っていましたとも振り返っています。

 

「高校時代にはすごく良い友達と出会うこともでき、進路に迷った時に真剣に相談に乗ってもらったり、逆に自分が友達の相談を受けたりとお互いに助け合っていました」

 

ただし高校時代はたびたび宿題に追われていることをインタビューで明らかにしており、学業と仕事の両立は「とても大変だった」と話しています。

 

また高校1年生の時には1stシングル「ス・マ・イ・ル」で歌手デビューを果たしています。

 

趣味は歌と話しミュージカルの舞台でも活躍する上白石さんですが、歌も非常に上手です。

 

 

そして高校2年生の時にはお姉さんの上白石萌音さんから引き継ぐ形で、ミュージカル「赤毛のアン」に主演しています。

 

(赤毛のアン・左はさくらまや)

 

また高校2年生の時には映画「ハルチカ」にも出演していますが、やはり学業との両立も考えて、高校時代はそれほど多くの作品に出演していません。

 

 

【主な卒業生】

もたいまさこ(女優)

玉袋筋太郎(浅草キッド)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:実践学園中学校 偏差値60(やや難関)

※入学は鹿児島市立皇徳寺中学校

 

 

上白石萌歌さんの出身中学校は、私立の共学校の実践学園中学校です。

 

この中学校は系列の高校に併設されており、高校へは一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

上白石さんは当初は地元鹿児島市の鹿児島市立皇徳寺中学校に通学していましたが、姉の萌音さんが高校進学を機に上京したので、中学2年生に上がるタイミングでこの学校に編入しています。

 

なお上京したばかりの際には電車の乗り間違えなどしたことをインタビューで述べています。

 

「3年前に鹿児島から東京に引っ越してきて、環境が変わったのが一番大きいです。最初はいっぱい電車を乗り間違えて、逆方向に行っちゃったり。今も人混みはあまり慣れていません」

 

また渋谷のスクランブル交差点にも驚いたそうです。

 

「戦争をしているのかと思いました(笑)。道路のあっちの陣営とこっちの陣営が、信号が変わると一斉に向かって行って、“何だ、これは?”と。今は私も歩くスピードが速くなってきました」

 

中学時代には女優活動を本格化させて、「幽かな彼女」や「金田一少年の事件簿N」などのテレビドラマに出演しています。

 

 

なお中学時代も部活動はおこなっていませんでした。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:鹿児島市立皇徳寺小学校

 

 

上白石萌歌さんの出身小学校は、地元鹿児島市内の公立校の皇徳寺小学校です。

 

父親は社会科の教師をしており、母親は元音楽教師のピアノの先生という家庭に育っています。

 

名前の「萌歌」はお母さんが音楽にちなんだ漢字をつけたいと希望したことが由来です。

 

 

上白石さんは子供の頃は活発だった姉とは正反対に、人前に出るのは苦手な少女でした。

 

「当時の私は、人前に出るのが苦手で、いつも母の陰に隠れているような子供でした。おしゃべりもあまり上手ではなかったですね。友達はいましたけど、どちらかというと一人でいるほうが好きでした」

 

幼少期からタップダンスやクラシックバレエを習っていたほか、ミュージカルのレッスンも受けています。

 

小学校1年生から3年生の頃までは、父親がメキシコに転勤し現地の日本人学校の日本語の担当教師になったことから、メキシコで過ごしています。

 

(メキシコ時代)

 

メキシコ時代はアートに刺激されたとインタビューで述べています。

 

「メキシコは、何もかもがカラフルで、街にアートがあふれていて、見るものすべてが子供心にすごく刺さったのだと思います。「この絵は強烈だな」とか「怖いな」とか、そういうことを感じた経験が今に生きてきて、いい時間を過ごさせてもらっていたのだと思っています」

 

10歳の時に「東宝シンデレラ」のグランプリに輝いて芸能界入りを果たしています。

 

このオーディションには姉の萌音さんが東京観光を兼ねてダメもとで応募していますが、萌歌さんも姉が受けるならとついでに応募しています。

 

「最初は、姉だけが受ける予定だったのですが、ふと気になって、応募要項の年齢制限のところを見てみたら、10歳から応募可能となっていたため、姉が受けるなら私も受けてみようと思いました。まさかそこから芸能界との接点ができ、今の自分につながっていくとは、当時は全く思っていませんでした」

 

ただしオーディションが進むにつれて女優に憧れていったことをインタビューで話しています。

 

「“人前に出ることってこんなに楽しかったの?”と、そのとき感じたんです。そこから“女優さんって素敵なんだろうな”と思うようになりました」

 

 

ちなみにこのオーディションは44,120人もの応募があって、お姉さんの萌音さんも審査員特別賞を受賞しており、他にも山崎紘菜さんも審査員特別賞、浜辺美波さんがニュージェネレーション賞を受賞しています。

 

 

また同じ年にはこのオーディションの受賞者が主演した映画「虹とシマウマ」が製作されています。

 

 

オーディションに合格した際のことを次のようにインタビューで話しています。

 

「私はよくわからなくて『無』になっていた感じでした。ビックリもしなくて、これで女優さんになれるとも考えなくて、ただスポットライトが眩しくて“どうしよう……”という気持ちでした」

 

ただし前記のように中学2年生までは地元の鹿児島市に在住していたことから、仕事の都度に鹿児島から東京に上京する生活を送っています。

 

「小学生、中学生の頃は、出身地である鹿児島で過ごしていました。「東宝シンデレラ」オーディションのグランプリを獲得した小学5年生の頃からは、鹿児島と東京を行ったり来たりの生活で結構大変でした。でも、環境が変わるたびに、色々な友達に出会えたので、それはとても良かったと思います」

 

 

またオーディションを合格した年にローティーン向けファッション誌「ピチレモン」の専属モデルにも起用されています。

 

 

「ピチレモン」時代は福原遥さんや関根莉子さんらとともに、同誌の看板モデルになっています。

 

以上が上白石萌歌さんの学歴や学生時代のエピソードなどのまとめです。

 

子役時代から演技力には定評があり、このところは話題作のテレビドラマや映画などに立て続けに起用されています。

 

(義母と娘のブルース・2018年 左は井之脇海)

 

また歌唱力には定評もありCDデビューも果たしたほか、ミュージカルの舞台にも主演として起用されることが多くなっています。

 

さらに演技力を磨けば、女優として大ブレイクを果たす可能性も秘めており、さらなる大きな飛躍にも期待が高まります。

 

上白石萌音の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|明治なの?

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ