小林稔侍の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃の画像

 

俳優の小林稔侍さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。名バイプレーヤーとして知られる小林さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします

 

小林稔侍(こばやし ねんじ)

 

 

1941年2月7日生

身長180㎝

血液型はA型

 

和歌山県かつらぎ町出身の俳優

本名同じ(読みはこばやし としじ)

 

以下では小林稔侍さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

小林稔侍の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:和歌山県 笠田高校 普通科 偏差値49(やや容易)

 

 

小林稔侍さんの出身高校は、県立の共学校の笠田高校です。

 

この高校は1927年開校の県立校で、ソフトボール部が県内では強豪として知られています。

 

また現在の同校は情報処理科(偏差値46)や総合ビジネス科(偏差値46)も設置していますが、小林さんが在籍した当時は普通科と家政科(後に廃止)のみの設置でした。

 

後述するように小林さんは中学校は和歌山市内の進学校に通学していましたが、高校は地元の高校に通学しています。

 

高校時代に「東映ニューフェイス」の広告を見たことで、役者志望になっています。

 

役者志望になったのはもともと家が裕福でなかったことから、「役者になればすぐにお金が入り、親に家を買ってあげられる」と考えたからです。

 

小林さんの実家は和歌山県かつらぎ町で洋服の仕立屋をやっていましたが、家は借家で「田舎で借家暮らしだったことから肩身の狭い思いをした」とも述べています。

 

また高校時代までずっと田舎暮らしだったことから、当時は東京にかなりの憧れを持っていました。

 

【主な卒業生】

溝端淳平(俳優)

 

そして小林稔侍さんは高校卒業後は大学に進学せずに、俳優を目指しています。

 

当初は青山学院大学を受験する予定でしたが、「東映ニューフェイス」の試験日と重なったことから大学受験は断念しています。

 

そのため親には大学受験に行くと嘘をついて、「東映ニューフェイス」の試験を受けています。

 

「東映ニューフェイス」は高倉健さんや梅宮辰夫さん、千葉真一さんや里見浩太朗さんなどの錚々たる俳優たちを輩出していたので、当時のこのオーディションはかなりの狭き門で、小林さんが応募した年も全国から2万4000人もの応募がありました。

 

小林さんは最終の社長面接では緊張のあまり、「最終審査に残れるなんて夢のようです」のひと言しかしゃべれませんでしたがそれでも合格しています。

 

そのため高校を卒業した1959年に東映に入社しています。

 

当初はアクションドラマや特撮ものを中心に出演しています。

 

(左端が小林さん)

 

ところが当時の小林さんは演技力に難もあったことからなかなか売れずに、1970年代後半までは端役専門でした。

 

 

それでも1978年に高倉健さんが主演した映画「冬の華」でセリフがないわき役だったにも関わらず演技が評価されたことから、以降は徐々に仕事が増えていきます。

 

(若い頃・高倉健と)

 

そして45歳だった1986年にNHKの朝ドラ「はね駒」にヒロインの斉藤由貴さんの父親役で出演すると、俳優としてようやくブレイクしています。

 

 

以降は数々のテレビドラマや映画に出演して、2000年に出演した映画「鉄道員」では日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞しています。

 

 

ちなみに売れない頃から高倉健さんからは小遣いをもらったり連帯保証人になってもらったりしており、小林さんは高倉さんを「恩人」と呼んでいます。

 

スポンサードリンク

 

小林稔侍の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:和歌山大学教育学部附属中学校 偏差値50(普通・現在)

 

 

小林稔侍さんの出身中学校は、国立の共学校の和歌山大学教育学部附属中学校です。

 

この中学校は和歌山県内に唯一ある国立中学校で、小林さんの時代は私立中学校の台頭がなかった時代でしたので難関校でした。

 

そのため小林さんも当時はかなり勉強して、この中学校に合格したとインタビューで述べています。

 

「和歌山大学教育学部の附属中学校に入りたくてね。成績は真ん中より上だったけど、それだけでは学校に推薦してもらえない。だから後にも先にも、あれほど勉強したことはありません」

 

ちなみにこの中学校に進学しようと思ったのは「附属中学の女の子はすごくかわいいと聞いたから」と話しています。

 

中学受験の際には小学校の同級生3人と受けに行っていますが、小林さんのみが合格しています。

 

また中学入学当初は将来は医者になろうと思っていますが、前記の通り後に俳優志望に転向しています。

 

ただし医者になろうと思ったのも、親に楽な生活をさせてあげたかったという理由からでした。

 

なお小林さんは中学時代に1学年先輩の女子とはじめて交際しています。

 

また映画好きだったことから、中学時代から後の恩人の高倉健さんのファンになっています。

 

【主な卒業生】

清水理子(アイドル)

 

スポンサードリンク

 

小林稔侍の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:和歌山県 かつらぎ町立笠田小学校

 

 

小林稔侍さんの出身小学校は、地元かつらぎ町内の公立校の笠田小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

両親は愛情をもって育てており、「貧しいながらも親は愛情に溢れていた」とも述べています。

 

小林さんは同級生の親が映画館を経営していたことから、小学校時代から映画が大好きでした。

ちなみに当時はタダで入場させてくれたそうです。

 

前記のように難関中学校に進学するために、小学校6年生の1年間だけ猛勉強しています。

 

以上が小林稔侍さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

名バイプレーヤーとして、これまで数え切れないほどのテレビドラマや映画に出演してきました。

 

 

既に80歳に近い年齢ですが、現在でも第一線で活躍しています。

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ