佐々木彩夏の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

ももいろクローバーZのメンバーの佐々木彩夏さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「あーりん」の愛称で人気が高い佐々木さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

佐々木彩夏(ささき あやか)

 

佐々木

 

1996611日生

身長160

血液型はAB型

 

神奈川県横浜市出身の歌手、女優

ももいろクローバーZのメンバー

本名同じ、愛称はあーりん

 

以下では佐々木彩夏さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

佐々木彩夏の学歴・経歴・プロフィールの略歴

 

1996年(0歳):神奈川県横浜市で生まれる

2003年(7歳):小学校に入学

2003年(7歳):スカウトされて芸能界入り

2004年(8歳):「虹のかなた」にてドラマデビュー

2005年(9歳):子供向けバラエティ番組「おはスタ」にレギュラー出演

2005年(9歳):バンダイ「ふしぎ星の☆ふたご姫〜はねのミューグラム」にてCMデビュー

2007年(11歳):日本マクドナルド「ハッピーセット“プリキュア5” 」のCM出演

2008年(12歳):「ももいろクローバーZ」に加入

2009年(13歳):小学校卒業

2009年(13歳):私立日出中学校入学

2009年(13歳):「ももいろパンチ」でインディーズデビュー

2009年(16歳):私立日出中学校卒業

2012年(16歳):私立日出高校・芸能コース入学

2012年(16歳):NHK紅白歌合戦初出場

2013年(17歳)めざましテレビに出演

2014年(18歳):「聖闘士星矢 Legend of Sanctuary」にて声優デビュー

2015年(19歳):私立日出高校芸能コース卒業

2015年(19歳):「幕が上がる」にて映画初主演

2016年(20歳):自身初のソロコンサート「AYAKA-NATION」を開催

2017年(21歳):初のソロシングルCD「My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)/My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)」をリリース

2019年(23歳):自らがプロデューサー兼メンバーを務める7人組ユニット「浪江女子発組合」を結成

2020年(24歳):初のソロアルバム「A-rin Assort」をリリース

2020年(24歳):ファッション雑誌「LARME」のレギュラーモデルに起用される

2020年(24歳):「東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE」に出演

2020年(24歳):東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれる

 

佐々木彩夏の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:日出高校 芸能コース 偏差値42(容易)

※2019年4月からは目黒日本大学高校

 

 

 

佐々木彩夏さんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる日出高校です。

 

佐々木さんは幼少期から芸能活動をしており、中学時代もももクロのメンバーとして活動していたので、幅広い活動をおこなうために同校の芸能コースに進学しました。

 

これまで学歴などの公表がなく、ネット上には出身地の神奈川県立金井高校を出身校とする情報もありますが、制服などからすればそれらは誤報です。

 

佐々木1

(高校時代)

 

日出高校では以下の人物たちと同級生でした。

 

吉川愛(女優)

田中芽依(ファッションモデル)

目黒蓮(Snow Man)

田中誠治(ジャニーズjr.)

 

佐々木さんは高校時代は仕事があったので、部活動などはおこなっておらず帰宅部でした。

 

また芸能コースに在籍していましたが勉強も得意で、特に英語と数学は習熟度上位のクラスに在籍していました。

 

テストの点数がクラスで2位になったこともありました。

 

佐々木さんが高校に入学した2012年に、ももクロは大ブレイクして初の日本武道館公演をおこなっています。

 

またその年の12月にはNHKの紅白歌合戦に初出場し、知名度も大幅に上昇しています。

 

 

佐々木さんも高校時代はタレント活動もしており、「めざましテレビ」などに出演しています。

 

 

また高校1年生の時にグループでアルフィーの坂崎幸之助さんのイベントに参加して山口百恵さんの「秋桜」を歌いましたが、大きく音程を外してしまい、これを機に歌への意識や取り組みを変えています。

 

佐々木さんは高校3年生の時にはテレビ番組の収録中に転倒して左くるぶしを骨折していますが、それでもライブに出演するなど根性のあるところを見せています。

 

そして佐々木彩夏さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校も芸能コースだったことから、当初から大学へ進学するつもりはなかったのかもしれません。

 

高校を卒業した年には「幕が上がる」で他のメンバーとともに、映画に初主演しています。

 

 

 

また以降もグループの活動の傍らでソロライブを開催するなど精力的に活動しています。

 

 

その他にもグラビアなどが好評になっています。

 

スポンサードリンク

 

佐々木彩夏の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:日出中学校 偏差値42(容易)

※2019年4月から目黒日本大学中学校

 

 

 

佐々木彩夏さんの出身中学校は、私立の共学校の日出中学校です。

 

この中学校は高校に併設している系列校なので、高校へは内部進学の形で進んでいます。

 

中学時代も仕事があったので、部活動などはおこなっていませんでした。

 

 

佐々木さんが中学校1年生の時に、ももクロは「ももいろパンチ」でインディーズデビューしています。

 

 

しかし当時はまったく話題にならなかったことから、夏休みにはワゴン車で全国を周ってヤマダ電機の店先などで無料ライブを開催するなど、地道な活動をしています。

 

 

またこの年にグループから柏幸奈さんが脱退して、有安杏果さんが加入しています。

 

なおこの頃は女優の新木優子さんと歌やダンスの練習をしていました。

 

当時は新木さんも無名で、現在でもグループとは交流があります。

 

スポンサードリンク

 

佐々木彩夏の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

  

佐々木彩夏さんの出身小学校は横浜市内の公立校のようですが、校名などは不明です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です。(ひとりっ子)

 

 

佐々木さんは子供の頃から母親に溺愛されており、非常に過保護に育てられています。

 

ただし母親のしつけは厳しく、カラオケや漫画、プリクラなどは禁止、包丁や火を使って料理してはいけないなどのルールもあり、それゆえ「箱入りあーりん」とも呼ばれています。

 

また子供の頃から運動音痴で、スポーツも苦手で泳げません。

 

運動神経がいいメンバーが多いももクロですが、佐々木さんは側転などもできません。

 

 

もともと引っ込み思案だったので、母親が心配して幼少期に児童劇団に入団しています。

 

また当時はジャズダンスやクラシックバレエなどの習い事もしています。

 

小学校1年生の時に芸能事務所入りして、小学校3年生から5年生の頃まで子供向けバラエティ番組「おはスタ」におはキッズとして出演しています。

 

 

ももクロでは最年少メンバーの佐々木さんですが、他のメンバーに比べても圧倒的な長さの芸歴を誇っています。

 

小学校時代は速水もこみちさんとともに「フロムエー」のCMに出演していました。

 

 

小学校時代はCMへの出演が多く、他にもビクターやベネッセ、味の素などのCMにも出演していました。

 

また10歳の時には映画「デスノート」にも出演しています。

 

佐々木さんは当時からアイドルに憧れており、松浦亜弥さんがお気に入りでした。

 

 

以上が佐々木彩夏さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

売れるまでは多少時間がかかりましたが、ももクロは世代を代表するようなトップアイドルグループになりました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ももいろクローバーz #ニッポン放送 #ももクロくらぶ #ゲスト #顔から走る #女の子 #小学生ぶりにみた #バレイベ #ももクロ

濱口優🈳(@hamaguchi_masaru)がシェアした投稿 –

 

頭の回転が速くトーク力もある佐々木さんはももクロのライブではMCを務めることが多く、なくてはならない存在です。

 

また高校卒業後はソロでの活動も目立つようになり、ソロライブも開催しています。

 

 

グループの活動はもちろんのこと、ソロとしても佐々木さんの今後の成長にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ