田中大貴(バスケ)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

バスケットボール選手の田中大貴さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「バスケットボール界のプリンス」との異名をとる田中さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

田中大貴(たなか だいき)

 

 

199193日生

身長192 93kg

血液型はA型

 

長崎県雲仙市出身のバスケットボール選手

アルバンク東京所属




 

経歴/プロフィールの詳細

 

小学校2年生の時に友人に誘われてバスケットボールをはじめる。 

2012年に日本代表にはじめて選出され、FABAアジアカップに出場して準優勝。 

20142月にNBLのトヨタ自動車アルバンク東京に入団し、仁川アジア競技大会にも出場。 

2015年から主力選手となり、チームをけん引。 

2016年にプロリーグの統合によって、チームはBリーグB1東地区となる。 

同年に1試合平均13.2得点を記録して、チームのプレーオフ進出に貢献。 

将来を嘱望されており、「バスケットボール界のプリンス」の異名をとる。

 

田中大貴の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東海大学 体育学部競技スポーツ学科 偏差値50(普通)

 

 

 

田中大貴さんは高校卒業後は、東海大学に進学しています。

 

この大学には一般受験ではなく、バスケットボールのスポーツ推薦で進学しています。

 

 

田中さんは大学進学の際にたくさんの大学から声がかかったようで、その中でも高校時代の先輩らが進学をした明治大学と青山学院大学、東海大学に絞りました。

 

これらの大学の中から同大学を選んだ理由をインタビューで次のように話しています。

 

「どの大学のコーチも長崎まで足を運んで下さり、熱心に誘って下さいました。その中で東海大を選んだのはやはり陸川(章)先生の『熱さ』に感じるところがあったからです。」

 

 

田中さんは大学1年生のときからレギュラーとして活動しており、高校時代とはフィジカルの差を感じたそうですが、オフェンスやシュートに関しては手ごたえを感じていたそうです。

 

また田中さんは目立ちたがり屋な部分があるそうで、やるからには1年生のときから活躍をして先輩たちには負けたくないという思いがあったようです。

 

同大学ではウエイトトレーニングもできる設備が整っており、そのトレーニングも受けていたそうです。

 

また大学生活についてはインタビューで次のように話しています。

 

「1年の時は寮の食事当番もあるので、当番の日は5時過ぎに起きなくちゃならなくて、それが辛いと言えば辛かったですが、周りと温度差を感じることがあった高校時代とは違い、東海では周りの誰もが全エネルギーをバスケに注いでいるというか、みんな自分と同じマインドなんだと思えて、そういう環境が心地良かったです。」

 

競技面では3年生の時にははじめて日本代表に選出されて、アジアカップなどに出場。

 

 

4年生の時には全日本大学選手権に優勝し、最優秀選手にも選ばれています。

 

その後はBリーグでも活躍し、将来の日本バスケットボール界を背負うような存在と目されています。

 

 

加えて2017年には人気女優の広瀬アリスさんとの交際が報じられています。

 

 

また数々のメディアにも出演しています。

 

 

今後の活躍にも期待ですね。 

 

広瀬アリスの学歴|出身高校中学校や大学の偏差値や学生時代のかわいい画像

 

スポンサードリンク

 

田中大貴の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:長崎県 長崎西高校 偏差値67 or 70(学科不明のため)

 

 

 

田中大貴さんの出身高校は、県立の共学校の長崎西高校です。

 

この高校は1948年開校の県立校で、県内でもトップレベルの難関校でこれまで多くの人材を政財界に輩出しています。

 

また進学校にも関わらず、バスケットボール部は県内でも強豪として知られており、たびたび全国大会にも出場しています。

 

同校は普通科(偏差値67)、理系(同70)ですが、田中さんがどちらに在籍したかは不明です。

 

なお同校は進学校ですが年に2人だけ特別推薦枠(スポーツ推薦)での入学を認めており、田中さんはその制度で進学しています。

 

九州にはバスケットボールの強豪校がたくさんありましたが、意外にも当時の田中さんは地元の長崎県を出て他の県の強豪高校に進むほどの能力はないと思っていました。

 

この高校に進学した理由についてインタビューで次のように話しています。

 

「長崎西高校に進んだ理由の一つは、もともとウチの中学の先生と長崎西の先生が知り合いだったことです。」

 

高校時代はバスケットボール部に在籍をしており、顧問の先生の自宅の近くにある寮で過ごしていました。

 

 

部活動での活動は自由な雰囲気で楽しかったそうですが、勉強が大変で今までにないほど苦労したと話しています。

 

同校は進学校だったことから東京大学や京都大学などの難関大学を目指している人も多く、全然レベルが違うかったためテストの際には「いかにして赤点を脱するか」ということが目標だったそうです。

 

当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「テストが近づくとバスケ部の先生が若い数学の先生や英語の先生を寮に呼んでくれるんですよ。言わば僕たち5人のための特別補習ですね。」

 

そこまでしても勉強は難しく、最終的にはテストに出るところを教えてくださいと先生に懇願していたそうです。

 

このような感じで勉強は全くだったことから、高校時代に輝けたのは体育祭のときだけだったと言います。

 

また田中さんは高校時代に全国高等学校バスケットボール全国大会には3年連続で出場をしていますが、インターハイは高校2年生のときのみ出場しています。

 

当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「初めて経験したインターハイは緊張しましたが、自分が通用する手応えも感じて、木屋瀬中学に全く歯が立たず衝撃を受けた中学時代とは違って、自分もやれるんじゃないかという自信が生まれました。」

 

しかし高校3年生のときにインターハイへの出場を逃してしまい、キャプテンとしての責任もあったことから「このままバスケを辞めてしまいたい」と思ってしまったようです。

 

【主な卒業生】

長濱ねる(元欅坂46

草野仁(アナウンサー)

麻生祐未(女優)

 

広瀬アリスの学歴|出身高校中学校や大学の偏差値や学生時代のかわいい画像

 

スポンサードリンク

 

田中大貴の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:長崎県 雲仙市立小浜中学校 偏差値なし

 

 

 

田中大貴さんの出身中学校は、地元長崎県雲仙市内の公立校の小浜(おばま)中学校です。

 

中学時代はバスケットボール部に在籍しており、中学3年生の時にはキャプテンを務めていました。

 

 

部活動の練習は厳しくとても熱心だったそうで、練習が終わるのが21時になることもあったそうです。

 

またこの中学校の陸上部の部員には女子3人しかいなかったことから、大会の度にバスケットボール部の部員が出場をしていました。

 

当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「夏休みになると朝学校に行ってまず陸上の練習をして、終わってからみんなで集まって勉強して、昼過ぎからはバスケット部の練習……と、ほぼ一日学校にいました。」

 

中学3年生のときの春の九州大会で3位になっていますが、全国中学生大会の出場権をかけた夏の大会では敗北してしまっています。

 

この時に能力の差がすごく叶わないと思ったようですが、それと同時に負けたくないという思いも出てきたそうで上を目指すきっかけになったと話しています。

 

なお田中さんは中学時代は全国的にはさほど目立つ存在ではなかったので、県内の公立校に進学しています。

 

田中大貴の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:長崎県 雲仙市立富津小学校

 

 

 

田中大貴さんの出身小学校は、地元雲仙市内の公立校の富津小学校です。

 

この小学校は2019年に小浜小学校と統合されて閉校になっています。

 

田中さんの家族構成は不明ですが、兄がいるようです。

 

 

この小学校は生徒数も少ない小さな学校だったことから、毎日同じメンバーで野球やテニスを楽しんでいたそうです。

 

しかし部活動は野球はなくバスケットボール部しかなかったことから、小学2年生のときに仲の良い友人が入部すると田中さんも一緒に入ったそうです。

 

当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「バスケに興味があったというより友達と遊びたくてついていったという感じです。練習は週2~3回、指導してくれる先生がバスケの初心者だったこともあり、パスとかドリブルとか基本になる練習はちゃんとやってましたけど、全国大会を目指すとかそういう雰囲気ではなく、最初は遊びの延長みたいな感じで楽しんでいたような気がします。」

 

しかしその後はどんどんバスケットボールにハマっていき、小学5年生のときには試合に負けるたびに泣いていたほどだと言います。

 

以上が田中大貴さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代からバスケットボール選手として成長して、現在では日本を代表するプレーヤーのひとりとなっています。

 

またイケメンであることから「バスケットボール界のプリンス」の異名をとり、女性ファンが多いことでも知られています。

 

今後のさらなる飛躍にも期待が高まります。

 

広瀬アリスの学歴|出身高校中学校や大学の偏差値や学生時代のかわいい画像

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ