木村文乃の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

木村文乃(きむら ふみの)

 

01

 

19871019日生

身長164

血液型はAB型

 

東京都出身の女優

本名同じ(結婚前)

 

以下では木村文乃さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 
2004年に映画「アダン」のヒロインのオーディションに合格し、2006年の同作で女優デビュー。 

同年の「風のダドゥ」で映画初主演。

同年の大河ドラマ「功名が辻」でドラマ初出演。 

2008年のNHKの朝ドラ「だんだん」で連続ドラマ初出演。 

2011年に出演した「ちふれ化粧品」のCMが話題となり、出演作も増える。 

「黒の女教師」や「銭の戦争」などの人気作の出演を経て、2015年の「マザーゲーム」で連続ドラマ初主演。 

「ポテチ」や「RANMARU 神の舌を持つ男」、「火花」などの映画にも出演。 

私生活では201611月に、演技指導を受けていた俳優養成所の講師と結婚した。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:サポート校 国際文化学園高等部 偏差値なし

 

 

木村文乃さんは、サポート校の国際文化学園高等部に通学していました。

 

東京の四谷にある同校は私立の通信制高校のサポートに加えて、演劇や美術、音楽を学ぶことのできるコースを設けています。

 

そのため木村さんは少なくとも私立の通信制高校に入学していたことは確かですが、校名や卒業の有無は不明です。 

 

04

(学生時代)

 

高校在学中には芸能・演劇コースに在籍して、演技を学んでいます。

 

なお木村さんは高校時代は「斜に構えていた」と語っており、必ずしもクラスメイトたちとうまくいっていなかったようです。

 

「高校時代は斜に構えていたというか、『全員、敵だ!』みたいな感覚で、勝手に傷だらけになっていた。当時は25歳より先の自分が想像できなかったのですが、今その年になってお仕事させていただくことで、あの頃の自分を乗り越えられた」

 

そして17歳の時に映画「アダン」のヒロインのオーディションで、3074人の中から勝ち抜いて女優になるきっかけを掴んでいます。

 

 

当時の木村さんは演技こそ学んでいましたが女優への憧れは「漠然としたもの」としています。

 

ただしこの映画のオーディションの募集を見た際には、「これ、私しかできない」という根拠のない自信で突き進んだら役をもらえたとインタビューで話しています。

 

またこの映画のオーディションでは「私を選ばないと後悔しますよ」などとかなり強気の発言もしています。

 

加えてこの映画のオーディションには女優の比嘉愛未さんも受けていますが、ヒロインに選ばれたのは木村さんでした。

 

なおこの作品の公開は木村さんが高校を卒業した年なので、高校時代の出演作はありませんでした。

 

そして木村文乃さんは大学などに進学せず、芸能活動に専念しています。

 

通学していたのもサポート校だったことから、当初から大学などに進学するつもりもなかったのかもしれません。

 

高校を卒業をした年に前記の映画「アダン」が公開されると、同じ年には映画「風のダドゥ」の主役にも抜擢されています。

 

 

この年(2006年)が木村さんの女優デビューの年になりましたが、滑り出しは悪くはありませんでした。

 

また21歳だった2008年にはNHKの朝ドラの「だんだん」に起用され、ヒロインの三倉佳奈さんのライバルを演じて注目を集めています。

 

 

ところがその後は出演作に恵まれず持病のアトピー性皮膚炎も悪化したことから、一時は芸能界引退も考えて、ファミレスや病院の受付などのアルバイトを経験したほどです。

 

また当初所属していた芸能事務所もその頃に辞めてしまっています。

 

しかし23歳の時に現在の事務所にスカウトされたことを契機に、再び女優としての活動も開始します。

 

そんな不遇の時代を木村さんは次のようにインタビューで振り返っています。

 

「何度も壁にぶつかってます。2年前に今の事務所に移ったんですけど、最初の1年間は大変でした。私が22年間かかって作り上げてきたものを壊して、崩して、一からまた積み上げていく作業をしたんです。ずっと私がもやもやしていた部分を『おまえ、そこがダメなんだよ』と指摘されて、変えたいと思ったんですね」

 

当時は情緒不安定にもなって本当に女優の仕事が向いているのかと悩んだこともありましたが、新しい事務所の社長やマネージャー、後に結婚することになるレッスンの先生が支えてくれたとも話しています。

 

その翌年に出演したちふれ化粧品のCMで注目されると、その後は多くの作品に出演して順調にキャリアを重ねます。

 

 

現在では連続ドラマの主演や主要キャストを務めるほどの人気を誇り、役作りへのこだわりなども高く評価されています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:西東京市立青嵐中学校 偏差値なし

 

 

木村文乃さんの出身中学校は、地元西東京市内の公立校の青嵐(せいらん)中学校です。

 

木村さんは中学時代までは剣道をおこなっていたそうです。

 

ちなみに剣道の段位は初段です。

 

また当時の木村さんは猫アレルギーだったにも関わらず、2匹の野良猫を拾ってきて親の反対を押し切って育てはじめるなど、優しい面も窺えます。

 

【主な卒業生】

高畑裕太(俳優)

 

 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

木村文乃さんの出身中学校は、地元西東京市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、次の2校のいずれかの可能性が高そうです。

 

西東京市立栄小学校

西東京市立保谷第一小学校

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

 

ただし時期は不明ですが両親は離婚しており、母子家庭に育っています。

 

木村さんは子供の頃からおてんばで目立ちたがり屋の少女でした。

 

当時から非常に活発で、弟の友達などと木登りや缶蹴り、鬼ごっこなど男の子の遊びを好んでいました。

 

また虫取りなどもしていたことから、現在でも普通にゴキブリを退治することもできるとのこと。

 

加えて木村さんは子供の頃から大の動物好きで、小学校時代は飼育委員ばかりをやっていました。

 

そのため当時の夢は動物の調教師か獣医でした。

 

以上が木村文乃さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ここまででおわかりのとおりデビューこそ順調でしたが、女優としては鳴かず飛ばずの時期も経験しており、かなりの苦労人です。

 

しかしコツコツとオーディションを受けて作品への出演を重ね、連続ドラマで主演するほどの女優になっています。

 

 

また苦労をしているだけに役作りや女優の仕事に対する真摯な姿勢などは、業界内でも高く評価されています。

 

女優としても円熟期を迎えるころですから、さらなる大きな飛躍も期待されます。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ