寺本莉緒の学歴と経歴|出身大学どこ?高校や中学校の偏差値|進学校出身で勉強が得意だった

 

人気グラビアアイドルで女優としても活動している寺本莉緒さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は寺本さんは進学校の出身で英語が非常に得意です。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

寺本莉緒(てらもと りお)

 

 

2001年11月5日生

身長150㎝

血液型はO型

 

広島県広島市出身のグラビアアイドル、女優

本名同じ

 

以下では寺本莉緒さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

寺本莉緒の学歴~出身大学(日本大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:日本大学(有力) 偏差値35~55(学部不明のため・医学部・歯学部以外)

 

 

 

寺本莉緒さんは2020年の4月から大学に通っていますが、進学先の大学は日本大学が有力です。

 

というのもこの大学の系列の高校に通学していました。

 

また中学時代の友人と大学受験の時期に会ったことをインタビューで話していますが、その頃には自身の大学受験は終わっていたことを明らかにしています。

 

「東京の大学に進学したコもいるんですけど、コロナで広島に帰ってしまって。最後に会ったのは大学受験のときです。みんなはめっちゃ勉強してたんですけど、私はもうその時点で入学が決まってたので邪魔しに(笑)」

 

とすれば一般受験ではなく、内部進学で大学に進学した可能性が高いでしょう。

 

なお進学先の学部や学科は判明していません。

 

ただし寺本さんは英語が得意なので、文理学部英文学科(偏差値53)が有力です。

 

また女優としても活動していることから、芸術学部(偏差値50)の可能性もありそうです。

 

このあたりは何か判明しましたら追記しておきます。

 

ちなみに大学時代に英語力を磨くために海外留学も視野に入れているそうです。

 

寺本さんのツイッターの投稿に「高校生・・・終わっちゃった」「大学も頑張るぞ」という投稿があるので、大学進学したことは間違いでしょう。

 

なおなぜ寺本さんの進学先の大学の手がかりが少ないかと言いますと、2020年の新型コロナウィルス禍の影響です。

 

寺本さんは2020年4月に大学に進学していますが、この年の大学の入学式はほぼすべてコロナウィルスの影響で取りやめになっています。

 

 

大学の入学式は目撃者がツイッターなどのSNSにアップするなど、貴重な情報源です。

 

またタレント本人がインスタグラムやツイッターに画像付きで大学入学を報告することも多く、背景の建物などから進学先の大学を割り出すこともできます。

 

2020年の大学進学者はそのような情報がないので進学先の大学の絞り込みには苦戦しています。

 

なお寺本さんは2020年12月のインタビューで、大学には1度も通えていないことを明らかにしています。

 

「大学は1回も行けてないです…。どの学生も同じ境遇だと思って頑張っています。来年の春からはもしかしたら通えるかもしれないと告知されているので、友だちがたくさんできたら。大学生になってからできた友だちはゼロなので」

 

 

ちなみに授業はオンラインでおこなわれており、大学生としての勉強はしています。

 

「授業はすべてオンラインでやってました。画面に先生が映っていて、私たちは顔を見せないんです、声だけで」

 

オンライン授業は先生からは見えていないため、さぼっていてもバレない状況でしたが課題を提出しなければいけないため、一応しっかりと授業は聞いていたようです。

 

また大学の友人とは一度も会っていない状況でしたが、SNSで友人になったことを明かしています。

 

自粛期間中の休日にはゲームをしたり、友人と1日中電話をしたりしていました。

 

大学1年生の終わりごろのインタビューでは1回だけクラスでの集まりに参加をしたとのことですが、その場のノリに全く合わなかったようです。

 

このことについてインタビューでは次のように話していました。

 

「ノリの違いというか、モチベーションの違いというか……、今までの友達とはちょっと感じが違って、やはり幼いというか、なんというか……。」

 

加えてコロナの影響で家にいることが多くなり、とにかく寝てばかりいるとのこと。

 

またお風呂も3時間も入っているそうです。

 

大学進学後の2020年8月にYOUTUBEに自身のチャンネル「りおのこと。」を開設しています。

 

 

寺本さんは街中を歩いていてまだ声をかけられたことがないそうで、これからもっと頑張って「マスクと帽子がないと外歩けない~」と言ってみたいそうです。

 

また女優の満島ひかりさんのように力強い演技ややさぐれた演技など幅広く完璧にこなせるような女優さんになりたいと話していました。

 

 

このところは女優の仕事が増えているので楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

寺本莉緒の学歴~出身高校(目黒日本大学高校)の詳細

 

出身高校:東京都 目黒日本大学高校 芸能コース 偏差値42(容易)

 

 

 

寺本莉緒さんの出身高校は、私立の共学校の目黒日本大学高校の芸能コースです。

 

この高校は1903年開校の私立高校で、古くから芸能コースを設置していたので多くの芸能人を輩出しています。

 

また寺本さんが入学した当時は日出高校でしたが、高校3年生だった2019年4月に目黒日本大学高校に校名が変更されています。

 

後述するように寺本さんは中学時代から芸能活動をしていたので、幅広く活動できるようにこの高校に進学したのでしょう。

 

 

ちなみに寺本さんは出身高校を明らかにしていませんが、高校時代にインスタグラムにアップした制服画像でこの高校の出身者であることが特定されています。

 

どうやら出身高校が明らかになっても気にしないようですね。

 

この高校では「AKB48」の小栗有以さんが同級生でした。

 

また同じ学年には「乃木坂46」の阪口珠美さんや久保史緒里さん、遠藤さくらさんや金川紗耶さん、賀喜遥香さんや中村麗乃さんも在籍していました(ただし全員通信制課程)。

 

寺本さんは高校時代は電車に乗らずに1時間ほどかけて歩いて通学することが好きでした。

 

歩きながら仕事のイメージトレーニングをしたり、勉強のことを考えていたようです。

 

歩いている時の方が集中しやすいそうで、歩きながら授業の音声を聞き返し「そういうことか!」と理解できたこともありました。

 

中学時代は学校でも目立つ存在でしたが、芸能人が多く在籍する芸能コースに通学していたこともあり高校時代は目立たない存在だったと話しています。

 

また寺本さんは高校時代のインタビューでは英語が得意だということと英検2級を取得していることを明らかにしています。

 

「英語はもともと好きで、中学生のときに英語に強い学校に通って勉強しました。今は英検2級を持っていて、準1級を目指してます」

 

さらに高校時代は「1人カラオケ」によく行っており、お気に入りのアーティストはSuper Flyとのこと。

 

仕事面では高校1年生だった2017年4月に舞台「ローファーズハイ!!」で女優デビューを飾っています。

 

またこの年には「駿台予備校」のモデルに起用されています。

 

 

また寺本さんは2018年に7年ぶりに復活した「ミスマガジン2018」で2,893人の中から「ミスヤングマガジン」を受賞しました。

 

 

この際にはじめて水着でグラビアの撮影をしていますが、照れも自信もなかったそうです。

 

また自分の水着姿が「ヤングマガジン」に掲載されたのを見た際には、次のようにインタビューで振り返っています。

 

「『うわーっ! グラビアだーっ!』と思いました(笑)。『自分が載ってる! しかも水着で!』という、うれしさが大きかったです。発売日に近所のコンビニに買いに行ったんですけど売ってなくて、2~3軒回って手に入れました」

 

 

なお初めてのグラビアで賞を取れたことがとても嬉しかったそうで、受賞後のインタビューでも次のように話しています。

 

「発表会見でも言わせていただいたんですが、ひと言でいうと『ぶちうれしい』です! 広島の言葉を使って言いたいと思って準備してました。『ぶち』は最上級で、“Very Very Very”ぐらいです! ぶっちぎりに嬉しいです(笑)。グラビア自体が初めてなので、その初めてのことでヤングマガジンさんの賞をいただけたのは、もう嬉しいというほかないです」

 

またミスマガジンに輝いたことで、グラビアアイドルとして注目されて以降は数々の雑誌に掲載されています。

 

 

また高校3年生だった2019年にはファースト写真集「CURIOSITY」の撮影もはじまりました。

 

さらにこの年には広島ホームテレビ制作のテレビドラマ「恋とか愛とか(仮)」の主演にも起用されています。

 

そのため高校時代の修学旅行は仕事の都合で行くことができませんでした。

 

また新型コロナウィルス禍の影響で卒業式はクラスでおこなわれたそうです。

 

スポンサードリンク

 

寺本莉緒の学歴~出身中学校(AICJ中学校)の詳細・進学校だった

 

出身中学校:広島県 AICJ中学校 偏差値62(やや難関)

※後に転校

 

 

 

寺本莉緒さんの出身中学校は、私立の共学校のAICJ中学校です。

 

この高校は2006年に開校した私立中学校(併設の高校もある)で、広島県で「鴎州塾」という進学塾を運営している学校法人が経営している中学校です。

 

ちなみに校名は「Academy for the International Community in Japan」の略(日本における国際社会のための学校)で、英語教育に定評があります。

 

そのため在校生は毎年英検を受験することが義務付けられています。

 

寺本さんはこの中学校に中学受験で入学しており、高い学力を有しています。

 

受験勉強をはじめたのは受験の1年前だったことから一般的には遅い時期でしたが、「この中学校に行きたい」と言う目標が明確だったことからスケジュールを立てて取り組んでいます。

 

この学校は英語に力を入れており、寺本さんは語学が好きだったことから「この学校に入れば道が開けそう」と感じました。

 

しかし入学後は大変だったと振り返っており、校長先生が外国人で入学式の式辞がすべて英語でした。

 

他の生徒は帰国子女やインターナショナル出身の人が多く、ほとんどの教科で英語を使用するため完全なアウェー状態だったといいます。

 

寺本さんは負けず嫌いな性格から単語テストをコツコツと頑張り、結果的に英語の成績も向上しています。

 

中学時代は優等生でありながらクラスのムードメーカーでした。

 

「学校では優等生で、クラスのムードメーカーみたいな感じだったと思います。先生からも友達からも好かれてました、きっと。そう願ってます」

 

また寺本さんはちやほやされることが好きだったため、最先端の文房具を筆箱に入れたり、中学校で1番にパーマをかけたことを明かしています。

 

体育の授業では男子がこそこそ言っており、聞いてみると寺本さんの胸が大きいという話をしていました。

 

この時に自身の胸が大きいことに気づいて、「これは使えるな」と思ったことを明かしています。

 

中学2年生だった2015年にオーディションに出場したことがきっかけに現在の所属事務所に在籍しています。

 

寺本さんはオーディションを受けたきっかけをインタビューで次のように話しています。

 

「ちやほやされるのが好きな性格なんですが、中学生のときに友達が舞台に出演することになって、一気に周りの目が友達にいっちゃって…。負けていられないなと思い、レプロのオーディションを受けました」

 

オーディションは親に内緒で応募したそうですが、母親は寺本さんがオーディションに応募したことを知っても「そうなんだー」くらいだったそうです。

 

なお芸能活動を開始した際には学校の先生たちは応援してくれたそうです。

 

寺本さんは芸能界デビューをきっかけに中学3年生の時に、東京都の中学校へ転校しています(転校先の中学校は不明)。

 

その際には先生とクラスメイトが教室でお別れパーティーを開いてくれており、その時に黒板に書いてくれたメッセージが今でも寺本さんの原動力になっているといいます。

 

地元の広島県から上京をして事務所の寮で一人暮らしをはじめたのですが、「東京に行きたい」といつも言っていたのにすぐにホームシックになったそうです。

 

そのため最初の頃は毎日泣いていたそうです。

 

「初めの頃は毎日泣いていました。ホームシックもありましたし、最初からお仕事をたくさんもらえるわけではないですし。東京はキラキラしていて、みんなの夢や希望が詰まっている場所なのかなと思っていたんですけど、それは人によって違うもので。」

 

その際には母親や地元の友達に電話して話を聞いてもらうことで乗り越えたようです。

 

また寺本さんは地元広島県に住んでいた時はラーメンが大好きで、替え玉を2玉食べても太らなかったそうですが中学3年生の時に上京してから動く機会が減り、一時は10kgほど体重が増えていたそうです。

 

ただしグラビアアイドルとしてデビューするに当たっては母親が上京してカロリーコントロールをしてくれて、体重を10㎏減らしています。

 

加えて寺本さんは中学校を転校したにも関わらず、AICJ中学校の修学旅行に参加しています。

 

「東京ディズニーランドが旅行の行程にあったので、みんなには内緒にしてサプライズ乱入したんです。前年まで着ていた制服姿で、先生公認で合流しました。みんな、本当にびっくりしていて面白かったです!」

 

ちなみにAICJ中学校は卒業証書までくれたそうです。

 

さらに高校時代にテレビドラマ「恋とか愛とか(仮)」に出演した際には母校は撮影に全面協力したばかりか、中学時代の同級生や先生たちがエキストラとして出演までしてくれました。

 

 

どうやらこの中学校はとても面倒見がいい学校のようです。

 

【主な卒業生】

安宅晃樹(アナウンサー)

 

スポンサードリンク

 

寺本莉緒の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

寺本莉緒さんの出身小学校は地元広島県の小学校のようですが、校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は両親と兄2人の5人家族です。

 

2018年からは家族も上京して寺本さんと一緒に暮らしていると話していました。

 

寺本さんは子供の頃から広島カープのファン(カープ女子)で野球観戦が好きなようです。

 

中でも好きな選手は菊池涼介選手だそうですが兄は巨人ファンのようです。

 

またチワワとパピヨンのMIX犬を飼っていて、ラクくんという名前で寺本さんのSNSによく登場しているそうです。

 

寺本さんは幼稚園の時にキッズオーディションを受けたそうで、インタビューで次のように話しています。

 

「私、小さいときから「かわいいね」って言われるのが大好きで(笑)。母もそれに気づいたらしく、幼稚園くらいのときにキッズモデルのオーディションを受けさせてくれたんです。」

 

実際にキッズモデルをしてみたらとても気分が良かったそうで、寺本さんは幼いながらこの頃からずっと「この仕事を続けるしかない」と考えていたようです。

 

また寺本さんの特技はピアノ、ダンス、英語です。

 

寺本さんは子供の頃に少しだけインターナショナルスクールに通っていたそうです。

 

また小学校3年生の時から広島ダンススクール「DANSPORT」に通っていて、「TEE」のバッグダンサーをしたこともあるようです。

 

加えて寺本さんはインタビューで家族が裸族だという衝撃の告白をしています。

 

「お風呂上がりとか、普通に裸のまま出てきます。お父さんやお兄ちゃんは部屋でもほとんど何も着てないですね、ほぼパンイチ(笑)。お風呂に入るときは、部屋のそこらへんで服を脱いで、出てくるときもそのまま裸で、タオルで体を拭きながら出てくるっていう」

「友達が遊びに来るとビックリされますね。他人がいても変わらず裸族なんですよ。それが小さい頃の悩みでした。友達がいるのに、お父さんがパンイチで出てきて「あ~!」みたいな。よくありました」

 

以上が寺本莉緒さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

女優としてデビューしていますが、高校時代にグラビアアイドルとしてブレイクして現在でも高い人気を博しています。

 

2020年3月に発売されたファースト写真集「CURIOSITY」は、写真集の売り上げランキングで1位となっています。

 

 

また本人は女優としての活動にも意欲を持っており、舞台でも主演に起用されたほどです。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ